水郷潮来あやめまつり2003と、土浦の町並み

水郷潮来あやめまつり2003_土浦の町並み

茨城県潮来市鹿行)、土浦市県南):2003年06月22日(土)取材

 

今日(06月22日)は潮来あやめまつりに行きます。
去年(2002年)の07月くらいから予定していた潮来のあやめ祭り。いよいよ本番!そんな感じです。

本日のあやめまつりでは、楽しみにしている「あやめ踊り」を観ることと、あやめ自体を観ること。さらに、06月の時期にだけ就航される、「ジェットホイルつくば号」に乗船し、潮来から土浦まで戻ってくることです。はたしてどれだけ達成できるのか!?

今回の旅の目標

  • 「あやめ踊り」を観る
  • あやめ自体を観る
  • 「ジェットホイルつくば号」に乗船し、潮来から土浦まで戻ってくる

 

 

常磐線 我孫子駅 → 成田線 成田駅 移動

 

朝08時過ぎに起床。
旅の準備をして、最寄り駅に着いたのが09時半過ぎ。乗り換え、我孫子駅まで向かいます。

我孫子駅では七夕の飾り付け<br>我孫子駅の改札では、七夕飾りの笹の葉の取り付けを行なっています。

我孫子駅では七夕の飾り付け
我孫子駅の改札では、七夕飾りの笹の葉の取り付けを行なっています。

 

我孫子駅成田線(我孫子駅~成田駅)に乗り換えます。
成田線は最新の「E231系」の車両に乗車。ゆっくりと成田駅に向かいます。

一番前の先頭車両に座ると、車両の前面は大きな窓になっていて、眺めが大変良いです。出入り口上部にあるLEDの案内板は2段式。そして車内放送が機械音声の日本語/英語両対応国際路線(成田線)にマッチする最新式の車両となっています。(ってここはいつから鉄オタサイトになったのかしら?)(´・ω・`)ションボリ…

 

11時10分過ぎ、成田駅6番線に到着。6線ホームの階段が、エスカレータ工事のため幅が狭くなっています。こんなところにもバリアフリーの波が来ていますねー。
11時27分まで電車がないので、いったん改札を抜けます。成田駅の駅舎を出て、駅舎を撮影。何度もこの成田駅は撮影しています。

エスカレーター工事中<br>2003年08月30日までエスカレーターの工事を行ないます。

エスカレーター工事中
2003年08月30日までエスカレーターの工事を行ないます。

成田線 成田駅(東口)駅舎 <br>成田山への最寄り駅でもあり、成田空港へのアクセス駅でもあります。

成田線 成田駅(東口)駅舎
成田山への最寄り駅でもあり、成田空港へのアクセス駅でもあります。

 

グダグダしているうちに、電車の時間になりました。

成田線(成田駅~香取駅)、鹿島線(香取駅~鹿島神宮)区間に当たる電車は3番線に待っていますので、ホームに降ります。

すると、期待していたボックスシートタイプの「113系」車両ではなく、スマートな「E217系」のかっこいい電車でした! しかし、車内はロングシートで、ちっとも“旅情”を感じさせてくれません…(´・ω・`)。

E217系の車両<br>首都圏でも目にする車両です。ボックスシートを採用した車両もあるようですが、私が乗った車両はロングシートでした。。。

E217系の車両
首都圏でも目にする車両です。ボックスシートを採用した車両もあるようですが、私が乗った車両はロングシートでした。。。

 

佐原駅で乗換え

 

成田駅を出発したE217は、佐原駅に到着します。
潮来駅に行くためには、佐原駅鹿島線に乗換えます。

「ようこそあやめ咲く水郷佐原へ」<br>佐原でもあやめまつりが行なわれています。

「ようこそあやめ咲く水郷佐原へ」
佐原でもあやめまつりが行なわれています。

佐原駅の有人改札<br>今日は潮来のあやめまつりに行くので、下車しません。

佐原駅の有人改札
今日は潮来のあやめまつりに行くので、下車しません。

 

鹿島線 潮来駅に到着

 

