潮田家住宅 – 関東の三越 –

潮田家住宅 - 関東の三越 -

潮田家住宅 – 関東の三越 –

 

茨城県桜川市真壁町で平成15年(2003)から続けられてきた『真壁のひなまつり』が、令和03年(2021)の年は『新型コロナウイルス(Covid-19)』の影響により、中止となることが発表されました。

思えば、昨年令和02年(2020)02月に『真壁のひなまつり 第十八章』が開催中のなか、その「新型コロナウイルス」の影響は出始めていました。団体客(団体バス)のキャンセルにより、真壁の町に訪れる来客数はかなり減っていたと聞きます。

 

「新型コロナウイルス」の収束を願いつつ、『真壁のひなまつり』で風格を放つ建物のひとつ『潮田家』を取り上げます。

 

登録有形文化財としての潮田家住宅

潮田家住宅(潮田/うしおだ)

登録有形文化財 潮田家住宅(2020年02月撮影)

登録有形文化財 潮田家住宅(2020年02月撮影)

 

登録有形文化財 平成11年11月18日登録

見世蔵 明治43年
袖蔵  明治45年
脇蔵  明治30年以前
別荘(離れ) 明治初期

 

潮田家住宅 の案内

潮田家住宅 の案内

潮田家は、江戸末期には呉服・荒物・雑貨商を営み、明治時代には業績を一段と拡大し、土浦の豪商と親戚関係をもち、その商圏は、八郷・筑波・大穂・岩瀬に及び、いつしか「関東の三越」と呼ばれるようになった。

 

登録有形文化財 / 潮田家 脇蔵(?)

登録有形文化財 / 潮田家 脇蔵(?)

潮田家 | 提灯をぶら下げていた、金具(?)。

潮田家 | 提灯をぶら下げていた、金具(?)。

 

所在地 / 潮田家住宅

名所:潮田家住宅
住所:茨城県桜川市真壁町真壁189

 

電話番号 / 潮田家

昔は地域に電話番号が割り振られました。

潮田家の電話番号「3」

潮田家の電話番号「3」

電話番号が提供、割り振られたのは主に郵便局など公共性の高い施設。

その中で、「潮田家」が「3番」という若い番号を所有していたことは、潮田家が公共性のある立場であったことがうかがえます。

潮田家の電話番号「3」を示す、別のプレート。

潮田家の電話番号「3」を示す、別のプレート。

 

 

たばこを販売する免許

たばこ販売の免許。
煙草を販売する権利そのものは、それほど珍しくはない。

潮田家「たばこ小売所」の看板。

潮田家「たばこ小売所」の看板。

 

昭和っぽい「たばこ/CIGARETTES」の看板も。

昭和っぽい「たばこ/CIGARETTES」の看板も。

 

収入印紙の販売

収入印紙(収入証紙)を取扱い、販売しています。
収入印紙を取り扱う「免許」は現在でも継続されており、その免許は数年に一度、更新手続きをされています。

潮田家「茨城県収入証紙売捌所」。看板にはうっすらと「鶴屋本店」の文字も見える。

潮田家「茨城県収入証紙売捌所」。看板にはうっすらと「鶴屋本店」の文字も見える。

収入印紙は現在、主に銀行が取り扱います。
潮田家が銀行と同じように収入印紙を取り扱うことができる、立ち位置におられるのです。

 

別の「茨城県 収入証紙 売捌所」の看板(?)。

別の「茨城県 収入証紙 売捌所」の看板(?)。

 

潮田家のひな人形

今は令和時代です。
潮田家で所有するひな人形は、昭和、大正、明治とさかのぼり、江戸時代のひな人形まで存在します。

江戸、明治、大正、昭和と時代を渡る、潮田家のひな人形。

江戸、明治、大正、昭和と時代を渡る、潮田家のひな人形。

潮田家 | 江戸時代のお内裏様、お雛様。

潮田家 | 江戸時代のお内裏様、お雛様。

潮田家 | 昭和時代初期のひな人形

潮田家 | 昭和時代初期のひな人形

潮田家 | 昭和30年代 木目込雛人形

潮田家 | 昭和30年代 木目込雛人形

潮田家 | 明治、大正のひな人形

潮田家 | 明治、大正のひな人形

 

潮田家前にある、真壁町の道標

潮田家住宅前の交差点には、真壁町の道標があります。

潮田家前の「真壁町道路元標」

潮田家前の「真壁町道路元標」

 

 

いばらきだいすき セカンドシーズン

Powered by Studio Ibaraki Daisuki co.Ltd,
… #桜川市ID

 

〔 この項おしまい 〕

 

関連項目

#真壁でひなまつり20 (Twitter) 200208

#真壁リターン20 (Twitter) 200214

真壁のひなまつり 050212

写真を撮るということ≒もてなしの心 060131

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です