水戸の梅まつり2004(偕楽園)

水戸の梅まつり2004(偕楽園)

茨城県水戸市県央)、土浦市県南):2004年03月07日(日)取材

水戸の梅まつりは2002年から毎年行っていますので、今年2004年の訪問は3年連続になります。去年2003年は2月下旬に行きましたが、2部咲きでした。やっぱり水戸の梅は3月に行ったほうが良いのかな~と思い、今年の訪問はちょっと遅らせて行くこととなりました。
今日の偕楽園ではいろいろと催し物が多い日のようです。何らかの形で見学することもできるかもしれないし、楽しみだ~(^O^)。


 

土浦駅にてつくばエクスプレス(TX)の車両

9時頃起床。今日は水戸の梅まつりに行きます(^^)。

青春18きっぷ<br>JR全線の普通車が乗り放題。特急(新幹線)はご利用いただけません。

青春18きっぷ
JR全線の普通車が乗り放題。特急(新幹線)はご利用いただけません。

最寄り駅で電車に乗り、新松戸駅。まだ時刻は11時を回ったところ。お昼ごはんにはちょっと時間が早いので、駅そばはパスしますす(^^;)。
電車は柏駅で乗り換え。この電車の終点、土浦駅に向かいます。柏駅で入線してきたのはE501系の車両。発車時に「ドレミファソラシド~」と音を立てる、あの車両ですね~。

常磐線 E501系<br>日本語と英語のバイリンガルで車内放送をしてくれます。(土浦駅到着後に撮影)

常磐線 E501系
日本語と英語のバイリンガルで車内放送をしてくれます。(土浦駅到着後に撮影)

前回、茨城方面に来るときにこの車両に乗りました。そのときに土浦駅にはつくばエクスプレス(TX)の車両がありました。まさか今回も!?(^m^)。ちょっと期待しつつ、土浦駅到着を待ちます。

まもなく土浦駅に入線。

桜川に掛かるJR貨物用の橋梁に、つくばエクスプレスの車両がありました!!(@@)。まさか!と思っていましたが、本当につくばエクスプレスの車両がいるとは!?。

桜川の常磐線旧線につくばエクスプレス(TX)の車両<br>土浦駅に入線していく常磐線の車内から、流れゆく景色の中でどんぴしゃでシャッターをきれました(^O^)v。

桜川の常磐線旧線につくばエクスプレス(TX)の車両
土浦駅に入線していく常磐線の車内から、流れゆく景色の中でどんぴしゃでシャッターをきれました(^O^)v。

12時20分。乗ってきた常磐線E501系の車両は土浦駅が終点扱いなので、ここで下車します。次の水戸駅方面行きの電車は12時33分に入線してきます。まだ10分程度あります。今日は青春18きっぷでの入場ですから、途中下車も容易です。迷わず土浦駅の改札をぬけることにしました。

土浦駅の高架連絡通路からつくばエクスプレスの車両を撮影。次の電車が来るまでにはまだ時間があります。
東口の階段を駆け下り、JRの敷地内に入って行きます。警備員の方がいらっしゃたので、撮影をしていいか聞きましたところ、カラーコーンの外からであれば、ご自由にお撮りくださいとのこと。うひゃ~、JR余裕ですねぇ~。これくらい余裕の対応をしていただければ、JRを見る目も変わるってもんですよ!!(><)v。

土浦駅の連絡通路から撮影<br>JR貨物の線路上と地上に、つくばエクスプレスの車両がばらして置かれています。

土浦駅の連絡通路から撮影
JR貨物の線路上と地上に、つくばエクスプレスの車両がばらして置かれています。

土浦駅 JR貨物の敷地に入る<br>警備員の方に許可をもらい、カラーコーンの外側から撮影させてもらいます。

土浦駅 JR貨物の敷地に入る
警備員の方に許可をもらい、カラーコーンの外側から撮影させてもらいます。

つくばエクスプレスの車両に車輪が着いている<br>つくばエクスプレスの車両は、道路を使ってつくば市内まで移動するため?、車輪がつけられています。

つくばエクスプレスの車両に車輪が着いている
つくばエクスプレスの車両は、道路を使ってつくば市内まで移動するため?、車輪がつけられています。

車両を牽引するトレーラー<br>トレーラーで牽引して、つくばエクスプレスの線路(車両基地)まで持って行くそうです。

車両を牽引するトレーラー
トレーラーで牽引して、つくばエクスプレスの線路(車両基地)まで持って行くそうです。

限りある時間の中で、大量に撮影。大変良い写真を撮影することができました~(^O^)。駅に戻りがてら、さきほどの警備員の方に「ありがとうございました~」って言ったら、「ごくろうさまでしたー!」と返事が来ました!!。ますますもって、JRが好きになりました(*^^*)。