12時25分ころ。じっと我慢の子で潮来駅に到着しました。潮来に来るのは3回目だにゃ~(´-ω-`)ゴロゴロ。観光地なのに、観光地っぽくないところが、茨城っぽくて好きだにゃ~(´-ω-`)ゴロニャン.。

潮来駅 構内<br>ちょっとだけ歓迎ムードが漂います。「歓迎 潮来市」の看板がありますね。

潮来駅 構内
ちょっとだけ歓迎ムードが漂います。「歓迎 潮来市」の看板がありますね。

駅ロータリーに「ようこそ水郷潮来へ」のモニュメント<br>過去の訪問でこのモニュメントを確認しておきながら、反対方向に歩き、“遭難”したことがありました。。

駅ロータリーに「ようこそ水郷潮来へ」のモニュメント
過去の訪問でこのモニュメントを確認しておきながら、反対方向に歩き、“遭難”したことがありました。。

 

潮来駅前で「東関道水戸線の早期全線開通」の署名活動をしていましたので、署名。って言うか「鉄道野郎」の私が、車のためになることに対してサポート(署名)するのは、どういうことですか? が便利になればなるほど、電車の立場が悪くなってしまうにゃー(´・ω・`)ションボリ。

うちわがもらえたから、良しとしましょう。(うちわコレクターなのです)

『東関道水戸線 全線開通』<br>潮来駅前で「東関東水戸線全線開通」の署名活動が行なわれています。

『東関道水戸線 全線開通』
潮来駅前で「東関東水戸線全線開通」の署名活動が行なわれています。

うちわ<br>うちわコレクターとしてうちわをいただけるのはうれしいのですが、紙製なのでちょっと残念。

うちわ
うちわコレクターとしてうちわをいただけるのはうれしいのですが、紙製なのでちょっと残念。

 

前川あやめ園 に向かう

 

潮来駅から歩いてすぐの、あやめ祭り会場に向かいます。

ところが、期待していた「あやめ踊り」はちょうどたった今、終わってしまったようです・・・。さらに、「あやめ踊り」は本日1回だけ。次回の「あやめ踊り」来週になってしまいます・・・。来週はここに来る気はありませんので、来年になってしまいます・・・。ついていないにゃ~(´・ω・`)ションボリ。

本日の催し物<br>「嫁入り舟(11:00~)」も「あやめ踊り(12:00~)」も、終わってしまいました。。。1日2回ずつ行なってくれればいいのに。。。

本日の催し物
「嫁入り舟(11:00~)」も「あやめ踊り(12:00~)」も、終わってしまいました。。。1日2回ずつ行なってくれればいいのに。。。

 

いつまでもしょんぼりしていても仕方がないので、あやめを堪能することにします。
あやめはちょっと時期(時間)がずれてしまったためか、咲き方に力がありません・・・。それでも美しさはさすがですね~。

 

水郷潮来 前川あやめ園<br>たくさんの観光客で賑わっています。やたらと橋の数が多い印象。

水郷潮来 前川あやめ園
たくさんの観光客で賑わっています。やたらと橋の数が多い印象。

 

前川<br>この前川という川を持ってして、「前川あやめ園」と呼ばれているんですね。

前川
この前川という川を持ってして、「前川あやめ園」と呼ばれているんですね。

ろ舟<br>”さお”を全然使わず、エンジンだけで舟を動かしています(^^;)。

ろ舟
”さお”を全然使わず、エンジンだけで舟を動かしています(^^;)。

 

