高浜の釣り場からの霞ヶ浦

高浜の釣り場からの霞ヶ浦

茨城県土浦市石岡市県南):2003年07月21日(月)取材

 

土浦で祇園祭が行なわれるそうです。去年(2002年)、神輿巡業で観た八坂神社の文字もあるし、行くことにしましょう!

11時30分過ぎに家を出て、最寄り駅に向かいます。
この季節の定番になった、「青春18きっぷ」を購入。早速1回目を使って改札をくぐります。
柏駅で常磐線に乗り換え、土浦方面に北上していきます。

 

神立珍来で餃子ライスを食べる

13時30分頃、土浦駅に到着。
ここで電車切り離し作業のため、しばらく停車します。今乗っている車両は切り離されて車庫に入ってしまうので、上野側の後方車両に乗り換えます。

土浦駅改札を出なかったのには目的があるのです。「土浦祇園祭」が始まるまでには時間があります。お腹が空いてきたので神立駅近くにある珍来( 茨城県土浦市神立中央)で餃子ライスを食べたかったのです(^^;)。

神立駅18きっぷを提示して改札を出ます。駅前通りを左に曲がりしばらく歩くと珍来があります。店内に入り、餃子ライスを注文。しばらくすると出てきました~、でっかい餃子が5つの餃子ライス~(^O^)。

常磐線 神立駅 駅舎<br>我が故郷、神立駅。

常磐線 神立駅 駅舎
我が故郷、神立駅。

珍来 神立店<br>親戚ともよく来店する、神立駅近くの珍来。

珍来 神立店
親戚ともよく来店する、神立駅近くの珍来。珍来の餃子が大好きです。麺は量が多いので、ハーフサイズを選ぶのも選択肢。

即効で食べきります。
満足で再び神立駅に戻ります。それでもまだ14時を回ったところ。まだ時間が大丈夫そうなので、一度行ってみたかった高浜駅に行くことにしました。

 

高浜からの霞ヶ浦

高浜駅神立駅からさらにひとつ、水戸寄りの駅です。駅近くには、これと言った観光名所は無いようですが、高浜からは霞ヶ浦を観ることができるようなのです。

高浜駅ホーム<br>島式ホームと単式ホーム。

高浜駅ホーム
島式ホームと単式ホーム。

常磐線 高浜駅 駅名標<br>田舎な雰囲気の駅。

常磐線 高浜駅 駅名標
田舎な雰囲気の駅。

高浜の名所案内<br>「舟塚山古墳」と「高浜のつり場」が名所として記載されています。

高浜の名所案内
「舟塚山古墳」と「高浜のつり場」が名所として記載されています。

駅舎には「つりの高浜」の看板<br>釣れる魚として、ふな、こい、たなご、ぼら、やまべ、ひがい、まるた、なまず、と書かれています。

駅舎には「つりの高浜」の看板
釣れる魚として、ふな、こい、たなご、ぼら、やまべ、ひがい、まるた、なまず、と書かれています。

 

高浜駅前はちょっと広めのロータリーになっています。一応バス停の看板もあります。タクシーが3台ほど客待ちをしていますが、はたして利用者は多いのでしょうか?(^^;)。

高浜駅前のロータリー<br>駅前ロータリーは広いですが、チェーン店やパチンコ屋みたいなのが無く、ひっそりしています。

高浜駅前のロータリー
駅前ロータリーは広いですが、チェーン店やパチンコ屋みたいなのが無く、ひっそりしています。

常磐線 高浜駅 駅舎<br>ホーム側から見る駅舎の雰囲気とはだいぶ違う印象を受けます。

常磐線 高浜駅 駅舎
ホーム側から見る駅舎の雰囲気とはだいぶ違う印象を受けます。

アサザ プロジェクトの看板<br>「霞ヶ浦再生」をキーワードに、地域、企業、行政、NPO団体が一緒になって活動しています。

アサザ プロジェクトの看板
「霞ヶ浦再生」をキーワードに、地域、企業、行政、NPO団体が一緒になって活動しています。

「高浜の釣り場と周辺案内」の看板<br>恋瀬川が霞ヶ浦につながる、吊りのスポット。

「高浜の釣り場と周辺案内」の看板
恋瀬川が霞ヶ浦につながる、吊りのスポット。

茨城百景の碑<br>「高浜の釣場」が茨城百景として認定されているようです。

茨城百景の碑
高浜の釣場」が茨城百景として認定されているようです。

駅前を軽く撮影した後、看板の地図を頼りに霞ヶ浦方面に歩き出します。下水道もきちんと整備されていないようで、20年前くらいの浦和のようです。

 

