常磐線 旧トンネル訪問の旅 第2章【完】 ~常磐線を南下して

常磐線_旧トンネル訪問の旅_第二章_06_常磐線を南下して

福島県いわき市2003年05月05日(月・祝)取材
常磐線旧トンネル訪問の旅2003第2章 /////

 

3泊4日の「常磐線 旧トンネル訪問」も本日が最終日。
これまではいわき駅から北上していく進路でしたが、今日は帰宅のため、南下していくことにします。
目標は湯本駅。近所に「いわき市石炭化石館」があるようで、そこを見学していきます。

 

常磐線を南下する

 

常磐線北上の旅も本日で最後。荷物をまとめ、チェックアウトぎりぎりの09時50分にホテルを出ます。

いわき駅から南下する乗車券を持っていましたが、湯本駅まで自転車で南下しようと思います。GPSのスイッチを入れて、方角を間違えないようにして自転車をこぎ始めます。

 

前もってトンネルの位置GPSでチェックを入れてあります。
いわき駅すぐ近くに旧トンネルが残されているので、行くことにします。このトンネルの名称は分かりませんが、いわき駅が肉眼で確認できるほど近いです。写真撮影をして、先に進みます。

 

マクドナルドで朝食<br>いわき駅前のマクドナルドで、朝マックをいただきます。

マクドナルドで朝食
いわき駅前のマクドナルドで、朝マックをいただきます。

右側のトンネル<br>トンネル内の距離が短いので、電車が惰性で通過していくのを確認しました。(トンネルが狭いので、架線がない)

右側のトンネル
トンネル内の距離が短いので、電車が惰性で通過していくのを確認しました。(トンネルが狭いので、架線がない)

 

常磐線 内郷駅

国道6号沿いを進み、先ず最初に現れるのが内郷駅駅前ロータリーはかなり広く、客待ちのタクシーも数多くいます。

 

国道6号を南下する<br>車の交通量が多く、自転車のスピードを上げるのを躊躇します。

国道6号を南下する
車の交通量が多く、自転車のスピードを上げるのを躊躇します。

常磐線 内郷駅(東口)<br>駅前ロータリーが広く、人も多く栄えている印象。

常磐線 内郷駅(東口)
駅前ロータリーが広く、人も多く栄えている印象。

 

いわき市 石炭・化石館

 

内郷駅を離れ、国道をさらに進むと山道になります。傾斜はゆるいのですが、オーバーワークで進んで、明日に疲れを残すのがイヤので、無理をせずに自転車を押します。
しばらく進むと、『石炭・化石館』の案内板が現れます。
常磐線 旧トンネルの旅、最終日の今日、目的としていたのは、この『石炭・化石館』です。

山道になる<br>トンネル散策の旅=山道。無理せず、自転車を降り、自転車を押して進みます(TT)。

山道になる
トンネル散策の旅=山道。無理せず、自転車を降り、自転車を押して進みます(TT)。

石炭化石館の看板<br>いわき市では観光名所のひとつとして紹介されることがあります。

石炭化石館の看板
いわき市では観光名所のひとつとして紹介されることがあります。

常磐線はもともと石炭を運ぶために設けられた路線です。今でこそ上野駅から仙台駅をつなぐ旅客線路ですが、昭和中期までは、常磐炭坑で採取された石炭を運ぶために(も)存在していました。

 

石炭化石館<br>赤い塔は石炭を掘る施設(竪坑/たてこう)を再現したもの。

石炭化石館
赤い塔は石炭を掘る施設(竪坑/たてこう)を再現したもの。

 

さはこの湯<br>入口のエントランスには、温泉が湧いており、湯に触れることができます。

さはこの湯
入口のエントランスには、温泉が湧いており、湯に触れることができます。

片寄平蔵の像<br>「炭坑の父」と呼ばれる。若い頃から石炭が動力の源であることを知り、将来性を見込み石炭採掘業を始めた。

片寄平蔵の像
「炭坑の父」と呼ばれる。若い頃から石炭が動力の源であることを知り、将来性を見込み石炭採掘業を始めました。

D51型 蒸気機関車<br>「D51496」号。D51の496番目に作られました。石炭運送や貨物運送に活躍。S60年、平松ヶ岡公園で静態展示されていたのを移設されました。

D51型 蒸気機関車
「D51496」号。D51の496番目に作られました。石炭運送や貨物運送に活躍。S60年、平松ヶ岡公園で静態展示されていたのを移設されました。

 

入口入場料630円(大人1人)を払い、入場します。館内は撮影OKですので、ガンガン撮影していきます。
汗をかいていたのを着替えずに入館してしまい、寒さのためちょっとした風邪を引いてしまいます(><)。時間の許す限り見学をします。

 

