近津神社下野宮、御田植祭の旅19(初日)_前夜祭_宵灯篭_190621

ただいま制作中

明日2019年(令和元年)06月22日(土)は、茨城県大子町下野宮の近津神社〔茨城県大子町下野宮〕で「中田植祭」が催されます。
中田植祭が催される時間は、午前10時から12時まで。

中田植…
近津神社(下野宮)で毎年夏至の日に行われる田植祭です。夏至の碑は、二十四節気の中(ちゅう)にあたり、昔の田植え時期のほぼ半ばであるところから、「中田植」の名があると言われています。中田植の祭当日は神殿で祝詞奉上、田植歌奉納などの神事を行った後、御田植神事に入ります。神殿にしめ縄を張り、囃子舞台で太鼓、笛、鼓、すりがねの奏楽に合わせて苗取歌と田植歌が歌われます。〔茨城の神事 茨城新聞社 引用〕

さいたま市の自宅から近津神社に訪問しようとすると、始発の電車に乗っても地理的に間に合いません。よって下野宮に前日入りすることにします。

前日入りで宿泊するのは、以前( #ロード茨城百景15 )泊まったことのある「鈴木屋旅館」さんに泊まることにします。最寄り駅は水郡線下野宮駅。近津神社にも近い。実はすでに予約をしてあります。

中田植祭の前日である21日(金)に出発します。今日は平日です。
ビジネスタイムに輪行で電車に乗ると、通勤客に対し自転車が邪魔になってしまいます。よって、ビジネスタイムを外した時間で出発です。

乗り換えの我孫子駅。駅そばの弥生軒さんで、唐揚うどん(唐揚2こ)560円をいただきます。汗を掻くだろうから、早めの塩分摂取で汁をほぼ飲み干します。

我孫子で水戸(勝田)駅方面の下り常磐線に乗りますが、乗っていた車両は土浦駅で切り離し。先頭の4車両のみが水戸(勝田)方面に向かいます。

水戸駅に到着。水郡線に乗り換え。13:15発の水郡線は、郡山駅行きです。

14:35 常陸大子駅で下車します。
駅まで自転車を組み立ていざ出発。

大子町役場にある、茨城百景 大子の史蹟。
大子城址。この山奥に、城址があるらしい。

大子観光やな。鮎を罠に仕掛け手で捕ることができるとか。梁漁(やなりょう)と言います。

第五小学校の裏側の山にのぼり、十二所神社。

大子町小学校の敷地には、明治の衆議院議員 根本正先生の胸像があった台座。
第二次大戦の金属提出で、胸像は持っていかれたらしい。
そのため有志が集まり、根本先生の胸像を復活させ、今は常陸大子駅前に設置されています。

文武館跡。

久慈川沿いに下野宮方面に北上していくと、左手に鈴木菓子店。
建物はぼろいけど、茶まんじゅう(店頭POPには「味噌饅頭」と書いてあった)と酒まんじゅうを買い、いただきます。各100円(税込)。

宿泊施設やみぞ を発見。ここって、泊まれるの??

茨城百景 包括風景 鏡山城址。

茨城百景 見落し嵯峨草橋、

夕食を食べるために、小西屋さんに寄ります。しかし、小西屋さん店内の醤家ラーメンの営業時間は17時まででした。。仕方がないので、カップ麺を買い、お湯をもらって店頭のベンチでいただきます。。。

鈴木屋さんへチェックイン。

御田植祭前夜の近津神社では、前夜祭として「宵灯籠」を行っています。
竹で作った灯籠で、訪問客をもてなします。

しかし途中から雨。一度旅館戻ります。しばらくすると雨が弱まります。宵灯籠は21時まで行っているというので、再び近津神社に行ってみると、宵灯篭はぎりぎりやっていました。
明日は、近津神社の中田植祭です。

 

#近津中田植の旅19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です