出店がいっぱい<br>お祭りですので、出店も出ています。地元出店と思われるお店にて、あやめの即売も行なわれています。

出店がいっぱい
お祭りですので、出店も出ています。地元出店と思われるお店にて、あやめの即売も行なわれています。

潮来遊覧船待合所<br>あの待合所からは、“さお”で手こぎする舟に、乗ることができます。

潮来遊覧船待合所
あの待合所からは、“さお”で手こぎする舟に、乗ることができます。

あやめ<br>これを観るために、潮来あやめまつりに来たのです。

あやめ
これを観るために、潮来あやめまつりに来たのです。

あやめの見頃は午前中かも<br>写真ではきれいに花開いているあやめを撮影していますが、多くはしおれています。午後はしおれるようです。

あやめの見頃は午前中かも
写真ではきれいに花開いているあやめを撮影していますが、多くはしおれています。午後はしおれるようです。

「第14回全国市町村 あやめサミットinいたこ」の立て看板<br>あやめによる交流の促進、個性豊かなまちづくりに寄与することを目的とした会談。

「第14回全国市町村 あやめサミットinいたこ」の立て看板
あやめによる交流の促進、個性豊かなまちづくりに寄与することを目的とした会談。

木陰下のあやめ<br>06月の潮来市の気候は初夏。日差しのある日は暑いので、木陰でゆっくり鑑賞するのも良いでしょう。

木陰下のあやめ
06月の潮来市の気候は初夏。日差しのある日は暑いので、木陰でゆっくり鑑賞するのも良いでしょう。

 

おもてが無いので、おもてなし?

 

13時ころ。お腹がすいたので、利根川沿いにある「●●●食堂」(※自主規制 2018年)にて食事をすることにします。B定食を注文。B定食「コイの洗い」「わかさぎフライ」「しじみ汁」「ご飯」といった内容です。

私の田舎はご存知のとおり茨城なのですが、ご飯といい、お新香といい、味付けとか食感が田舎(=都会、田舎の田舎ではなく、故郷の意)で食べる食事に似ています。やはりこれが茨城の味なのか?
おいしい、という意味です!(^O^)。

ランチ B定食<br>「コイの洗い」は味噌ダレをつけて食します。こりこりとした食感が特徴です。さっぱりしています。お新香はしょっばめのヌカ漬けで、私好み♪

ランチ B定食
「コイの洗い」は味噌ダレをつけて食します。こりこりとした食感が特徴です。さっぱりしています。お新香はしょっばめのヌカ漬けで、私好み♪

ただ、「もてなす」という心遣いが少ないのか、他のテーブルの食べ終わった食器は片付けないし、座敷に上がったお客様の靴はそろえないし、注文は取りに来ないし、掃除は行き届いていないし、お会計の際に1万円を出したら財布を覗かれて、「千円札持っていますよねー」みたいなことを言われたりと、“接客業としてのあり方”を反面教師として学ばさせていただきました・・・。

 

常陸利根川沿いの風景

 

食事の後、常陸利根川(※1)沿いの潮来港にある、ジェットホイルつくば号乗り場に行きます。(※1:潮来の街に面している川は利根川ではなく、常陸利根川)

ジェットホイルつくば号の乗り場<br>潮来港と土浦港を50分で結んでくれる、ジェットホイル乗り場。06月のあやめまつりの時期だけ運行しています。

ジェットホイルつくば号の乗り場
潮来港と土浦港を50分で結んでくれる、ジェットホイル乗り場。06月のあやめまつりの時期だけ運行しています。

 

どうやら土浦行きの便が15時30分にあるようです。片道2000円(大人)。ジェットホイルの乗船券は、「名所十二橋めぐり案内事務所」にて売られているようです。まだ船の出発時刻までに2時間近く時間がありますから、いたこあやめ園まわりをぶらぶらすることにしますか~。

十二橋めぐり 案内事務所<br>こちらの窓口にて、ジェットホイルの乗船券を購入できます。

十二橋めぐり 案内事務所
こちらの窓口にて、ジェットホイルの乗船券を購入できます。

ジェットホイル 乗船券<br>ジェットホイルのイラストが描かれたチケット。左半分を乗船時に切り離して使います。

ジェットホイル 乗船券
ジェットホイルのイラストが描かれたチケット。左半分を乗船時に切り離して使います。

 

いこい食堂<br>あやめまつり会場付近には、いくつか食事のできるお店やホテルのレストランがあります。

いこい食堂
あやめまつり会場付近には、いくつか食事のできるお店やホテルのレストランがあります。

団体さんの写真撮影<br>十二橋巡りの舟に乗り終わったようで、記念撮影を行なっています。

団体さんの写真撮影
十二橋巡りの舟に乗り終わったようで、記念撮影を行なっています。

 

観光船としての帆曳舟

 

