水戸八景

水戸八景

『水戸八景』とは

水戸八景は、天保四年(1833)に水戸徳川家九代藩主斉昭(烈公)が制定しました。
水戸八景は、水戸藩領内の景勝地。斉昭が領内を巡察し、景勝の地を選んで選定しました。中国の「瀟湘八景(しょうしょう はっけい)」にならったものであり、自筆の書を刻んだ名勝碑を建てさせました。

これら8つの碑を結んで一巡すると、約30里、およそ100キロの道のりです。水戸藩内の子弟への自然鑑賞と健脚鍛錬を図るため、徒歩でこの八景巡りをすることが推奨されました。『水戸名勝記』には、「当年八景を巡りて健脚を誇らんとするの藩士は、伴侶を結び行程を整へ、天明に先ちて草履を踏み、那珂川を渡って先づ 青柳ー太田ー山寺ー村松ー水門ー岩船ー広浦ー仙湖」と記されています。

また、のちに斉昭が磯前町に訪れた際に、壮大な景観に感動したことから、「観濤所(かんとうじょ)」として水戸八景としては9つめの番外景勝地として碑を建てさせました。

水戸八景に選ばれた場所は現在の、水戸市、常陸太田市、東海村、ひたちなか市、大洗町、茨城町となります。

 

 

瀟湘八景(しょうしょう・はっけい)とは

「瀟湘(しょうしょう)」とは、中国長江中流域にある洞庭湖に注ぎ込む湘江(しょうこう)(湘水)と、その支流である瀟水(しょうすい)のふたつの河川を指します。河川が合流する一体と洞庭湖周辺には水の景色が広がりました。11世紀後半に活躍した宋代の画家宗迪(そうてき)が8つの景色を選んだと伝えられています。

・瀟湘夜雨(しょうしょうやう) ・洞庭秋月(どうていしゅうげつ) ・煙寺晩鐘(えんじばんしょう) ・遠浦帰帆(えんぽきはん) ・山市晴嵐(さんしせいらん) ・漁村夕照(ぎょそんせきしょう) ・江天暮雪(こうてんぼせつ) ・平沙落雁(平沙落雁)

瀟湘八景は、鎌倉時代後半に日本にもたらされました。禅僧が八景詩をつくるようになり、15世紀には公家や大名にも広がりました。こうした流れを汲み、現在各地に「○○八景」と呼ばれる景勝地が選定されるようになりました。瀟湘八景は、現在の「○○八景」の源流になるのです。

 

 

 


 

1:青柳夜雨 あおやぎのやう
2:山寺晩鐘 やまでらのばんしょう
3:太田落雁 おおたのらくがん
4:村松晴嵐 むらまつのせいらん

5:水門帰帆 みなとのきはん
6:巌船夕照 いわふねのせきしょう
7:広浦秋月 ひろうらのしゅうげつ
8:僊湖暮雪 せんこのぼせつ

9(番外編):観濤所