水戸駅南口の納豆の像~水戸納豆の由来

水戸駅南口の納豆の像~水戸納豆の由来

水戸駅南口の納豆の像~水戸納豆の由来

納豆は大粒派です。

納豆をのせて、納豆カレー。

納豆をのせて、納豆カレー。

水戸に行った帰り、たまに「水戸納豆」を購入して帰ります。
お土産コーナーだけの話しなのかもしれませんが、お土産コーナーで売られている納豆に「大粒」がラインナップとして少ない。(もしくは存在しない)


大粒の納豆は美味しい

おみやげ:水戸納豆(水戸納豆製造株式会社)

おみやげ:水戸納豆(水戸納豆製造株式会社)

大粒の納豆140gは、なかなか食べ応えがあります。

大粒の納豆140gは、なかなか食べ応えがあります。

お店の方に伺いましたが、「大粒タイプは少ないですね」とのこと。

大粒の納豆は美味しい。
ふだん使いならぬ、ふだん食する納豆は「大粒」を購入する。

あの大粒の納豆を頬張り、奥歯で一粒一粒かみしめる触感は、大粒納豆の醍醐味だ。

 

大粒の藁納豆_『水戸納豆2本束大粒』(水戸納豆製造株式会社)

大粒の藁納豆_『水戸納豆2本束大粒』(水戸納豆製造株式会社)

 


JR水戸駅南口の「水戸納豆の由来」像

さて、JR水戸駅南口。

【 JR水戸駅 南口 】駅前再開発により、商業施設、宿泊施設、大手家電量販店などが密集します。

【 JR水戸駅 南口 】駅前再開発により、商業施設、宿泊施設、大手家電量販店などが密集します。

 

水戸駅南口には、「水戸納豆の由来」と称して『水戸納豆』の像が建立しています。

JR水戸駅 南口にある、納豆記念碑

JR水戸駅 南口にある、納豆記念碑

この像は、たしか10年くらい前に水戸駅南口に作られました。

 

アクセス

名称:水戸の納豆 記念碑
住所:茨城県水戸市宮町

 

かつて、ボコボコに壊された「納豆の像」

当初この像は、つぶが「大粒」のためか、ひとつぶひとつぶのお椀型の金物の強度が弱く、ボコボコに潰されてしまったのでした。

ぼこぼこにされた「水戸納豆の由来」像 / JR水戸駅南口 ファーストロット(2009年撮影)

ぼこぼこにされた「水戸納豆の由来」像 / JR水戸駅南口 ファーストロット(2009年撮影)

その後も、この「水戸納豆の像」は何度かリプレイスされています。

現在では納豆の粒が小型化されて強度も増し、「納豆の像が潰される」事案は解決したのかと推測します。

 

令和の今に、何を思うのか

それにしても、こういう「像を壊す行為」、10年前だから「いたずら」で済まされました。

令和の今の時代、ちょっとしたことで法律が持ち出され、ワイドショーで取り上げられ、SNSで拡散され、大人はもちろん、(少年法としての)少年であろうと「私刑」にされる世の中です。。。

あの10年前に「納豆の像」を壊した大人?、少年?は、今ごろ「X+10歳」です。

今、令和になって、「納豆の像」を壊したことを、どのように思っているのでしょうか。

 

JR水戸駅前の納豆の像は、なんどか壊されています。

 

いばらきだいすき セカンドシーズン

Powered by Studio Ibaraki Daisuki co.Ltd,
… #水戸市ID

〔 この項おしまい 〕

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です