常陸利根川には、あやめまつりイベント帆曳船が出港しています。

帆曳船<br>観光目的で周航されています。土浦入りでも、観光目的の帆曳船を観ることができます。

帆曳船
観光目的で周航されています。土浦入りでも、観光目的の帆曳船を観ることができます。

その昔、帆曳船を使い、霞ヶ浦わかさぎ漁をしていた時代がありました。しかし、時代とともに自然の風を利用した帆曳船は不便とされ、エンジンを使った船に取って代わられました。現状、霞ヶ浦で見ることのできる帆曳船“観光のため”に出港しているだけです。

 

京成マリーナ ホワイトアイリス号 乗り場

 

さらに常陸利根川沿いを歩いていくと、我が京成マリーナホワイトアイリス号乗り場があります。

しかし何故か営業していなく、案内板によると06月、09月の第2、3火曜日にしか運行していないようです。なぜに火曜日が営業なの!?って気もしますが、どうなんでしょう!? シャッターも下ろされています。

ホワイトアイリス号の時刻表(潮来港)<br>「季節定期便」という名目で06月と09月の第2、3火曜日だけ就航しています。

ホワイトアイリス号の時刻表(潮来港)
「季節定期便」という名目で06月と09月の第2、3火曜日だけ就航しています。

京成マリーナ(潮来港)<br>京成マリーナは、土浦入りにもあります。よってこちらは、潮来支店、潮来営業所、と言ったところでしょうか。

京成マリーナ(潮来港)
京成マリーナは、土浦入りにもあります。よってこちらは、潮来支店、潮来営業所、と言ったところでしょうか。

壊れているシャッター<br>潮来支店のシャッターが壊れています。営業の際に、支障とならないのでしょうか?

壊れているシャッター
潮来支店のシャッターが壊れています。営業の際に、支障とならないのでしょうか?

 

鹿島線 潮来駅で183系 国鉄色車両

 

いったん潮来駅に戻ります。

潮来駅1番ホームに特急あやめ号が入ってきました。迷わず撮影。って、鉄道マニヤなのかにゃ~(´・ω・`)自分・・・。

特急 あやめ号(潮来駅)<br>183系の国鉄カラーの特急電車。乗ってみたいにゃ~(´・ω・`)ゴロゴロ。

特急 あやめ号(潮来駅)
183系の国鉄カラーの特急電車。乗ってみたいにゃ~(´・ω・`)ゴロゴロ。

 

ちなみにこの車両は485系に見えるかもしれませんが、これは183系です。直流区間専用である点が、485系との違いだそうです・・・。

 

ジェットホイルつくば号で土浦に帰る

 

気がつけばまもなく15時30分・・・。
土浦港行きのジェットホイルが出港する時間(潮来港15:30発)です。

常陸利根川沿いのジェットホイル乗り場に向かうと、すでにジェットホイルつくば号が出発を待っています。ジェットホイルは船の横から乗るのではなく、先頭から入ります。こういう乗り方ってあまり無いですね~(^^;)。

ジェットホイルつくば号(先頭から乗船するVer.)<br>船の先頭部分が開き、乗船します。船の見た目よりも、たくさんの人が乗ることができます。

ジェットホイルつくば号(先頭から乗船するVer.)
船の先頭部分が開き、乗船します。船の見た目よりも、たくさんの人が乗ることができます。

 

ジェットホイルつくば号は、2階建て構造です。

運転席のある2階は「VIPルーム」となっており、先ほどの乗船券代とは別に、さらに500円の「VIPルーム券」を購入することで乗ることができます。1階の通常席はまだまだ余裕がありますが、こういう機会はめったにあるわけでもありませんし、2階のVIPルームに乗ることにしますか~(*^^*)。

乗船員さんに500円を渡し、「VIPルーム券」を購入。2階へ続く階段に案内されます。

 

船内1階を後ろから撮影<br>船の1階先頭部分は「船内」なのですが、うしろはオープンデッキ(座席あり)になっています。

船内1階を後ろから撮影
船の1階先頭部分は「船内」なのですが、うしろはオープンデッキ(座席あり)になっています。

2階VIPルーム<br>船長さんの後ろの座席に座ります。別途500円で、船からの眺めも良くなります。

2階VIPルーム
船長さんの後ろの座席に座ります。別途500円で、船からの眺めも良くなります。

2階はあまり広くありませんが、それでも20席くらいありそうです。幸いなことに、2階席に乗るのは私以外におりません。完全に貸切です。目の前には船長さんがおられます。眺めもいいし、これでプラス500円なら安いのかも~(^m^)。

