ちょっと遭難しかけた 花園山,栄蔵室 登山 / 標高798m,標高881.6m

ちょっと遭難しかけた 花園山,栄蔵室 登山 / 標高798m,標高881.6m

ちょっと遭難しかけた 花園山,栄蔵室 登山 / 標高798m,標高881.6m

茨城県県北の、山々の紅葉を確認する旅〔 #茨城紅葉登山旅20 〕の2日目。

茨城百景である「花園山」(標高798m)と、茨城百景の包含風景である「栄蔵室」(標高881.6m)を登山するため、輪行下車した常磐線JR磯原駅から自転車で、花園山を登っていきます。

JR磯原駅でフェードアウト!(輪行解除!)

JR磯原駅でフェードアウト!(輪行解除!)

自転車で花園山クライム。花園渓谷を通過。

自転車で花園山クライム。花園渓谷を通過。

花園山に徒歩登山するルートは大きく分けて2つのルートがあります。

  1. 花園山の南側、花園神社側から北上して登山する「花園神社ルート」。
  2. 花園山の北側、猿ヶ城渓谷の林道にあるふたつの登山口、「北登山口」、「南登山口」ルート。

今回は、花園山の北側から登山を始めることにし、自転車で花園山の北側にアクセスすることにしました。(下記の話は、花園山の北側に到着してからの、徒歩登山の話になります)

 


12:30 登山スタート

花園山 南登山口

花園山 南登山口

花園山の南登山口から登山を始めると、軽い登りから始まります。
最初に目指すは、「花園山山頂」と「栄蔵室」方面に分かれる「分岐点」。
このとき、数組の下山者たちとすれ違い、挨拶をしました。

分岐点までの標識に従い、上っていきます。

分岐点までの標識に従い、上っていきます。

踏み跡もあり、迷わず進めます。

踏み跡もあり、迷わず進めます。

この下山者たちとすれ違って以降、再び南登山口に戻る(~14:50ころ)まで誰ともすれ違いませんでした。この日に限っては、俺っちが最後の登山客だったと思います。

行動食を口にしながら。

行動食を口にしながら。

 

12:48 花園山山頂/栄蔵室 分岐点

花園山頂に進むルートと、栄蔵室に進むルートへの分岐点に到着します。

花園山頂、栄蔵室分岐点。

花園山頂、栄蔵室分岐点。

トレイルマップで、所要距離が分かる。

トレイルマップで、所要距離が分かる。

どちらに行っても、またここに戻ってきます。
時間経過(残り時間)によっては、どちらかだけしか訪問できないので、優先順緯度の高い「花園山頂」ルートを選択します。

この「分岐点」から「花園山山頂」方面を歩くと、しばらく勾配は下りとなります。
下りなのでサクサク進めて楽ちんですが、逆に考えると、戻ってくるときは上りになるのです。。

「花園山頂/栄蔵室 分岐点」から、「花園山山頂 (入口)」までは、小川を何度か渡ります。

踏み跡を頼りに進んでいく。

踏み跡を頼りに進んでいく。

岩が露出するところもある。

岩が露出するところもある。

小さな小川を何度か跨ぎます。

小さな小川を何度か跨ぎます。

 

13:07 ちょっとだけコースアウトする。。

踏み跡だけを頼りにしてはいけない。この木は「こちらに進むな」を意味しているのか!?

踏み跡だけを頼りにしてはいけない。この木は「こちらに進むな」を意味しているのか!?

ここで、「花園山山頂」に向かうルートがあやふやになる部分があります。
「花園山山頂(矢印)」の案内板が見つからず、ちょっとだけコースアウトしてしまいました。。。
踏み跡もいくつかあったので、迷う方も少なからずいらっしゃるように思います。
コースアウトに気づかずに、ドンドン進んでいたら、軽い遭難になっていたかもしれません。。。

 

13:10 コース復帰、花園山頂方面ルートに戻る

(コースアウトせず、)正しいルートを進んでいたら、実はすぐ「上り」になります。

コースアウトしなければ、すぐに上りになっていた。

コースアウトしなければ、すぐに上りになっていた。

上りの踏み跡は、笹に隠れているので、注視する必要があるかもです。

 

13:11 花園山山頂(標高 798m)にゴール!

上り道を上りきり、尾根?を1分ほど進むと、「花園山頂」にゴールできます!

花園山山頂(標高798m)に到着!

花園山山頂(標高798m)に到着!

山頂のベンチでお昼(おにぎり)を食らう。

山頂のベンチでお昼(おにぎり)を食らう。

風が強い!
ベンチがあったので、さっさとおにぎりを食べてしまいます。

 

13:25 花園山を下山し、分岐点まで戻ります

笹の下山踏み跡を確認しながら下りていき、先ほど来た道を戻ります。
ここで、先ほどの遭難分岐点をチェック(動画撮影)しておきます。(後で動画をUPするかもです)

花園山下山開始。笹で踏み跡が見づらい。

花園山下山開始。笹で踏み跡が見づらい。

来た道(踏み跡)を確認しながら戻ります。

来た道(踏み跡)を確認しながら戻ります。

 

13:44 「花園山山頂/栄蔵室」分岐点に戻る

花園山山頂から分岐点まで20分ほどかかっていますが、道中立ち止まって動画撮影していたので、実際にはもっと早く分岐点にまで戻ることができます。

花園山、栄蔵室分岐点に戻ってきた。

花園山、栄蔵室分岐点に戻ってきた。

ここで選択肢。
1)「南登山口」に戻る。
2)「栄蔵室」に行く。(またここに戻って来る)