 

土浦駅のホーム番線が変更される

12時33分、常磐線が土浦駅1番線(いわき・水戸方面)に入線してきます。

土浦駅は先日、ホームの番線名が変更されました。今までの2番線が1番線になり、3番線は2番線へ、4番線は3番線になりました。欠番だった1番線(筑波鉄道が利用するホームでした)の番号再割り付けの結果です。

[番線名変更のお知らせ](常磐線 土浦駅)<br>(2004年)02月20日(金)から、土浦駅の盤鮮明が変更となりました。

[番線名変更のお知らせ](常磐線 土浦駅)
(2004年)02月20日(金)から、土浦駅の盤鮮明が変更となりました。

土浦駅 1番線が復活!<br>筑波鉄道の廃線(昭和62年)以来、土羅駅に『1番線』が復活しました。17年ぶりに復活です。

土浦駅 1番線が復活!
筑波鉄道の廃線(昭和62年)以来、土羅駅に『1番線』が復活しました。17年ぶりに復活です。

「つちうら」の駅名標<br>古いタイプの駅名標です。

「つちうら」の駅名標
古いタイプの駅名標です。

電車に乗り込み、偕楽園(臨時)駅に向かいます。

 

常磐線 偕楽園臨時駅

13時25分、常磐線は偕楽園駅に到着しました。

常磐線 偕楽園駅(臨時駅)下りホーム<br>今年も偕楽園駅に降り立ちます。偕楽園駅は年間を通して利用されません。梅まつりだけの臨時駅です。

常磐線 偕楽園駅(臨時駅)下りホーム
今年も偕楽園駅に降り立ちます。偕楽園駅は年間を通して利用されません。梅まつりだけの臨時駅です。

偕楽園駅は「水戸の梅まつり」のこの時期だけ利用される、臨時駅です。JRとしてはSuicaにも対応させることのできないこの駅を、廃止にしたかったようなのですが茨城県の観光協会の熱心な訴えもあり、継続利用することにしたのです。

偕楽園駅は下りホーム(水戸駅方面)のみ存在します。上りのホーム(土浦、上野方面)はありません。上りの上野方面に向かうには、一旦水戸駅まで行ってから、上りの電車に乗り換える必要があります。

「水戸の梅まつり」の横断幕<br>「水戸の梅まつり」の黄色の垂れ幕は、毎年、偕楽園駅のホームに掲げられます。

「水戸の梅まつり」の横断幕
「水戸の梅まつり」の黄色の垂れ幕は、毎年、偕楽園駅のホームに掲げられます。

偕楽園駅の改札<br>偕楽園駅の改札はSuicaに対応していないので、偕楽園駅に来るときは「きっぷ(乗車券)」で来た方がよろしいです。

偕楽園駅の改札
偕楽園駅はSuicaに対応していないので、偕楽園駅に来るときは「きっぷ(乗車券)」で来た方がオススメ。

ご案内<br>偕楽園駅は臨時駅のため、スイカやイオカード利用の方は現金精算させていただいております。上り方面ご利用の方は、いったん水戸駅まで出て、乗換えて下さい。と言う趣旨のことが書かれています。

ご案内
偕楽園駅は臨時駅のため、スイカやイオカード利用の方は現金精算させていただいております。上り方面ご利用の方は、いったん水戸駅まで出て、乗換えて下さい。と言う趣旨のことが書かれています。

偕楽園駅は以前、一度だけ上りホームを設置した歴史があります。しかし、その時の上りホームはすぐに撤去されてしまいました。今後、偕楽園駅に再び上りホームが設置されるのでしょうか?。廃止を検討したことのある駅ですから、そこまで改良されることは今後も無いでしょう・・・(--)。

18きっぷを駅員さんに見せて、ホーム階段を下ります。

偕楽園駅前にはバス停や、タクシー乗り場があります<br>常磐線偕楽園駅前には、バス停があります。常磐線水戸駅方面に向かうバス路線です。偕楽園は敷地が広く、偕楽園周辺にいくつかバス停があり、このバス停はそのうちのひとつです。

偕楽園駅前にはバス停や、タクシー乗り場があります
常磐線偕楽園駅前には、水戸駅方面に向かうバスのバス停があります。偕楽園は敷地が広く、偕楽園周辺にいくつかバス停があります。

