丸い茨城百景

丸い茨城百景

丸い茨城百景

 

昭和25年(1950)05月10日、茨城観光審議会が茨城県内の100の景勝地を制定しました。
該当する場所には茨城百景が設置されました。

茨城百景の石碑は各市町村の責任で造られ、建立されました。

茨城百景碑の意匠(デザイン、設計)も、各市区町村に任されたようで、一部の茨城百景碑は独特のオリジナリティー溢れるデザインとなっています。

ここでは、「丸い」茨城百景碑トップ3(ベストスリー?)を掲載いたします。

 

丸い茨城百景碑 第3位 小松寺 /051

茨城百景 051 小松寺(2016年撮影)

茨城百景 051 小松寺(2016年撮影)

茨城百景 名称:小松寺
住所:茨城県東茨城郡城里町大字上入野3912

2016年03月に初訪問しました。この小松寺〔茨城県東茨城郡城里町〕入口脇にある茨城百景碑は「初代iMac」のような形状で、唯一無二のデザイン。

紅葉の小松寺

紅葉の小松寺

小松寺の茨城百景碑は、初代iMacみたいな形状。

小松寺の茨城百景碑は、初代iMacみたいな形状。

小松寺本堂は、2018年に屋根の葺き替え工事をしていました。

小松寺本堂は、2018年に屋根の葺き替え工事をしていました。

屋根吹き替え前の小松寺本堂(2016年撮影)

屋根吹き替え前の小松寺本堂(2016年撮影)

 

丸い茨城百景碑 第2位 御前山 /050

茨城百景 050 御前山

茨城百景 050 御前山

茨城百景 名称:御前山
住所:茨城県東茨城郡城里町大字御前山 (御前山の住所)

那珂川大橋の道の駅かつら側、御前山〔茨城県東茨城郡城里町〕登山道入口にある、茨城百景碑。碑の設置場所が護壁の上にあります。季節によっては周囲に草が生い茂るため、見落としがちな碑です。

護壁の上にあるため、見落としがち。

護壁の上にあるため、見落としがち。

草木が生い茂ると、碑が隠れてしまいます。

草木が生い茂ると、碑が隠れてしまいます。

 

今は無き、国民宿舎 御前山荘

今は無き、御前山荘(2005年撮影)

今は無き、御前山荘(2005年撮影)

那珂川のほとりには、国民宿舎 御前山荘がありました。ワタクシの訪問当時ですでに、御前山荘は閉館していました。また、この建物は現存していません。

「国民宿舎 御前山荘」の碑。

「国民宿舎 御前山荘」の碑。

茨城百景 包括風景 那珂川大橋

茨城百景 包括風景 那珂川大橋

子どもいきいき自然体験フィールド100選 No.33 御前山と那珂川

この看板は現在、新しい規格のものと入れ替わって設置されています。しかし、「No.33」は2019年現在で、古いものがまだ残っていました。

2005年の「子どもいきいき」No.33。

2005年の「子どもいきいき」No.33。

2019年の「子どもいきいき」No.33。

2019年の「子どもいきいき」No.33。

 

 

丸い茨城百景碑 第1位 稲田神社本宮址 (笠間附近国宝社寺巡り /053)

茨城百景 053 笠間附近国宝 / 包括風景 稲田神社本宮址

茨城百景 053 笠間附近国宝 / 包括風景 稲田神社本宮址

茨城百景 名称:稲田神社本宮址 / 包括風景 稲田神社,笠間附近国宝社寺巡り
住所:茨城県笠間市稲田763(稲田神社の住所)

水戸線 稲田駅から稲田神社〔茨城県笠間市〕に向かう道中、国道50号沿いにあります。

この茨城百景碑はもしかしたら、公式のものではない可能性があります。

茨城百景碑は市町村が建立するものなのですが、一部、有志などによって建立された碑が存在します。こちらの稲田神社本宮址は有志によって建てられた碑の可能性があります。

しかし、今回のテーマである「丸い茨城百景」において、これ以上の丸い碑は存在しないため取り上げさせていただきました。

——

いばらきだいすき セカンドシーズン

Powered by Studio Ibaraki Daisuki co.Ltd,
… #笠間市ID #城里町ID

 

 

関連サイト

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です