銚子駅から波崎町へ 輪行の旅 20040410

銚子駅から波崎町へ_輪行の旅_2004

千葉県銚子市、茨城県波崎町(鹿行):2004年04月10日(土)取材

掲示板でご提案ををいただきました。

思い出した事が 投稿者:パイプカット 2004/02/21(Sat) 13:16 No.188 <br>こんにちわ。 以前、用事があり波崎町に行ったのですが(たしか押場か川尻近辺だったと思うのですが)、家屋も少ない農村の照葉樹の林の中の道が、とても静かで心が落ち着いた記憶があります。 KOUJINN(旅人)さんも一度行ってみてください。 とても心が安らぎますよ。

思い出した事が 投稿者:パイプカット 2004/02/21(Sat) 13:16 No.188
こんにちわ。
以前、用事があり波崎町に行ったのですが(たしか押場か川尻近辺だったと思うのですが)、家屋も少ない農村の照葉樹の林の中の道が、とても静かで心が落ち着いた記憶があります。
KOUJINN(旅人)さんも一度行ってみてください。
とても心が安らぎますよ。

 


輪行で銚子駅に向かう

07時に起床。今日は茨城県最南端の街、波崎町へ行くのです。
青春18きっぷも今日が最終日。今日の利用で、5回分を使い切ります。

折りたたみ自転車を組み立て、最寄り駅まで向かいます。駅のはじっこで自転車を折りたたみ、輪行バックにしまいます。改札で18きっぷの5回目に、ハンコを押してもらいます。自転車(輪行袋)を抱え、ホームまでエスカレータで上ります。ホームは時折強い風が吹きます。

輪行バックに入った、折りたたみ自転車<br>この自転車は半分に折りたたむスタイルですが、これよりももっと小さく折りたためる自転車も存在します。

輪行バックに入った、折りたたみ自転車
この自転車(ブリヂストン TRANSIT)は半分に折りたたむスタイルですが、これよりももっと小さく折りたためる自転車も存在します。

 

まずは成田線で成田駅に向かう

08時30分電車が入線。常磐線で我孫子駅まで行きます。電車は我孫子駅ホーム6番線に到着します。成田駅方面に行く成田線は4番線。輪行バックを担いで高架橋の階段をのぼり、エスカレーターで降ります。

キヨスクでチョコと缶コーヒーを購入。09時15分、成田線が出発です。成田線の窓の外は自然が多く、これが国際空港に行く路線かと思うとギャップがあり面白い(^^)。

成田線は単線が続く<br>国際線に行く路線なのに、単線です。

成田線は単線が続く
国際線に行く路線なのに、単線です。

自然に包まれている<br>のんびりとした風景。自然がいっぱいです。

自然に包まれている
のんびりとした風景。自然がいっぱいです。

09時58分成田駅に到着しました。銚子駅行きの成田-銚子の成田線は、10時19分に向かいの5番線から出ます。まだ時間がありますので、ホームの柱に自転車をつないでおいて、一旦途中下車をします。

成田駅 駅名標<br>地元から1時間半掛けて到着。

成田駅 駅名標
地元から1時間半掛けて到着。

成田駅 改札<br>suicaに対応。自動改札です。

成田駅 改札
suicaに対応。自動改札です。

18きっぷを改札に見せ、駅の外に出ます。成田駅の駅舎を撮影し、改札脇のキヨスクでドリンクを購入し、再び改札を通らせてもらいます。電車が入線してきます。レトロチックなブルーとクリーム色の113系です(^O^)。ボックスシートタイプだし、地方路線はこうじゃなっくっちゃね!(^^)v。

成田駅 駅舎<br>成田駅の近くに成田山新勝寺があるので、こういう意匠なのかも。新幹線が停まるような雰囲気です。

成田駅 駅舎
成田駅の近くに成田山新勝寺があるので、こういう意匠なのかも。新幹線が停まるような雰囲気です。

 

入線してきたこの電車は、ここで後ろの車両を切り離すそうです。ふーん、切り離し作業って、土浦駅だけのイベントではなかったんですね~(@O@)。

車両切り離し作業<br>関東圏で車両切り離し作業が見られる駅は、結構あるみたいですね。

車両切り離し作業
関東圏で車両切り離し作業が見られる駅は、結構あるみたいですね。

電車内<br>ボックスシートに空きがあります。しかし、こちらは折りたたみ自転車があるので、ふたり席にします。

電車内
ボックスシートに空きがあります。しかし、こちらは折りたたみ自転車があるので、ふたり席にします。

 

