ホテルルートイン石岡 隙を見せない統一感

ホテルルートイン石岡 隙を見せない統一感_茨城県石岡市石岡

ホテルルートイン石岡 隙を見せない統一感

 

常磐線 JR神立駅まで輪行し、神立から旧水戸街道を石岡方面に抜ける自転車旅。

 

常磐線 JR石岡駅が最寄り駅:ホテルルートイン石岡

ホテルルートイン石岡〔茨城県石岡市石岡〕は、新しく建て変わったJR石岡駅東口から約1キロの場所にあります。徒歩圏内でもあるし、ワンメーター、ツーメーターのタクシーで訪問しても良し。

ホテルルートインは公共交通機関でのアクセスを必ずしも意図しておらず、自家用車等でのアクセスを目的とした、県道、国道沿いに建てられていることが多いです。
そのため駐車場を広く設けています。

石岡駅周辺とは異なり、ホテルが国道沿いに立地することで、各地域でよく見かけるチェーン店とアクセスしやすいメリットがあります。
09月26日にスシロー石岡店がオープンしたばかりで、たくさんのお客さんでにぎわっていました。

国道6号沿いに建つホテルルートイン石岡

国道6号沿いに建つホテルルートイン石岡

大手量販店や飲食店が多い

大手量販店や飲食店が多い

 

JR神立駅から旧水戸街道、石岡を巡った自転車旅

部屋設備:ホテルルートイン石岡

部屋は広くきれい。設備が仮に傷んだとしても、それを許さない。常にピカピカの状態を維持するホテル。

おそらくダブルベッド:ホテルルートイン石岡

おそらくダブルベッド:ホテルルートイン石岡

シングルルーム:ホテルルートイン石岡

シングルルーム:ホテルルートイン石岡

テーブル:ホテルルートイン石岡

テーブル:ホテルルートイン石岡

シングルルーム出入口:ホテルルートイン石岡

シングルルーム出入口:ホテルルートイン石岡

さすが、国内ビジネスホテルカテゴリーで、最大の売上額を持つホテルチェーンです。店舗数的には国内一位ではありませんが、部屋を高品質にして、宿泊料を高価格帯で設定することにより、粗利額(率)を高くとる戦略なんですね。

ユーザー(宿泊者)目線でホテルルートインを見たとき、「ちょっと宿泊料が高いな~」って躊躇する部分があるのですが、実際泊まってみると満足度はかなり高い。

 

ユニットバス:ホテルルートイン石岡

ユニットバス:ホテルルートイン石岡

ユニットバス:ホテルルートイン石岡

ユニットバス:ホテルルートイン石岡

ユニットバス:ホテルルートイン石岡

 

館内設備:ホテルルートイン石岡

自動販売機:ホテルルートイン石岡

自動販売機:ホテルルートイン石岡

洗濯機(有料):ホテルルートイン石岡

洗濯機(有料):ホテルルートイン石岡

洗濯機なども、他のビジネスホテルチェーンでは見かけない、ワンランク上のモデルが投入されています。

 

大浴場:ホテルルートイン石岡

写真を掲載すると、ルートインからクレームが入りそうな感じがするが、掲載してみます。今回のホテルルートイン石岡の宿泊時では、大浴場に他の人がいないタイミングを見つけることができませんでした。よって、他の地域のホテルルートインに宿泊した際、ねばって誰もいない時間帯で撮影した大浴場の写真となります。
洗い場:とあるホテルルートイン

洗い場:とあるホテルルートイン

湯舟:とあるホテルルートイン

湯舟:とあるホテルルートイン

彼らホテルルートインにおいて、各種フォーマットががっちりと完成しており、それを崩さない姿勢があえての弱点か。例えば、大浴場。
この左右シンメトリーを基本設計とした大浴場、出窓は、個性すら感じさせません。

 

朝食:ホテルルートイン石岡

朝食。ホテルルートンの朝食は、全国どこで食べても、まったく同じメニュー。北海道札幌で食べようが、石岡で食べようが、塩尻で食べようが、まったく個性がない。地域性の表情を見せてくれません。

朝食:ホテルルートイン石岡

朝食:ホテルルートイン石岡

朝食:ホテルルートイン石岡

朝食:ホテルルートイン石岡

朝食:ホテルルートイン石岡

朝食:ホテルルートイン石岡

これがホテルルートインの長所であり、弱点でもある。
批判したくとも、ガッチガチの上質なフォーマットができあがっており、隙を見せてくれない。

(グレードは非常に高いです。誤解がないように!!)

 

いきいき茨城ゆめ国体2019 :ホテルルートイン石岡

国体の時期での宿泊でした。館内には、それこそ体育会系のごつい方々がたくさんいらっしゃいました。

「ようこそ石岡へ」:ホテルルートイン石岡

「ようこそ石岡へ」:ホテルルートイン石岡

石岡市は、バドミントンの会場だったようです。

石岡市は、バドミントンの会場だったようです。

 

お世話になりました!

宿泊費が高い!と申しましたが、このときでシングル料金「7900円」だったから、言うほど高額ではないか。節約旅行だと、6000円以内に収めたいとついつい思ってしまいますね!反省。

海外だったら、150US$くらいはしますね。

自転車はホテル裏に固定していました。

自転車はホテル裏に固定していました。

外観:ホテルルートイン石岡

外観:ホテルルートイン石岡

「泊まる茨城」とは・・・
茨城県内を旅するにあたり、宿泊したときの模様を実体験を通して、感じたことをレポートします。
レポートは「愛情」を持って接し、宿泊先を陥れるようなことがないよう、配慮します。
レポート内容は、取材時においての内容になります。

 

関連サイト

#常行三昧の旅19 190930
#稲吉石岡の旧水戸街道の旅19 190929

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です