 

黒田船長の生ガイドによる霞ヶ浦の紹介

 

えーっと、このジェットホイルは土浦~潮来間を就航します。時速30ノット。およそ50分で到着します。

企業母体は常陽観光株式会社。どうやら京成マリーナ株式会社とは異なるようです。観光船で流れる案内テープを流すことも多いのですが、この常陽観光株式会社「生ガイド」を行なうことをポリシーとしており、船長さんによる、その場で気がついた情報を「生」ガイドすることで、オリジナリティーを生み出しています。

 

帆曳船がどうのこうのとか、最近はウォーターバイクが流行っていてとか、その場で目に付いた情報を適宜話すのが上手で、50分はあっという間に流れていきます。

ウォーターボート<br>ジェットホイルと併走します。

ウォーターボート
ジェットホイルと併走します。

ウォータースキー<br>この後、転んで転覆してしまいました。

ウォータースキー
この後、転んで転覆してしまいました。

 

しばらくすると、あの懐かしい土浦の町並みが見えてきました。土浦駅前イトーヨーカドー ウララがとても目に付きます。次に目に付くのがヨットハーバーの国定公園と書かれた塔です。

 

「水郷筑波国定公園霞ヶ浦」の塔と土浦市街地<br>見覚えのある土浦の風景が見えてきました。(低解像度動画からのクリッピングのため、画像が悪いです)

「水郷筑波国定公園霞ヶ浦」の塔と土浦市街地
見覚えのある土浦の風景が見えてきました。(低解像度動画からのクリッピングのため、画像が悪いです)

 

ジェットホイルつくば号 1階<br>前方から見ると、こんな感じになっていました。

ジェットホイルつくば号 1階
前方から見ると、こんな感じになっていました。

ジェットホイルつくば号の待合室<br>船が土浦港に到着し、ゆっくりするお客さん。

ジェットホイルつくば号の待合室
船が土浦港に到着し、ゆっくりするお客さん。

 

たのしい“旅”にたいへん感謝。ジェットホイルから降りるとき、黒田船長さんに「ありがとうございました」と言いました。

 

ジェットホイルつくば号 きっぷ売り場券乗り場<br>営業していない時は封鎖されています。

ジェットホイルつくば号 きっぷ売り場券乗り場
営業していない時は封鎖されています。

110人乗りの超高速豪華船。ベンツのエンジンを採用していることを、売りにしています。

ジェットホイルつくば号

 

京成マリーナ、霞ヶ浦土浦港の風景

 

まだ時間がありますので、京成マリーナ事務所建物にでも行ってみましょう。

いつもどおりの感じがしましたが、階段部分の傾斜路に設置されたスロープが新しくなっていました。前まではもっとボロっちいスロープでしたが。

 

京成マリーナの事務所<br>右手には軽食レストラン ランデブーがあります。昔、茨城に来たとき、よく行きました。

京成マリーナの事務所
右手には軽食レストラン ランデブーがあります。昔、茨城に来たとき、よく行きました。ガーリックの効いたからあげが、チョー美味しかった。

 

遊覧船乗り場の案内パネル<br>昔は、このパネル裏手の一角に、ゴーカート乗り場がありました。

遊覧船乗り場の案内パネル
昔は、このパネル裏手の駐車場内に、ゴーカート乗り場がありました。

京成マリーナへのスロープ<br>ここ最近、「バリアフリ-」の風潮が強く、こういう場所でもバリアフリー化が進んでいます。

京成マリーナへのスロープ
ここ最近、「バリアフリ-」の風潮が強く、こういう場所でもバリアフリー化が進んでいます。

 

京成マリーナ―の建物内<br>どちらかというと、こちらの京成マリーナ事務所内に関しては、個人的に思い入れはありません。やっぱり、ランデブーの方かな。

京成マリーナ―の建物内
どちらかというと、こちらの京成マリーナ事務所内に関しては、個人的に思い入れはありません。やっぱり、ランデブーの方かな。

 

