令和03年(2021)の『真壁のひなまつり』が中止~【前編】16年前の真壁の町並み

令和03年(2021)の『真壁のひなまつり』が中止~平成17年(2005)年の『真壁のひなまつり』を建築の目線から振り返る

令和03年(2021)の『真壁のひなまつり』が中止~【前編】16年前の真壁の町並み

令和02年(2020)年の春先から流行しだした『新型コロナウイルス(Covid-19)』
令和03年(2021)年になり、まもなく1年が経過しようとしています。

新型コロナは現時点(令和03年01月17日の時点)で収束せず、一都三県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)「非常事態宣言」が発令されました。追って、関西地方や九州の方でも宣言が発令されました。(されようとしています)

我が茨城県では「非常事態宣言」が発令されていませんが、「茨城県独自」「非常事態宣言」が発令されました。

 

茨城県独自の緊急事態宣言

実施期間:(令和03年/2021)01月18日(月)~02月07日(日)
対象地域:県内全域

 

昨年は二度、『真壁のひなまつり 第十八章』に訪問

昨年、令和02年の春、俺っちは『真壁のひなまつり 第十八章』二度、訪問しています。

昨年、令和02年02月08日に『真壁のひなまつり 第十八章』に訪問の時点で、

  1. 新型コロナウイルスの流行が始まっていた
  2. 団体バスのキャンセルが相次ぎ、「真壁のひなまつり」への集客が減った

と言う状況でした。

 

今年の『真壁のひなまつり 第十九章』は中止に

収束しない「新型コロナウイルス」に対し、桜川市では時期早々に「令和03年度の真壁のひなまつりの中止」を発表しました。

「令和03年の真壁のひなまつり」の中止は残念です。しかし、「(県独自の)緊急事態宣言」が発令された今、その判断は正しかったことなのでしょう。

そこで今回の「いばらきだいすき セカンドシーズン」では、ワタクシが初めて『真壁のひなまつり』に訪問した「平成17年/2005年」の『真壁のひなまつり 第三章』の内容から、「桜川市真壁町の建築」に特化した「前編」としてリメイク更新したいと思います。

 


平成17年(2005)『真壁のひなまつり 第三章』 に訪問する

水戸線JR下館駅からバスで真壁町に向かう

平成17年(2005)の時点で、桜川市真壁町は公共交通機関の目線から「陸の孤島」でした。筑波鉄道の廃線昭和62年(1987)から18年が経過しています。

JR下館駅前にあった「SPICA(スピカ)」。

JR下館駅前にあった「SPICA(スピカ)」。

JR下館駅からバス停「真壁駅」行きのバス。

JR下館駅からバス停「真壁駅」行きのバス。

 

筑波鉄道(廃線)旧 真壁駅

JR下館駅から路線バスで、旧筑波鉄道の真壁駅に向かいます。

筑波鉄道 旧真壁駅跡。つくばりんりんロード。

筑波鉄道 旧真壁駅跡。つくばりんりんロード。

平成15年(2003年)当時の看板は新しい。

平成17年(2005年)当時の看板は新しい。

バス停「真壁高校前」。

バス停「真壁高校前」。

この当時はまだ、運行本数はあった。

この当時はまだ、運行本数はあった。

平成の後半の一時期、旧真壁町にアクセスする路線バスは無くなったと聞いています。最近になって、筑波鉄道 筑波山口駅(旧 筑波駅)と水戸線岩瀬駅を結ぶ路線バス(桜川市バス/ヤマザクラGO)にて公共交通機関が復活しました。

 

真壁の町並み 平成15年(2003)

桜川市の旧真壁町が「おもてなし」を謳って開始した『真壁のひなまつり』。
この平成17年(2005)当時は『真壁のひなまつり』が始まって3年目の「第三章」でした。

立喰そば、うどん たかはし。

立喰そば、うどん たかはし。

桜井精肉店。

桜井精肉店。

立喰そば、うどん たかはし」は、お店そのものの雰囲気は現在と変わりませんが、真壁駅方面の雰囲気が現在は変わりました。

桜井精肉店
桜井さんは、精肉店を廃業されています。

高浜商店。

高浜商店。

高久家。

高久家。

「高浜商店」は、看板が新しくなりました。

「高久家」は建物を補修し、別の業者がお店を運営されています。

 

真壁中央公民館。

真壁中央公民館。

真壁中央公民館 内部。

真壁中央公民館 内部。

真壁中央公民館 内部。

真壁中央公民館 内部。

「真壁中央公民館」は解体され、新しく「真壁伝承館」が建てられました。

 

ムラカミ書店/村上書店。

ムラカミ書店/村上書店。

やきそば田中。

やきそば田中。

「やきそば田中」は焼そば屋さんを閉店(廃業?)されました。

 

橋本時計メガネ店。

橋本時計メガネ店。

「橋本時計メガネ店」は店舗を移転され、この場所(真壁郵便局前)は更地になっています。

(旧)真壁郵便局。現在は案内所。

(旧)真壁郵便局。現在は案内所。

川島書店。

川島書店。

「川島書店」のこちらの店舗は基本建物を残し、補修されました。

歴史民俗資料館。

歴史民俗資料館。

真壁町母子健康センター。

真壁町母子健康センター。

「歴史民俗資料館」は「真壁伝承館」に建て変わりました。

 

川島書店 見世蔵。

川島書店 見世蔵。

Hi-C(ハイシー)の自動販売機。

Hi-C(ハイシー)の自動販売機。

「川島書店 見世蔵」は、補修されました。

「Hi-C(ハイシー)」の自動販売機は撤去されました。

大木屋本店。

大木屋本店。

平井家。

平井家。

「大木屋本店」は建て替えられました。

「平井家」は建物全体が補修されました。

 

いばらきだいすき セカンドシーズン

Powered by Studio Ibaraki Daisuki co.Ltd,
… #桜川市ID #筑西市ID

 

 

 

関連項目

 

#真壁でひなまつり20 (Twitter) 200208

動画「どっこい真壁の伝正寺 令和02年版 真壁のひなまつり」をUPしました!

動画「どっこい真壁の伝正寺 令和02年版 真壁のひなまつり」をUPしました!

 

#真壁リターン20 (Twitter) 200214

もっちもち♪真壁のよねまんじゅう

もっちもち♪真壁のよねまんじゅう

 

真壁のひなまつり 050212

写真を撮るということ≒もてなしの心 060131
https://ibarakinews.blog.fc2.com/blog-entry-78.html

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です