常磐線 旧トンネル訪問の旅 第2章 ~いわき駅に向かう

福島県いわき市2003年05月02日(金)取材

2003年05月02日。
今日はゴールデンウィークが始まる前日。

午前中に仕事を終わらせ、荷物をまとめ、最寄駅に向かいます。そうです。今日は常磐線を北上する旅に再び出るのです。

前回の『常磐線北上の旅 第1章』では悪天候もあって、必ずしも満足のいく旅の内容ではありませんでした。

旅の目的であった“前回の”常磐線・旧トンネルへの訪問は、以下の通りの結果。。散々な内容でした。

確認できたトンネル 4 東禅寺トンネル
台ノ山トンネル
夕筋トンネル
末続トンネル
たどり着いたけど、確認できなかったトンネル 1 金山トンネル
全く不明 2 鞍掛山トンネル
向山トンネル
時間切れの為、訪問できず 5 原見坂トンネル
大沢トンネル
天神沢トンネル
深谷沢トンネル
館ノ山トンネル

 

今回の旅は、常磐線旧トンネルに確実に訪問できるよう、入念な準備と時間を設け、3泊4日で敢行します!!

さらに、輪行をします。
駅と駅の間を徒歩で移動するのは可能ではありますが、トンネル散策の時間を有意義に取りたいため、極力駅間の移動に時間を取りたくないのです。
折りたたみ自転車を輪行で使うのは、今回で2回目。

1回目は去年の『まつりつくば2002』+『筑波山登山2002』+『筑波鉄道 筑波駅~土浦駅 つくばりんりんロードを走る』で行ないました。あの時は、「電車輪行+バス輪行」を同時に行い、華々しい輪行デビューだったのですが、輪行旅はそれっきりになっていました(´・ω・`)。

 

いざ、常磐線で出発!

普段の荷物+折りたたみ自転車ですから、かなりな荷物。しかし、今回は目的が大規模ですから踏ん張りどころです(^^。

最寄駅から我孫子駅常磐線各駅に乗り換え、水戸駅まで向かいます。11両編成の常磐線各駅停車の電車の車両内は空いていまして、ラッキーでした。折りたたみ自転車大きな荷物なので、混んでいると他の乗客に迷惑をかけてしまいます。

空いている常磐線車両<br>常磐線も平日の14時30分頃だと、こういう風にがらがらな車両もあります。

空いている常磐線車両
常磐線も平日の14時30分頃だと、こういう風にがらがらな車両もあります。

常磐線 土浦駅ホームから街中を眺める<br>平日だからか、穏やかな雰囲気。本当ならもっと賑わっていて欲しいのですが。

常磐線 土浦駅ホームから街中を眺める
平日だからか、穏やかな雰囲気。本当ならもっと賑わっていて欲しいのですが。

常磐線 高浜駅<br>特急電車の通過待ち。

常磐線 高浜駅
特急電車の通過待ち。

車両の眼下に「犬釘」<br>高浜駅にて特急の通過待ちの間、何気なく電車の窓から下を見ると「犬釘(いぬくぎ)」が落ちていました。

車両の眼下に「犬釘」
高浜駅にて特急の通過待ちの間、何気なく電車の窓から下を見ると「犬釘(いぬくぎ)」が落ちていました。

 

常磐線 いわき駅に到着

水戸駅からいわき駅行きに向かう常磐線は、学生の帰宅時間と重なり、車内は適度に混んだり空いたりします。通路に固定してある折りたたみ自転車が邪魔にならないかとか、学生に折りたたみ自転車をいたずらされないかとか気になりました。が、終点のいわき駅に着いた時に何の問題も無かったので良かったです。

17時10分、いわき駅到着。

水戸からの常磐線車両<br>出入り口が1車両の前後に2つしか無く(2ドア)、乗り降りがたいへん。

水戸からの常磐線車両
出入り口が1車両の前後に2つしか無く(2ドア)、乗り降りがたいへん。

常磐線 いわき駅 駅名標<br>各駅停車の常磐線を乗継ぎ、4時間以上かけていわき駅に到着しました。

常磐線 いわき駅 駅名標
各駅停車の常磐線を乗継ぎ、4時間以上かけていわき駅に到着しました。

平日の夕方(ゴールデンウィークが始まる前日!)とあって、いわき駅構内駅前はすごく活気があります。この前のいわき駅訪問のときは天気が悪かったこともあってか、いわき駅前はあまり人通りが多くありませんでした。しかし、こうして活気あるのを見ると、やはり主要都市だなーって感じました。

 

折りたたみ自転車とガーミンのGPS

いわき駅の脇のスペースで折りたたみ自転車を組み立てます。うーん快調♪

折りたたみ自転車を組み立てる<br>他の人に邪魔にならないよう、いわき駅を出て脇のスペースで組み立てます。

折りたたみ自転車を組み立てる
他の人に邪魔にならないよう、いわき駅を出て脇のスペースで組み立てます。

歩きだと散策するのも時間がかかりますが、自転車だとあっという間に街の中を走り抜けられますねー。

GPS(ガーミン)も快調です!。軌跡のログも取れるし、なんと言ってもバッテリーの持ちが良いです。最寄駅からずっと電源入れっぱなしですが、いわき駅に着いて以降も、全然バッテリー残量があります。
※GPSは2003年04月14日に購入しました。

