028 男体山と湯沢温泉

茨城百景 男体山と湯沢温泉

茨城百景_男体山と湯沢温泉

茨城百景_男体山と湯沢温泉

 

茨城百景 名称 男体山と湯沢温泉
読み方 なんたいさんとゆざわおんせん
包括風景 長福山,長福百観音,長福寺,古分屋敷,千貫山,判官塚,弘法塚,湯沢溪流
地域 茨城県大子町
碑の現存 現存する
実際の碑への記載 男体山と湯澤温泉
説明
関連リンク
注釈
190622_#近津中田植の旅19
151122_#ロード茨城百景15

 

茨城百景 男体山

茨城百景 男体山(標高653m)

茨城百景 男体山(標高653m)

奥久慈の中心、大子町の東南にある岩山。西面と南面が断崖絶壁になっています。西側にある長福山(標高496m)は、男体山と対比する「女体山」とも呼ばれています。

男体山山頂へは水郡線西金駅から湯沢渓流、湯沢温泉を経由し、大円地山荘まで来る方法と、神長商店の滝倉登山口から大円地山荘まで来る方法があります。大円地山荘には一軒のそば屋があり、ここから本格的に昇ることとなります。
右回りの「一般コース」、左回りの「健脚コース」とに分かれて頂上まで。一般コースの途中には大円地越と呼ばれる開けた場所があり、ベンチなどが用意されており、登山者たちの休憩地になっています。

 

茨城百景 湯沢温泉

水郡線西金駅から県道322号を1キロほど上った集落に、湯沢温泉を利用した宿泊施設がありました。2019年現在は宿泊施設はなく、地元民のボランティアによってつくられた足湯「湯恵足ゆ(ゆめあしゆ)」が訪れる者をもてなします。

大永02年(1522)、竜瑜(りゅうゆ)という僧が発見したとされ、水戸藩時代も藩士の湯治湯として利用されました。当時命名された、慧眼湯(けいがんゆ)、瑠璃湯(るりゆ)の源泉が湧き出しています。


 

茨城百景 包括風景 長福山

茨城百景 包括風景 長福山 (標高496m)

茨城百景 包括風景 長福山 (標高496m)

奥久慈男体山(標高653m)に対し、長福山(ちょうふくさん/標高496m)は「女体山」の名称がついています。奥久慈男体山が男体神社を擁するのに対し、長福山は長福寺の観音堂を山頂付近近くに置いています。
〔訪問予定〕

 

茨城百景 包括風景 長福百観音

水郡線上小川駅から長福山方面へ道路を上っていくと、奥久慈パノラマラインに出ます。そこから長福山山頂へ通じる階段があり、階段を上った先に長福百観音があります。
〔訪問予定〕

 

茨城百景 包括風景 長福寺

茨城百景 包括風景 長福寺 〔茨城県久慈郡大子町頃藤〕

茨城百景 包括風景 長福寺 〔茨城県久慈郡大子町頃藤〕

長福寺 〔茨城県久慈郡大子町頃藤〕は、恵山法宗が長元02年(1029)に、開山した曹洞宗の寺。十一面観音が本尊で、100体の観音が安置されていることから、長福山百観音とも呼ばれています。

 

茨城百景 包括風景 古分屋敷

茨城百景 包括風景 古分屋敷 〔茨城県久慈郡大子町西金〕

茨城百景 包括風景 古分屋敷 〔茨城県久慈郡大子町西金〕

大円地集落の近くにある、集落名。

 

茨城百景 包括風景 千貫山

〔誠意調査中〕※情報求む

 

茨城百景 包括風景 判官塚

〔誠意調査中〕※情報求む

 

茨城百景 包括風景 弘法塚

〔誠意調査中〕※情報求む

 

茨城百景 包括風景 湯沢溪流

茨城百景 包括風景 湯沢渓流

茨城百景 包括風景 湯沢渓流

男体山方面から久慈川へ流れ込む、渓流。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です