高浜駅から5分ほど歩くと、恋瀬川に掛かる愛郷橋(あいきょうはし)がありますので渡ります。

愛郷橋(あいきょうはし)<br>恋瀬川に架かる橋。

愛郷橋(あいきょうはし)
恋瀬川に架かる橋。

恋瀬川<br>川沿いは草が生い茂り、人が立ち入ることは難しそう。

恋瀬川
川沿いは草が生い茂り、人が立ち入ることは難しそう。

恋瀬川沿いに歩くと「恋瀬川 恋づつみ」の標識。
アスファルト舗装されていますが、ところどころが開いていて水がたまっています。目的である霞ヶ浦が見えるところまで進みます。しばらくすると、霞ヶ浦が全貌できるところまで来ました。

「茨城新聞創刊100周年記念キャンペーン」の看板<br>限りある 清き流れを 大切に

茨城新聞創刊100周年記念キャンペーン」の看板
限りある 清き流れを 大切に

恋瀬川サイクリングコース<br>自転車で恋瀬川沿いを走れるようです。ここが起点。

恋瀬川サイクリングコース
自転車で恋瀬川沿いを走れるようです。ここが起点。

恋瀬川 さくらづつみ<br>ここに桜が咲くってこと? 桜の木も無いのに?

恋瀬川 さくらづつみ
ここに桜が咲くってことかしら?

穴の開いたアスファルト<br>整備が行き届いていないのか、アスファルトはところどころ穴が開いています。

穴の開いたアスファルト
整備が行き届いていないのか、アスファルトはところどころ穴が開いています。

 

霞ヶ浦と言っても、土浦入り潮来(→「潮来 ~霞ヶ浦リベンジ編」で潮来からの霞ヶ浦を確認してきました)のように霞ヶ浦を演出する施設が無いので、つまらない人にはつまらないかも。一通り撮影してから、高浜駅に戻ります。

恋瀬川が霞ヶ浦に合流する<br>しばらく歩いていくと、恋瀬川が霞ヶ浦に広がっていきます。

恋瀬川が霞ヶ浦に合流する
しばらく歩いていくと、恋瀬川が霞ヶ浦に広がっていきます。

河川管理境界<br>恋瀬川は茨城県が管理し、霞ヶ浦は国土交通省(国)が管理。

河川管理境界
恋瀬川は茨城県が管理し、霞ヶ浦は国土交通省(国)が管理。

霞ヶ浦が広がる<br>霞ヶ浦をアピールする看板や施設が無いので、ちょっと寂しい感じ。

霞ヶ浦が広がる
霞ヶ浦をアピールする看板や施設が無いので、ちょっと寂しい感じ。

 

>> 土浦祇園祭に向かいます

 

 


 

Re:ぶらり茨城(2018年11月20日記載)

【 はじめての茨城百景の碑 】

今現在、茨城を旅するときには、「茨城百景」の存在を考えて旅のプランニングしています。この当時(2003年)はまだ、茨城百景の存在を知らないときでした。

高浜駅で降り立ち、駅前に偶然あった茨城百景の碑。
この時はまだ「茨城百景」を意識していませんでした。

また、茨城県内の河川などの水際に存在する「茨城新聞創刊100周年記念キャンペーン」の看板。この看板と出会ったのも、この高浜のときでした。

この作品ではあまり、高浜と霞ヶ浦のことをよい印象ととらえていませんでしたが、実は『いばらきだいすき』の重要なファクター旅だったのでした。

 

このページについて

このページは、2003年07月21日に取材した内容に基づき、2003年12月22日に書かれています。本文は当時の原稿を加筆修正している関係で、初出典時と写真や表現が異なる場合がございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です