成田線で銚子駅に向かう

ひとりでボックス席を陣取っては申し訳ないので、2人席を確保。出発を待ちます。
電車内はそれなりに混んでいます。乗車率は40%くらいかしら?。それでも座席には余裕があり、私が2人席を陣取っても大丈夫なほどです(^^)。
およそ1時間20分の間、山の中や田んぼが広がる自然豊かな風景を、電車は進んで行きます。

下総豊崎駅<br>葉桜になりつつあります。桜の花びらが、わずかながら残っています。

下総豊崎駅
葉桜になりつつあります。桜の花びらが、わずかながら残っています。

遠くに利根川が見える<br>成田駅から銚子駅に向かう沿線の左手には、利根川が遠目に見えます。

遠くに利根川が見える
成田駅から銚子駅に向かう沿線の左手には、利根川が遠目に見えます。

特急しおさい(国鉄色)<br>旧国鉄色の特急しおさい。発車を待っています。

特急しおさい(国鉄色)
旧国鉄色の特急しおさい。発車を待っています。

 

銚子駅に到着

11時38分、遅れも無く、銚子駅に到着しました。銚子駅はJRとしては盲腸駅です。この先(犬吠埼方面)に進む、銚子電鉄に乗り換えることができるので、厳密には盲腸駅ではありません。
銚子駅のホームと銚子駅駅舎内をたんまりと撮影し、駅を出ます。

銚子駅 駅名標<br>盲腸駅なので、先ほど通過した松岸駅の反対には駅名が表示されていません。

銚子駅 駅名標
盲腸駅なので、先ほど通過した松岸駅の反対には駅名が表示されていません。

銚子駅 改札<br>suicaに対応していない、小を感じさせるボックス型の改札。

銚子駅 改札
suicaに対応していない、昭和を感じさせるボックス型の改札。

銚子電鉄線への乗り場案内<br>銚子駅からさらに伸びる銚子電鉄線の乗り場は右手のようです。

銚子電鉄線への乗り場案内
銚子駅からさらに伸びる銚子電鉄線の乗り場は右手のようです。

大きなホームと屋根<br>運送手段が鉄道しかなかった時代、荷物やお客さんであふれかえったことでしょう。

大きなホームと屋根
運送手段が鉄道しかなかった時代、荷物やお客さんであふれかえったことでしょう。

銚子電鉄線 銚子駅<br>オランダ風風車がおしゃれな駅舎?待合室?です。

銚子電鉄線 銚子駅
屋根のオランダ風風車がおしゃれな駅舎?待合室?です。

駅を出て、はじっこのほうで折りたたみ自転車を組み立てます。

銚子駅で自転車を組み立てる

JR銚子駅の駅前は広いロータリーとなっています。椰子の木などのシダ植物が多く植えられ、“海の町”的な雰囲気をかもし出しています。

銚子駅 駅舎<br>切妻屋根の、おおきくどっしりとした駅舎。

銚子駅 駅舎
切妻屋根の、おおきくどっしりとした駅舎。

駅正面には広い大通りが突き抜けています。その大通りをまっすぐに自転車を進むことにしました。最初の目標は、銚子大橋を渡り、茨城県入りすることです。そうです、忘れそうになっていましたが、今回の目標は「茨城県の波崎町」です。今いるここ銚子は、まだ千葉県なのでした!(^^;)。

駅前の大通りをまっすぐ進むと、広大な海、いや、川に出くわしました。利根川です。この川がもうちょっと写真右手に流れていくと、太平洋につながるのです(^^)。

駅前大通りまっすぐのT字路<br>駅前の大通りをまっすぐ進むとT字路に突き当たります。水辺が見えます。

駅前大通りまっすぐのT字路
駅前の大通りをまっすぐ進むとT字路に突き当たります。水辺が見えます。

利根川<br>川幅がたいへん広い。一見、海と見間違えます。銚子大橋が見えます。

利根川
川幅がたいへん広い。一見、海と見間違えます。銚子大橋が見えます。

 

