茨城百景_静神社と小場江堰の眺望

茨城百景_静神社と小場江堰の眺望

茨城百景 名称 静神社と小場江堰の眺望
読み方 しずじんじゃとおばえぜきのちょうぼう
包括風景 高の倉城址
地域 茨城県那珂市
碑の現存 現存する
実際の碑への記載 静神社と小場江堰の眺望
説明
関連リンク
注釈
181123 #常陸太田と奥久慈ロード18
170504 #ぐるり茨城17
050305 瓜連城跡と常福寺、静神社

 

静神社

静神社 拝殿〔茨城県那珂市静〕

静神社 拝殿〔茨城県那珂市静〕

水郡線静駅から県道61号を西へ2キロ。右手に大きな鳥居が現れると、それが静神社〔茨城県那珂市静〕です。
静神社は古来から武将、庶民の信仰が篤く、慶長07年(1602)に江戸幕府より150万石の社領が与えられました。延喜式内名神大社であり、鹿島神宮〔茨城県鹿嶋市〕に次ぐ常陸國二の宮としてあがめられてきました。

寛文07年(1667)、二代藩主徳川光圀が社殿を修営した際、境内のヒノキの大木の根元から「銅印(静神宮印)」(国指定重要文化財)が発見されました。また、三代藩主綱条が奉納した「紙本著色三十六歌仙絵」(県指定重要文化財)があります。

祭神は建葉槌命(たけはづちのみこと)、別名倭文神(しどりのかみ)と呼ばれる、武と織物の神です。
神明造りの社殿は九代藩主斉昭が再建したもので、斉昭が軍事訓練で使用した陣太鼓があり、絵馬も展示されています。

「桜田門外の変」に参加した斎藤監物(けんもつ)はこの静神社の神官であり、氏の墓は静神社を出た、鳥居前の静溜池の奥、木々に包まれた小高い丘にあります。

斎藤監物の墓<br>「監物斎藤之墓」と彫られています。藤田東湖の弟子、斎藤監物は、安政の大獄、桜田門外の変で井伊直弼を襲撃するなど、歴史の重要な人物です。

斎藤監物の墓
「監物斎藤之墓」と彫られています。藤田東湖の弟子、斎藤監物は、安政の大獄、桜田門外の変で井伊直弼を襲撃するなど、歴史の重要な人物です。

 


茨城百景_小場江堰の眺望と静神社_包括風景_高の倉城址と八幡台

茨城百景_小場江堰の眺望と静神社_包括風景_高の倉城址と八幡台

 

茨城百景 名称 静神社と小場江堰の眺望
読み方 しずじんじゃとおばえぜきのちょうぼう
包括風景 高の倉城址
地域 茨城県那珂市 / 常陸大宮市
碑の現存 現存する
実際の碑への記載 茨城百景_小場江堰の眺望と静神社_包括風景_高の倉城址と八幡台
説明
関連リンク
注釈

 

小場江堰

静神社から北西道のりで5キロ。那珂川を見下ろすように小場江堰(おばえぜき)がある。
小場江堰は水戸藩三大江堰のひとつ。初代藩主頼房の命を受けた永田茂衛門(ながたもえもん)親子は最初、下江戸(現那珂市)に堰を築くも洪水で流され、万治元年(1658)上流の小場村舟渡(現常陸大宮市)に堰を作り、取水しました。
当時から水田灌漑に、大きな役割を果たしました。現在の堰は大正15年に完成したもの。

 

高の倉城址 / 高の倉城址と八幡台

〔誠意調査中〕
現在の常陸大宮市小野に、「鹿嶋高房神社(かしまたかふさじんじゃ)」があります。
この地名「小野」は、旧小野村を意味しています。
元亀02年(1571)に“高野倉村”がこの“小野村”に合併されるという歴史があり、ここで「高野倉=高の倉」という地名が出てきます。しかし、今現在の私の調査において、それ以上の進展はございません。

外部サイト 茨城県神社庁
常陸大宮市鎮座 鹿嶋高房神社
http://www.ibaraki-jinjacho.jp/ibaraki/kenhoku/jinja/04090.htm

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です