 

常磐神社と雅楽演奏会

常磐神社の大きな階段(参拝道)を上り、さらにまっすぐ進むと常磐神社。右手には常磐神社能楽殿があり、雅楽演奏会が行なわれていました。
われわれのよく知る「仰げば尊し」や「陪臚(ばいろ)」などを演奏。あたりに響きわたる雅楽に神秘さを感じます。

常磐神社の階段、参拝道<br>階段を上り詰めると常磐神社拝殿があります。

常磐神社の階段、参拝道
階段を上り詰めると常磐神社拝殿があります。

参拝道は出店で賑わう<br>常磐神社の広い境内、参拝道は、多くの出店で賑わいます。

参拝道は出店で賑わう
常磐神社の広い境内は、多くの出店で賑わいます。

常磐神社 拝殿〔茨城県水戸市常磐町〕<br>水戸藩2代藩主 徳川光圀、水戸藩9代藩主 徳川斉昭を祀る神社です。

常磐神社 拝殿〔茨城県水戸市常磐町〕
水戸藩2代藩主 徳川光圀、水戸藩9代藩主 徳川斉昭を祀る神社です。

常磐神社 能楽殿<br>紫峰雅楽会による雅楽演奏会が行なわれていました。

常磐神社 能楽殿
紫峰雅楽会による雅楽演奏会が行なわれていました。

雅楽が辺りに響きます<br>雅楽があたりに染み入ります。ゆっくりとした時間を感じさせてくれます。

雅楽が辺りに響きます
雅楽があたりに染み入ります。ゆっくりとした時間を感じさせてくれます。

 

義烈館

いつもだとこの後は梅を観に行くのですが、今年はいつもと違うものも見てみましょう。ということで、義烈館方面に向かいます。しかし、義烈館そのものは入場料が掛かるようですし、時間も掛かりそう。今回は中に入ることを止めます。

義烈館<br>水戸黄門(光圀公)の遺品などが展示されているようです。

義烈館
水戸黄門(光圀公)の遺品などが展示されています。写真真ん中の梅の木は、「浪華の梅」。文字の普及が進んだことを記念して植えられました。黄門様の句碑も置かれています。

知足の蹲踞(ちそくのつくばい)<br>光圀公の御精神を仰ぎ設置。もともとは京都竜安寺にありました。「吾(われ)唯(ただ)足るを知る」と刻まれています。

知足の蹲踞(ちそくのつくばい)
光圀公の御精神を仰ぎ設置。もともとは京都竜安寺にありました。「吾(われ)唯(ただ)足るを知る」と刻まれています。

盆栽を売る店<br>出店の中には、盆栽を売る店も出ています。

盆栽を売る店
出店の中には、盆栽を売る店も出ています。

 

偕楽園(東門)

いやー、それにしても観光客の多いこと、多いこと(´=ω=`)。
お客様がいらっしゃるのはいいことですけど、これほど多いというのは、私の取材活動に影響を与えてしまいます・・・。

偕楽園 東門前<br>偕楽園にはいくつか門がありますが、一番出入りが多い東門です。左手は偕楽園レストハウス。

偕楽園 東門前
偕楽園にはいくつか門がありますが、一番出入りが多い門は、東門です。左手は偕楽園レストハウス。

偕楽園 東門<br>多くの観光客は、この東門から偕楽園に入園するはずです。入園は無料。

偕楽園 東門
多くの観光客は、この東門から偕楽園に入園するはずです。入園は無料。

観光案内所(臨時)<br>こちらの案内所で、偕楽園や茨城県の観光案内パンフレットがもらえます。

茨城県観光協会 観光案内所(臨時)
こちらの案内所で、偕楽園や茨城県の観光案内パンフレットがもらえます。

無料で貸し出しされる車いす<br>偕楽園園内で利用できる車いす。砂利道なので、特殊な車いすになっています。

無料で貸し出しされる車いす
偕楽園園内で利用できる車いす。砂利道なので、特殊な車いすになっています。

偕楽園のパンフレット<br>去年(2003年/平成15年)と同じ感じのパンフ。製作が平成15年02月になっていました。

偕楽園のパンフレット
去年(2003年/平成15年)と同じ感じのパンフ。製作が平成15年02月になっていました。

偕楽園園内広場と好文亭<br>この広場ではお茶立てやご老公一座による撮影会、ビニルシートを広げてくつろいだりできます。

偕楽園園内広場と好文亭
この広場ではお茶立てやご老公一座による撮影会、ビニルシートを広げてくつろいだりできます。

 

梅は7部咲き。03月訪問で大正解!