銚子大橋を折りたたみ自転車で渡る

銚子大橋が左手に見えましたので、銚子大橋の方へ進みます。橋の下まで行き、橋の入り口まで回り込みます。

銚子大橋は、一車線ずつのせまい道路幅しかありません。さらに、歩道部分が狭く、最初は海側にあった金網も、進んでいくと無くなってしまいました・・・。唯一の橋の手すり高さは、自転車に乗っていると、腰下くらいにしか感じられず、かなり怖い(´>ω<`)ブルブル。

銚子大橋を折りたたみ自転車で渡る<br>車道は両側一車線ずつで、側道部分がたいへん狭い。さらに手すりが低く、落ちそうでコワイ~。

銚子大橋を折りたたみ自転車で渡る
車道は両側一車線ずつで、側道部分がたいへん狭い。さらに手すりが低く、落ちそうでコワイ~。

撮影しながら5分ほど掛けて、銚子大橋を渡りきりました(==)フウフウ。

 

波崎町に入った~!

さあ、これからが波崎町です!。
茨城県の最南東に位置する町、波崎町。波崎の町中をまっすぐに1本の道が走っています。これが国道124号線です。さらにひとつ北寄りにも道路が走っています。まずは太平洋側に行ってみようと、街中を走ってみることにしました。

ようこそ波崎町へ<br>波の形のかわいいモニュメントでお出迎えしてくれました。

ようこそ波崎町へ
波の形のかわいいモニュメントでお出迎えしてくれました。

手をつなごう 広域合併<br>鹿嶋と神栖と波崎の広域合併を促す看板。※神栖町と波崎町が合併し、神栖市になるようです。

手をつなごう 広域合併
鹿嶋と神栖と波崎の広域合併を促す看板。※神栖町と波崎町が合併し、神栖市になるようです。

 

国道から外れてしまった町並みは、ぽつんぽつんとお店らしき建物が並んでいますが、シャッターで閉じられています。中には崩れ、朽ち落ちている建物もあり、だいじょうぶかなーって心配になります(^^;)。

波崎の町並み<br>国道から一本裏の道に入ると、シャッターな店舗が並んでいます。

波崎の町並み
国道から一本裏の道に入ると、シャッターな店舗が並んでいます。

漁業関係の建物<br>敷地内に、漁業で使われる道具が置かれています。

漁業関係の建物
敷地内に、漁業で使われる道具が置かれています。

漁業で使われる道具<br>網やロープ、ブイなどが、こんもりと置かれています。

漁業で使われる道具
網やロープ、ブイなどが、こんもりと置かれています。

そんな街中を抜けていくと、海が見えました。
海岸沿いを走ります。広大な平地の遠くに、港らしきものが見えたので近寄ります。

だんだんと辺りは魚くさくなってきました。さらに海鳥の鳴き声。そして、海鳥がたくさん辺りを飛び回っています。どうやら、ここが波崎漁港のようです。

公園のような敷地<br>太平洋に向かうようにして、公園のような敷地があります。

公園のような敷地
太平洋に向かうようにして、公園のような敷地があります。

波崎漁港<br>大きな船が接岸している波崎漁港。時刻は昼時なので、漁業的には営業終了のようです。

波崎漁港
大きな船が接岸している波崎漁港。時刻は昼時なので、漁業的には営業終了のようです。

さらに北西へと自転車を進めます。
「リゾートインあおの」前を通過。やはりこの辺り特有の?椰子の木が植えられています。南国って感じがしますね~(^^)。

椰子の木は南国な雰囲気<br>リゾートインあおのの前を通過します。辺り一面、椰子の木があり、南国風です。

椰子の木は南国な雰囲気
リゾートインあおのの前を通過します。辺り一面、椰子の木があり、南国風です。

「はさき生涯学習センター」も発見。近くに「はさき おさかなセンター」もあります。が、おさかなセンターのほうは閉まっています。

はさき生涯学習センター<br>立派な公共施設があります。

はさき生涯学習センター
立派な公共施設があります。

海岸寄りの道路を進んで行きます。
海は見えず、道路両側とも、みどりに包まれた環境です。ところどころにごみが捨てられており、ちょっと気分のいいものではありません。地元の人が捨てるような気はしないし、海に遊びに来た人たちが捨てていったのでしょうか。

 

やまこ庵にて昼食

街中を進んでいって、国道124号にぶつかります。12時をすでに回っているし、どこかで昼食を食べたいのですが、これ!といったお店に決められずにいます・・・。しばらくすると、店構えも安心な「やまこ庵」という和風レストランが見えました。ここにしよう!。

