動画「第六回 西塩子の回り舞台」をUPしました!

第六回 西塩子の回り舞台

 

平成09年(1997)に茨城県常陸大宮市で復活し、2,3年ごとに行われている『西塩子の回り舞台』
現存する組立式歌舞伎舞台としては、日本最古と言われています。

常陸大宮の有志により組み立てられる「回り舞台」は、数多くの賞を受賞しています。

第3回 むらの伝統文化顕彰 農林水産大臣賞
第8回 ふるさとイベント大賞
第28回 サントリー地域文化賞
第1回 ティファニー財団伝統文化振興賞 (など)

平成18年(2006)には、5年掛けて創られた「平成の大幕」が発表されました。

以前は、2日間の公演を行っていましたが、今年令和元年は10月19日の一日のみの公演予定となっています。

2006年の2日間公演の際、初日の来場者数は2,3000人。二日目の来場者数は1000人程度、と司会者発表がありました。

写真は2016年に撮影したものです。一部、2006年撮影分となっています。

いばらきだいすき セカンドシーズン

Powered by Studio Ibaraki Daisuki co.Ltd,
… #常陸大宮市ID

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です