今年(2004年)の訪問時期は、03月に入ってからで正解でした。

梅は7部咲き。さらに、梅梅ガールズ(私が勝手に命名。本当は「水戸の梅大使」と言います)も満開だし、良いこと尽くめですね~(^^)。水戸の御老公様もいらっしゃいます。撮影しておきますか~。なんだか、今年の助さん(角さん?)は老けていますね~(><)。

例年は梅をしっかり撮影していないので、「全然、梅まつりのレポートになっていない!」とのお叱りを受けていました(´・ω・`)。なので、今年はしっかり梅をレポートしまっせ~(´>ω<`)!!。

水戸のご老公一座<br>しがない縮緬(ちりめん)問屋なのに、印籠を出せば大逆転。頭が高い? 観光協会による役者さんたちと記念撮影が出来ます。シャッターを押してくれる方もいます。

水戸のご老公一座
しがない縮緬(ちりめん)問屋なのに、印籠を出せば大逆転。頭が高い? 観光協会による役者さんたちと記念撮影が出来ます。シャッターを押してくれる方もいます。

梅梅ガールズ2004(水戸の梅大使)<br>梅梅ガールズは、今年も満開だ~~~\(^O^)/~~ばんざーい!。

梅梅ガールズ2004(水戸の梅大使)
梅梅ガールズは、今年も満開だ~~~\(^O^)/~~ばんざーい!。

偕楽園 梅林<br>こうやって写真越しでは分かりづらいですが、今回の偕楽園の梅は7部咲きで、よく咲いています。

偕楽園 梅林
こうやって写真越しでは分かりづらいですが、今回の偕楽園の梅は7部咲きで、よく咲いています。

緋梅(ひばい)<br>ピンクの花びらに長いおしべの緋梅(ひばい)。少ししおれているのが残念です。

緋梅(ひばい)
ピンクの花びらに長いおしべの緋梅(ひばい)。少ししおれているのが残念です。

水心鏡(すいしんきょう)<br>白くもったりとした花びらをつけています。梅の花って感じがしますね。

水心鏡(すいしんきょう)
白くもったりとした花びらをつけています。梅の花って感じがしますね。

見驚(けんきょう)<br>薄いピンク色できれいに広がっているのが見驚です。

見驚(けんきょう)
薄いピンク色できれいに広がっているのが見驚です。

チャボ冬至<br>白く丸っこい花びらをつけているのがチャボ冬至。

チャボ冬至
白く丸っこい花びらをつけているのがチャボ冬至。

烈公梅(れっこうばい)<br>ぼてっとした花びらの烈公梅。

烈公梅(れっこうばい)
ぼてっとした花びらの烈公梅。

偕楽園 仙奕台(せんえきだい)から千波湖を眺める

偕楽園 仙奕台(せんえきだい)から千波湖を眺める

 

偕楽園 園内を散策します

梅ばっかり撮影してもつまらない!?ので、園内を歩きます。

正岡子規の句が刻まれた「子規の句碑」を発見。正岡子規も偕楽園に来ていたのですね~。そのときに読まれた句を刻んだのが「子規の句碑」として残っているようです。

階段を下ります<br>偕楽園は山のような地形。園内移動の際は、階段や傾斜路を上ったり下りたります。

階段を下ります
偕楽園は山のような地形。園内移動の際は、階段や傾斜路を上ったり下りたります。

水戸八景 僊湖暮雪(せんこのぼせつ)<br>水戸9代藩主徳川斉昭は、藩内の景勝地八か所を選び、水戸八景と定めました。僊湖(せんこ)とは「千波湖(せんばこ)」のこと。水戸藩藩内の八か所ある景勝地を巡ることで、藩内の武士達の心身を整えることを目的としました。

水戸八景 僊湖暮雪(せんこのぼせつ)
水戸9代藩主徳川斉昭は藩内の景勝地八か所を選び、水戸八景と定めました。「僊湖(せんこ)」とは「千波湖(せんばこ)」のこと。藩内の武士達が景勝地を巡り、心身を整えることを目的としました。

