ふたつの『飛翔』 -茨城県・埼玉県-

ふたつの『飛翔』 -茨城県・埼玉県-

ふたつの『飛翔』 -茨城県・埼玉県-

『飛翔』――

我が茨城にて『飛翔』と言う単語を聞くと、常磐線JRひたち野うしく駅〔茨城県牛久市〕西口側にある『碑』を思い浮かべます。

JR常磐線_ひたち野うしく駅_西口_2001年06月撮影

JR常磐線_ひたち野うしく駅_西口_2001年06月撮影

 

常磐線 万博中央駅

国鉄_常磐線_万博中央駅_科学万博

国鉄_常磐線_万博中央駅_科学万博のアクセス駅のひとつとして使用。
さいきの駅舎訪問 西崎さいきさん 提供

「かつてここに、万博中央駅があった――」で始まるこの「飛翔」の碑は、昭和60年(1985)今のつくば市で開催された『国際科学技術博覧会』〔通称:科学万博つくば’85、EXPO85〕の際に、常磐線の臨時駅として誕生した万博中央駅にちなんだ碑石でした。

科学万博終了後、万博中央駅は予定通り解体され、残された駅ロータリーにはこの「飛翔」の碑が設置されました。

常磐線 万博中央駅跡地にあった記念碑「飛翔」_2004年10月16日撮影

常磐線 万博中央駅跡地にあった記念碑「飛翔」_2004年10月16日撮影

その後、1998年(平成10年)にひたち野うしく駅として、万博中央駅跡地(厳密には位置が異なります)に新駅が誕生したのでした。

 

JR浦和駅

我が埼玉県の県庁所在地があるJR浦和駅〔埼玉県さいたま市浦和区〕。

JR浦和駅 西口

JR浦和駅 西口。

JR浦和駅 西口。

浦和駅は県庁所在地のある西口が大きく栄えていました。
昭和50年代に西口駅前が改造され、伊勢丹/コルソが誕生しました。
駅前には「中の島」と呼ばれるバスロータリーができました。

 

JR浦和駅 東口

JR浦和駅 東口 。(区画整理中の2004年)

JR浦和駅 東口 。(区画整理中の2004年)

2007年(平成19年)には、浦和駅東口も駅前区画整理が終了し、浦和パルコが誕生しました。駅前ロータリーも充実し、浦和駅東西のパワーバランスが逆転したようにも感じられます。

 

JR浦和駅の『飛翔』

さて、浦和駅西口のバスロータリー「中の島」には、駅前改造計画完了を記念して設置された像があります。

JR浦和駅西口前の中の島にある像「飛翔」。

JR浦和駅西口前の中の島にある像「飛翔」。

その像の名は、『飛翔』

= 飛翔 =

この広場のシンボル施設等は 県庁所在地浦和市の玄関口である 浦和駅西口の市街地改造事業の完成を記念し 埼玉県が浦和市に寄贈したものである。

昭和56年3月吉日

 

この『飛翔』の像は、埼玉にゆかりのある彫刻家〔吉野康彦、岩田健、細野稔人〕による像です。

「飛翔」の文字。

「飛翔」の文字。

JR浦和駅前の「飛翔」の像。

JR浦和駅前の「飛翔」の像。

 

彫刻や像などに名称を付ける際、簡潔に、コンパクトに命名するため同じ名称になるケースはあるかと思います。

今回は偶然、ふたつの「飛翔」の像に巡り会うことができました。

 

いばらきだいすき セカンドシーズン

Powered by Studio Ibaraki Daisuki co.Ltd,
… #牛久市 #さいたま市

〔 この項おしまい 〕

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です