店内のテーブル席に案内され、「上ヒレかつ御膳」(1470円:税込)を注文します。お値段がちょっと高い気もしますが、たいへん美味しかったし、こういうときは奮発しないとね!(^^)b。

やまこ庵<br>和風レストラン。そばから定食までいろいろ揃っています。

やまこ庵
和風レストラン。そばから定食までいろいろ揃っています。

上ヒレかつ御前<br>さくさくなころもと、やわらかいヒレ肉に大満足♪(^-^)モグモグ。

上ヒレかつ御前
さくさくなころもと、やわらかいヒレ肉に大満足♪(^-^)モグモグ。

 

利根川川辺

しばらく124号線を上って行きます。このまま行っても面白くないので、適当なところで利根川寄りに左折しました。

細い道を入っていく<br>国道から外れ、利根川方面に向かう細い道を進みます。

細い道を入っていく
国道から外れ、利根川方面に向かう細い道を進みます。

完全に民家の立ち並ぶ区域です。どんどん進んでいくと、広大な芝生のあるスポーツの広場に出ました。さらに突き進むと、利根川が見え、ベンチがある場所にたどり着きました。

利根川の川辺<br>ベンチがあったりするので、公共の広場なのかしら(´・ω・`)?。

利根川の川辺
ベンチがあったりするので、公共の広場なのかしら(´・ω・`)?。

この利根川、都心ではめったに体験することのできない“海辺”ならぬ“川辺”が体験できます。海が近いこともあってか、川辺には貝殻がたくさん落ちています。海のにおいもします。

まるで海岸<br>ここだけ取って見ていると、海岸のように見えるかもしれませんが、利根川の川辺です。

まるで海岸
ここだけ取って見ていると、海岸のように見えるかもしれませんが、利根川の川辺です。

貝殻が落ちている<br>牡蠣らしき貝殻などが落ちています。海に近いこともあるのかしら?

貝殻が落ちている
牡蠣らしき貝殻などが落ちています。海に近いこともあるのかしら?

 

かもめ大橋を確認

再び国道124号に戻り、北上します。
しばらく進むと「利根かもめ大橋」の看板が見えます。帰りのルートを確認すべく、かもめ大橋のほうへ進めます。かもめ大橋は自転車でも通ることのできる、有料道路です。無料であれ、有料であれ、ここを通ることができれば、帰りのルートがちょっと楽になります(^^)。

国道124号を北上<br>国道をがんがん北上中。たまに大型ダンプなどが横を通り、コワイです。

国道124号を北上
国道をがんがん北上中。たまに大型ダンプなどが横を通り、コワイです。

「かもめ大橋」入口<br>カモメ大橋は有料。銚子大橋まで戻らずに利根川を渡れるので、有料でもOKです。

「かもめ大橋」入口
かもめ大橋は有料。銚子大橋まで戻らずに利根川を渡れるので、有料でもOKです。

 

かえるの歌が聞こえてくるよ

「利根かもめ大橋」の帰宅ルートを見つけられたので、とりあえず安心。このまま北上することにしました。今度は国道から見て、一本利根川寄りになる道路を進むことにします。

民家もありますが、目立つのは田んぼです。田んぼからはかえるの歌が聞こえてきます(^^)。なつかしいなー。

昔、と言っても20年以上前ですが、私は埼玉県浦和市内谷に住んでいました。そこは辺りが田んぼで、夜になると鈴虫の羽の音や、かえるのぐわぐわっていう声が響いていたんです。今はすっかり集合住宅が建ってしまったり、田んぼは埋め立てられて駐車場になってしまいました。ああ、このかえるの鳴き声、なつかしいな~(´TωT`)。

田んぼから、かえるの歌が、聞こえてくるよ<br>「波崎町の輪行旅」は、このかえるの歌を確認するために来たのかもしれません。

田んぼから、かえるの歌が、聞こえてくるよ
「波崎町の輪行旅」は、このかえるの歌を確認するために来たのかもしれません。

北上。生活のにおいのする道を進んで行きます。自然がいっぱい。国道から一本はずれた道なので、車の往来も少なく、時間の流れがゆっくりのような気がします。

葉桜<br>桜も散り始め。葉っぱと入れ替わっています。

葉桜
桜も散り始め。葉っぱと入れ替わっています。

バス停 川尻<br>掲示板に記載いただいた「川尻」とは、この辺りのことなのでしょうか。

バス停 川尻
掲示板に記載いただいた「川尻」とは、この辺りのことなのでしょうか。

但馬山の付近まで行って、折り返すことにします。
国道124号に出て、今度は南下しながら戻ります。長い長い国道を南下し、やっとかもめ大橋の看板を見つけます。

 