偕楽園 常磐線沿いの道<br>写真左手には常磐線の線路や、千波湖が見える見晴らしの良い道です。

偕楽園 常磐線沿いの道
写真左手には常磐線の線路や、千波湖が見える見晴らしの良い道です。

常磐線 特急スーパーひたち 651系<br>この場所は常磐線上り下りの電車が頻繁に行き交います。撮影スポット。

常磐線 特急スーパーひたち 651系
この場所は常磐線上り下りの電車が頻繁に行き交います。撮影スポット。

「子規の句碑」<br>正岡子規は偕楽園で「座急に 梅ことごとく 斜めなり」と詠みました。

「子規の句碑」
正岡子規は偕楽園で「座急に 梅ことごとく 斜めなり」と詠みました。

偕楽園 南門<br>階段をずっと下りていった広場近くにある門。

偕楽園 南門
階段をずっと下りていった広場近くにある門。

吐玉泉(とぎょくせん)<br>吐玉泉のある場所はわき水の多かったところで、斉昭は偕楽園造成に辺り高度さを利用して集水し、湧き泉を設置しました。眼病に効くといわれましたが、生水で飲んではいけません。寒水石。

吐玉泉(とぎょくせん)
吐玉泉のある場所はわき水の多かったところで、斉昭は偕楽園造成に辺り高度さを利用して集水し、湧き泉を設置しました。眼病に効くといわれましたが、生水で飲んではいけません。寒水石。

 

偕楽園で撮影会

偕楽園の園内では、女性モデルや水戸の梅大使による撮影会が行なわれています。
普段、あまり人物を対象に写真を撮ることが少ないのですが、たまには人物写真も撮ってみましょう。ってことでいくつか写真を撮りました。それにしてもモデルさんは薄着ですが、風邪など引いたりしないのかしら?(´・ω・`)。

宮崎香梨さん<br>撮影会に便乗して撮影。いい感じに風が吹いて艶っぽさを出せました(^^)。

宮崎香梨さん
撮影会に便乗して撮影。いい感じに風が吹いて艶っぽさを出せました(^^)。

梅梅ガールズ(水戸の梅大使さん)<br>キャットみたいな目線をいただき、こちらも妖艶な雰囲気をかもし出せました。

梅梅ガールズ(水戸の梅大使さん)
キャットみたいな目線をいただき、こちらも妖艶な雰囲気をかもし出せました。

 

弁当を食べて、次の目的地へ

園内をふらついていたら、「お弁当が半額ですよ~」の声が聞こえます。通常は1000円する『梅づくし弁当』が半額の500円とのこと。時計を見たら、すでに15時を回っていたんですね。お弁当の在庫処分のようです。

まだお昼を食べていなかったので、飛びつくようにお弁当を購入。スペースを見つけて、新聞を座布団代わりにしてお弁当をいただきます。

梅づくし弁当<br>1000円で売られているものが500円に値下げ。おトクに食べられると、おいしいものが余計おいしく感じられます(^O^)。

梅づくし弁当
1000円で売られているものが500円に値下げ。おトクに食べられると、おいしいものが余計おいしく感じられます(^O^)。

 

 

 


Re:ぶらり茨城(2019年01月19日記載)

【 水戸の梅まつりの楽しみ方 イロイロ 】

今年(2019)もまた、水戸の偕楽園で「水戸の梅まつり」が開催されます。
期間:平成31年02月16日(土)~03月31日(日)

約1ヶ月半の期間、梅まつりは開催されます。偕楽園の梅は、早咲きから遅咲きの梅が植えられています。そのため、期間を通して梅が咲くことになります。
例年、寒かったり、暖かかったり、で訪問時に梅がきれいに咲くかどうかは「運次第」の側面もあります。

宿泊予約して偕楽園に訪問となると、なかなかスケジュールを細かく調整することはむつかしいですが、もし、流動的に訪問スケジュールを調整できるのなら、「梅の開花情報」をチェックして訪問されることをオススメします。

水戸の梅まつりの楽しみ方は、人それぞれですが、ワタクシ的には、

・梅そのものを“鑑賞”する事を楽しむ
・園内にある、鑑賞スポット(好文亭、千波湖、碑など)を巡る
・水戸の梅大使さんと記念撮影をする
・期間中1日だけ設けられている「撮影会」に参加する
(動画撮影や、スマホでの参加は注意される場合があります)
・おみやげを買ったり、食事を楽しむ
などが、敷居が低く、初訪問でも梅まつりを楽しめるんじゃないから~って、思います。

このページについて

このページは、2004年03月07日に取材した内容に基づき、2004年04月09日に書かれています。本文は当時の原稿を加筆修正している関係で、初出典時と写真や表現が異なる場合がございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です