恐竜の化石<br>いわき市で発見された化石フタバザウルス。

恐竜の化石
いわき市で発見された化石フタバザウルス。

採炭の道具<br>石炭を掘る(掘削)するための道具、明治時代に主に使われたもの。

採炭の道具
石炭を掘る(掘削)するための道具、明治時代に主に使われたもの。

模擬坑道におりるエレベーター<br>地下600mの炭坑に降りていく、と言う体のシミュレーションエレベーター。

模擬坑道におりるエレベーター
地下600mの炭坑に降りていく、と言う体のシミュレーションエレベーター。

火薬を使っての採炭<br>明治時代の採炭は個々人の作業によるところが多く、火薬を使っての採炭の記録が残ります。

火薬を使っての採炭
明治時代の採炭は個々人の作業によるところが多く、火薬を使っての採炭の記録が残ります。

時代と共に採炭の機器が入る<br>採炭時代のピーク終盤には、機器が入り、作業を行ないました。

時代と共に採炭の機器が入る
採炭時代のピーク終盤には、機器が入り、作業を行ないました。

世話所<br>炭坑の近くには、こうした世話所が設けられていました。

世話所
炭坑の近くには、こうした世話所が設けられていました。

 

常磐線 湯本駅

 

石炭・化石館の見学終了後、湯本駅へ。
湯本駅温泉で有名のようです。自転車をしまい、ホームに行きます。ホームには湧き出る温泉の設備があり、温泉に触れることができます。温泉に触れると、硫黄の独特のにおいがします。

 

常磐線 湯本駅(西口)<br>温泉町の駅。近辺は温泉街となっており、旅館やホテルがたくさんあります。

常磐線 湯本駅(西口)
温泉町の駅。近辺は温泉街となっており、旅館やホテルがたくさんあります。

 

湯本駅 改札<br>suicaに対応しない、有人改札。

湯本駅 改札
suicaに対応しない、有人改札。

ホームに設置された温泉<br>硫黄のにおいが温泉の雰囲気を盛り上げてくれます。

ホームに設置された温泉
硫黄のにおいが温泉の雰囲気を盛り上げてくれます。

 

上り 常磐線に乗る

 

電車がやってきました。残念なことに、ボックス席タイプでなく、ロングシートタイプの車両でした。
ロングシートは飲み物を飲むのが恥ずかしい車両です。やっぱり旅の気分を盛り上げるのは、ボックスタイプの車両ですね~。

片腕をシートにもたれかかる運転手<br>地方路線だからと言って、こんな姿勢で運転されてはたまりません。油断しすぎ(怒)。

片腕をシートにもたれかかる運転手
地方路線だからと言って、こんな姿勢で運転されてはたまりません。油断しすぎ(怒)。

土浦駅ホームでたぬきうどん<br>ぶつぶつ切れるコシのないうどんと、濃いめの汁が茨城テイスト。美味い。

土浦駅ホームでたぬきうどん
ぶつぶつ切れるコシのないうどんと、濃いめの汁が茨城テイスト。美味い。

車内では先ほど引いた風邪のため、くしゃみ鼻水が止まりませんでした(´=ω=`)グズグズ。

 

《 常磐線旧トンネル訪問の旅2003 第2章 ~完~ 》

磐線旧トンネル訪問の旅2003第2章 /////

 

 


 

Re:ぶらり茨城(2018年11月10日記載)

【 常磐線 旧トンネルの旅 第2章 終了 】

常磐線で破棄された廃トンネルを探す旅の第2章。
最終日は旧トンネルの旅、というよりは「観光の旅」になりました。

記事中に登場する「いわき市 石炭・化石館」は2018年現在、『いわき市 石炭・化石館 ほるる』とリニューアルされ、運営されています。

いわき市石炭・化石館ほるる (外部サイトになります)

この2003年当時は、炭坑についてそれほど興味深く感じてはいませんでした。しかし、後に日立鉱山(茨城県日立市)、大雄院、共楽館(日立武道館)、日立鉱山電気鉄道などを知ることとなり、今現在、自分の中で日立市は注目度120%状態です。(なので、先日は日立の山を登山してきました #日立の山の旅18

 

なお、常磐線旧トンネルの旅は大きく訳で3部作となっており、今回の旅は『第2章』です

1. 常磐線北上の旅 第1章  1 (2003年04月05、06日)

2. 常磐線 旧トンネル訪問の旅 第2章 1/6(←今ここ) (2003年05月02~05日)

3. 常磐線 旧トンネル訪問の旅 第3章 (2004年04月)
※いばらきだいすき セカンドシーズンでは、まだ未更新

 

このページについて

このページは、2003年05月05日に取材した内容に基づき、2004年08月06日に書かれています。本文は当時の原稿を加筆修正している関係で、初出典時と写真や表現が異なる場合がございます。