今の時刻は13時44分です。
秋(冬)の日没は早いし、この花園山はちょっと不気味。今から栄蔵室に行くことにすこし気後れします。

案内板「トレイルマップ」によると、この分岐点から栄蔵室までは「片道1.1km」ほどあるようです。また、事前に「分県登山ガイド07」(山と渓谷社)で調べた行程だと、「片道30分(行き)/戻りは25分」となっています。

トレイルマップで、所要距離が分かる。

トレイルマップで、所要距離が分かる。

何かトラブルがあったとして、行って帰って1時間強かかると推測。
今から栄蔵室に行って帰って、15時ころを想定しておく必要があります。

こちらの山側は北面だから、日没の影響も早いだろうな~、と思いながら、栄蔵室コースに進む幸甚でした。。

 

分岐点から栄蔵室に向かう

栄蔵室コースの方が、すこしきつめかも。

栄蔵室コースの方が、すこし勾配がきつめかも。

案内板と踏み跡で、コースに迷いなし。

案内板と踏み跡で、コースに迷いなし。

分岐点から栄蔵室に向かう道は比較的はっきりしており、迷うことはなさそう。
途中、「NTT通信施設」に出くわし(13:57)、車が入るような道になるので安心感も出てきます。

NTT通信施設で、辺りが開ける。

NTT通信施設で、辺りが開ける。

「栄蔵室から見える山々」の看板。

「栄蔵室から見える山々」の看板。

NTT通信施設を過ぎるとすぐ勾配が上がり、栄蔵室山頂を目指すことになります。

栄蔵室山頂への案内標識。

栄蔵室山頂への案内標識。

栄蔵室山頂への最後の上り。

栄蔵室山頂への最後の上り。

 

14:03 整地、植樹されたところで迷いそうになる

勾配を登り切ると、ほぼ山頂に上がってきた感があります。
一部整地され(?)ていて、人の手による植樹らしき場所に出ます。

栄蔵室山頂直前の、植樹された場所。

栄蔵室山頂直前の、植樹された場所。

ここでまた、コースアウトしそうになります。

整地された道をまっすぐ進む踏み跡があるのですが、まっすぐ進むのは間違い!

この整地された区画を『右に曲がる』のが正解です!
この近辺、笹が低く茂っており、都合の良い踏み跡を目隠ししているので、意外と迷う人がいると思います。

 

14:06 栄蔵室山頂(標高 881.9m)

ちょっと迷ったところから2分程度で、栄蔵室山頂に到着です!
栄蔵室の標高は881.9m(882m)。

栄蔵室山頂(ベンチ)が見えてきた!

栄蔵室山頂(ベンチ)が見えてきた!

栄蔵室山頂(標高881m)に到着!

栄蔵室山頂(標高882m)に到着!

茨城県の最高峰の標高を持つ山は、八溝山〔茨城県大子町〕があり、八溝山の標高は1022mです。
八溝山は何度か、自転車でクライムしたことがあります。足で登山したことはないです。。。
八溝山は3県〔茨城県大子町、福島県棚倉町、栃木県大田原市〕を跨いだ山です。

“茨城県単独でそびえる山”と縛りを加えると、県内で一番高い山は「栄蔵室」(標高882m)になります。

栄蔵室山頂にも、ベンチがいくつかあります。

栄蔵室 三角点。

栄蔵室 三角点。

栄蔵室山頂で休憩してから下山します。

栄蔵室山頂で休憩してから下山します。

20分ほど休憩し、下山(南登山口へもどる)します。

 

14:50 南登山口に戻る

栄蔵室山頂から約25分で、南登山口に戻ってこられました。
先にも記したとおり、登山開始直後に数組すれ違った登山客以外には、誰ひとり出会いませんでした。

登山口に置いてあった自転車を回収。

登山口に置いてあった自転車を回収。

15時ころ下山じゃ、秋の登山としては遅い時間なのかな~、とちょっと反省し、生きて帰れたことに感謝します。

幸甚

と言うのも、世の中にはもっと高く、険しい山はたくさんあるのは事実ですが、この花園山近辺で「行方不明」になられた方がいらっしゃるようで、あちこちに「行方不明者 探索中」のポスターが貼ってあるのです。。。

花園山周辺で遭難された方を創作するポスター。※画像を加工しております。

花園山周辺で遭難された方を捜索するポスター。※画像を加工しております。

あの方が、何らかのかたちで「実は生きていた」みたいなことであることを、お祈り申し上げます。

そして俺っちは、自転車を回収し、花園神社方面へダウンヒルすることにいたします。

 

もう一つの登山口、「北登山口」 を確認しておく

花園山の北側の登山口は、「南登山口」と「北登山口」のふたつがあります。
今回は「南登山口」から登りましたが、一般的には「北登山口」の方がメジャーらしいです。。自転車クライムで先に「南登山口」に到着したため、「北登山口」から登る予定を変更し、「南登山口」から登山を開始したのでした。

一応、「北登山口」を確認するため、自転車でもうちょっとだけ林道を奥に行ってみます。

花園山 北登山口。こちらの登山口の方がメジャーらしい。

花園山 北登山口。こちらの登山口の方がメジャーらしい。

登山客の自動車も駐車されている。

登山客の自動車も駐車されている。(北登山口)

栄蔵室が茨城県単独でいちばん標高が高いことを表す。

栄蔵室が茨城県単独でいちばん標高が高いことを表す。

 

 

いばらきだいすき セカンドシーズン

Powered by Studio Ibaraki Daisuki co.Ltd,

〔この項おしまい〕

 

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です