【GarminのGPS】スマホがまだ無い時代、旅先で迷わないようにする為に秋葉原で購入しました。

【GarminのGPS】
スマホがまだ無い時代、旅先で迷わないようにする為に秋葉原で購入しました。

GPSのバッテリーは、少なくとも5時間以上は持つことが実証されました(´^ω^`)。

 

ホテル東洋にチェックイン

もう17時を回っていますから、とりあえずビジネスホテルにチェックインしましょう。

今回もお世話になるのは東洋ホテル。今の時期だけ3980円で宿泊できるプランがあったので予約しました。

ビジネスホテル 東洋<br>本日から3泊お世話になるホテル。この界隈で一番格安で予約できました。

ビジネスホテル 東洋
本日から3泊お世話になるホテル。この界隈で一番格安で予約できました。

部屋に荷物を置いて、再び外出。
駅近くのイトーヨーカドーをぶらつき、街中を自転車で走り抜けます。

ホテル前にある、「龍」というお店で夕飯をいただきます。

居酒屋 龍<br>ホテル予約サイト「旅の窓口」の掲示板で評判が良かったので、こちらで夕飯をいただきます。

居酒屋 龍
ホテル予約サイト「旅の窓口」の掲示板で評判が良かったので、こちらで夕飯をいただきます。

『旅の窓口』掲示板で「おいしい」と評判のお店。このお店は、いわき駅からかなり離れ、ちょっと奥まったところにあるのに、程よく混んでいます。こういう立地条件で混んでいるのですから、よほど地元の人に評価されているお店なのでしょう。
実際、食事の内容も良い感じ。お値段もお手ごろ。満足できました。

20時過ぎ。ホテルに戻り、だらだらした時間を過ごします。
明日からは常磐線・旧トンネルを訪問する旅になります。
がんばらねば!!

 

おまけ:東洋ホテル

今回お世話になるホテル、「東洋ホテル」
3泊するのですが、「部屋の確保に失敗したので、ワンランク上の部屋に最初の1泊はお泊りください」という好意で、本来予約してあった部屋よりワンランク上の部屋に泊まることができました。

部屋に入る<br>テーブルとテレビとベッド、左手手前にはユニットバスがあります。一般的な構成の部屋です。

部屋に入る
テーブルとテレビとベッド、左手手前にはユニットバスがあります。一般的な構成の部屋です。

私が推測するに、「部屋の確保に失敗した」というのは名目で、“3泊もするのだから、1泊くらいはワンランクの部屋に泊めてあげよう”という、ホテル側のサービスと考えております。

ちょっと幅広のベッド<br>本来予約した部屋のベッドより、幅の広いベッド。

ちょっと幅広のベッド
本来予約した部屋のベッドより、幅の広いベッド。

出入り口と部屋内部<br>右手にユニットバスがあります。

出入り口と部屋内部
右手にユニットバスがあります。

いずれにせよ、うれしいことなので素直に好意に甘えます(^^)。

ユニットバスです。トイレと洗面台と、浴室で構成されています。

ユニットバスです。トイレと洗面台と、浴室で構成されています。

蛇口はお湯と水が別々。

ドライヤー。寝台列車のシャワー室に設置されているタイプと似ています。

ポンプ式石けんとシャンプー。個性石けんとワンパックのシャンプーを置くホテルも多いですが、こちらはポンプ式。

ポンプ式石けんとシャンプー。個性石けんとワンパックのシャンプーを置くホテルも多いですが、こちらはポンプ式。

 

 


 

Re:ぶらり茨城(2018年10月27日記載)

【 再び、常磐線 旧トンネルの旅 第2章 】

前回の04月に常磐線旧トンネルに訪問した「常磐線北上の旅 第1章」の続きになります。

今回は事前準備(情報、時間、設備など)をしっかり揃え、常磐線の旧トンネル探索に挑みました。

ここに来るまでの旅でさんざん遭難しかけているので、ついに、Garmin社のGPS「eTrex Legend(イートレックス レジェンド)」を購入し、この旅から導入しています。たしか、GPS本体だけで5万円強は掛かりました。他にも別売りの日本語地図(CD)や、ベルトホルダーなども買っています。

この当時は、これが最善のMAP環境でした。
しかし今思えば、このGPSは起動してもなかなか衛星をつかんでくれないし、方角を知るのにも、今のスマホほど操作しやすくないし、たいへん使いにくかった。
でも、この当時(2003年)は、ガーミンのGPSを導入したおかげで、だいぶ旅が楽になりました。

 

また、作品中に出てくる『旅の窓口』。
この当時、ホテルの予約と言えば、『旅の窓口』が便利でした。「旅の窓口」はこの後買収され、「楽天トラベル」と言うサービスになりました。

今や、楽天の中の人でも、「旅の窓口」を知らない人が多くなりました。

 

このページについて

このページは、2003年05月02日に取材した内容に基づき、2004年07月04日に書かれています。本文は当時の原稿を加筆修正している関係で、初出典時と写真や表現が異なる場合がございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です