土浦 京成ホテル<br>土浦にはかつて土浦京成百貨店がありましたが、霞ヶ浦側には京成ホテルがあります。土浦は京成系が多い。

土浦 京成ホテル
土浦駅の西口側にはかつて土浦京成百貨店がありましたが、土浦駅東口の霞ヶ浦側には京成ホテルがあります。土浦は京成系が多い。

京成ボウル<br>京成ホテルに併設する形で、ボーリング場の土浦ボウルがあります。

京成ボウル
京成ホテルに併設する形で、ボーリング場の土浦ボウルがあります。

 

土浦駅 西口側に行ってみる

 

土浦駅西口方面に行くために、高架道路下の道路を歩いていきます。
びっくりラーメンで食事をし、高架道路の階段を上っていきます。

川口川の線路下通路を通る<br>その昔、この辺りも霞ヶ浦と繋がっていました。今は埋め立てられて、道路になっています。

川口川の線路下通路を通る
その昔、この辺りも霞ヶ浦と繋がっていました。今は埋め立てられて、道路になっています。

びっくりラーメン 土浦店<br>ラーメンを180円から提供します。やっすいですね~。こんなに安くて儲かるのかしら??(´・ω・`)

びっくりラーメン 土浦店
ラーメンを180円から提供します。やっすいですね~。こんなに安くて儲かるのかしら??(´・ω・`)

高架橋(土浦ニューウエイ)を上る<br>土浦ニューウエイには、初めて上りました。新計画の路線用に、この高架橋が作られたと聞いたことがあります。

高架道路(土浦ニューウエイ)を上る
土浦ニューウエイには、初めて上りました。新交通システムの路線用に、この高架道路が作られた、と聞いたことがあります。

バス停 川口町<br>高架橋には新交通システムが導入できる作りになっており、このバス停はその新交通システム導入時の「駅」の候補地になるようです。

バス停 川口町
高架道路には新交通システムが導入できる作りになっており、このバス停はその新交通システム導入時の「駅」の候補地になるようです。

 

小網屋<br>すでに閉店しています。一時は“チャレンジショップ”としてゆこう利用されたときもありましたが、今は平静を保っています。

小網屋(閉店)
すでに閉店しています。一時は“チャレンジショップ”として有効利用されたときもありましたが、今は平静を保っています。

 

高架道路(土浦ニューウエイ)にはバス停が設置されています。「川口町」というバス停です。ここからは土浦東武ホテルも見えますし、小網屋も見えます。たいへん眺めの良い場所です。
しかし私には、土浦の向かうべき“未来”がどこにも見えませんでした・・・。

 

土浦 東武ホテル(閉店)<br>こちらのホテルも閉鎖されています。時計は08時50分で止まったままです。

土浦 東武ホテル(閉店)
こちらのホテルも閉鎖されています。時計は08時50分で止まったままです。

常磐線 土浦駅方向を眺める<br>私たちの土浦は、いったいどこに向かっているのでしょうか。

常磐線 土浦駅方向を眺める
私たちの土浦は、いったいどこに向かっているのでしょうか。

 

 


 

Re:ぶらり茨城(2018年11月11日記載)

【 3度目の潮来訪問の旅 】

かれこれ潮来には、この段階で3回目の訪問となります。
過去の2回は、ただ潮来に行く、ことが目的となっていましたが、この度では「あやめまつり」に訪問する、という名目で成立しました。

過去の潮来訪問は、

となっています。

 

また、今回の旅では「旅の目標」を定めており、

  • 「あやめ踊り」を観る
  • あやめ自体を観る
  • 「ジェットホイルつくば号」に乗船し、潮来から土浦まで戻ってくる

と計画しました。
実際には「あやめ踊り」を観ることができませんでしたが、この「目標制度」は、移行の いばらきだいすき の旅の基本になっています。

 

このページについて

このページは、2003年06月22日に取材した内容に基づき、2003年12月09日に書かれています。本文は当時の原稿を加筆修正している関係で、初出典時と写真や表現が異なる場合がございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です