茨城百景_歩崎の眺望

茨城百景_歩崎の眺望

茨城百景 名称 歩崎の眺望
読み方 あゆみざきのちょうぼう
包括風景 歩崎観音
地域 茨城県かすみがうら市 / 出島村
碑の現存 現存する
実際の碑への記載 歩崎の眺望
説明
関連リンク
注釈

 

歩崎観音と歩崎の眺望

歩崎台地から霞ヶ浦を眺める

歩崎台地から霞ヶ浦を眺める

日本で二番目の湖の大きさを誇る霞ヶ浦。霞ヶ浦の北側に、霞ヶ浦を二分するかのように突き出している半島が、旧出島村の歩崎です。歩崎は台地状になっており、霞ヶ浦の土浦入り、三又沖、高浜入りを見下ろすような景観を持っています。
展望台からは左に行方市、天王崎、帳面には鹿島(鹿嶋)や鹿島臨海工業地帯、右に浮島や稲敷台地を望み、これら景観は県指定第一号の名勝地にされています。

歩崎山 長禅寺(真言宗)

歩崎山 長禅寺(真言宗)〔茨城県かすみがうら市坂〕

「歩崎観音」と呼ばれる寺は歩崎山長禅寺(真言宗)で、文明07年(1475)の開山と伝えられ、本尊は十一面観音像。安産、および水上の安全に古くより信仰されています。

 

 

帆引き船 折本良平の記念碑

帆引き船 発明者 折本良平 頌徳碑

帆引き船 発明者 折本良平 頌徳碑

明治13年(1880)に帆曳船による漁法を発明した、折本良平先生(佐賀村/現かすみがうら市坂出身)の頌徳碑。

 

近くにある、かすみがうら市郷土資料館隣にあるビジターセンターには、有形民俗文化財として 帆引き船 が展示されています。

有形民俗文化財 帆引き船 展示

有形民俗文化財 帆引き船 展示

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です