かもめ大橋を横断

かもめ大橋へ。
かもめ大橋には料金所が一箇所だけあり、そこで料金を払います。私は自転車なので、「軽車両」扱い。20円です(^^;)。

かもめ大橋 料金所<br>料金所はここ一か所だけ。無人化されています。自転車は軽車両なので、20円。

かもめ大橋 料金所
料金所はここ一か所だけ。無人化されています。自転車は軽車両なので、20円。

かもめ大橋は歩道部分の幅が広く、自転車での走行が大変走りやすいです。さらにてすりも銚子大橋より若干高く設計されているようで、これもまた良い。橋の途中で茨城県と千葉県の県境を発見。さらに遠方に、風力発電のプロペラを2基発見してしまいました(^^)。

しじみの養殖?<br>浅瀬でシジミを捕っているのでしょうか?

しじみの養殖?
浅瀬でシジミを捕っているのでしょうか?

カモメ大橋は、歩道部分が広い<br>これだけ幅があれば、安心です。

カモメ大橋は、歩道部分が広い
これだけ歩道幅があれば、往来する車も気にならず安心です。

茨城県と千葉県の県境<br>真ん中の角パイプは千葉県の管理。

茨城県と千葉県の県境
真ん中の角パイプは千葉県の管理。

 

椎柴駅

かもめ大橋を渡りきり、駅を探します。
GPSを頼りに自転車を走らせます。ここから一番近いのは椎柴(しいしば)駅です。

椎柴駅が見えました。青い壁に重い瓦。とても古臭い駅舎です。
中の窓口は、板でふさがれている無人駅。Suicaにも対応しない改札は、とても懐かしい気がします(^^)。
まもなく電車が来るようなので、急いで自転車をたたみます。

椎葉駅(しいばえき)<br>古めかしい駅舎。瓦屋根に重厚感が漂います。

椎葉駅(しいばえき)
古めかしい駅舎。瓦屋根に重厚感が漂います。

ベニヤで塞がれた窓口<br>椎柴駅は無人駅。かつて友人だったのか、窓口跡があります。

ベニヤで塞がれた窓口
椎柴駅は無人駅。かつて友人管理の駅だったのか、窓口跡があります。

椎柴駅 フレームの改札<br>昔はこういう改札がたくさんありました。

椎柴駅 フレームの改札
昔はこういう改札がたくさんありました。

16時26分、銚子方面から電車がやってきました。輪行バッグを担いで電車に乗り込みます。2人席を確保。成田駅まで1時間強、ウトウトしながら電車の輪行旅です。
成田駅で乗り換え。我孫子駅まで我孫子駅行き成田線に乗ります。

 

 


 

Re:ぶらり茨城(2019年01月26日記載)

【 銚子駅から鹿行方面に訪問した輪行旅 】

先日(2018年12月)、1泊2日のロードバイク旅で、15年ぶりに波崎町(現 神栖市)まで旅に出ました。〔初日:#イナキシシの旅18 / 2日目: #波崎の先の旅18

「波崎の先の旅18」でのスケジュールは、自転車で土浦駅→神栖市市街地→銚子駅をルートし、銚子駅に到着後は輪行で帰宅する行程です。
15年前に銚子大橋を通過したとき、橋の幅が狭くて怖かったことを覚えていたので「旅の最後に、あの銚子大橋を渡るのか~」と少しブルーでした。ところが、銚子大橋は架け替えられていました。新しい銚子大橋は歩道部分が広く、楽ちんでした。

新しい銚子大橋<br>神栖市(旧 波崎町)方面から千葉県銚子方面に進む。

新しい銚子大橋
神栖市(旧 波崎町)方面から千葉県銚子方面に進む。

“15年”という、年月の流れを感じました。

 

このページについて

このページは、2004年04月10日に取材した内容に基づき、2005年04月20日に書かれています。本文は当時の原稿を加筆修正している関係で、初出典時と写真や表現が異なる場合がございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です