茨城百景_稲田御房西念寺

茨城百景_稲田御房西念寺

茨城百景 名称 稲田御房西念寺
読み方 いなだごぼうさいねんじ
包括風景 板敷山大覚寺,石切山脈
地域 茨城県笠間市
碑の現存 現存する
実際の碑への記載 稲田御房西念寺
説明 2013年(平成23年度)に、JR水戸線 稲田駅前から、稲田禅房西念寺敷地内に移設された。(笠間観光協会調べ)
関連リンク
注釈
170826-27 #常陸太田の旅17
190104 #笠間稲田の軽登山19

稲田御房西念寺

西念寺 山門〔茨城県笠間市稲田〕

西念寺 山門〔茨城県笠間市稲田〕

水戸線稲田駅から国道50号を1キロ南下した場所に、西念寺〔茨城県笠間市稲田〕があります。

駐車場に茨城百景碑「稲田御房西念寺」がありますが、5年ほど前までは、先の稲田駅前に設置されていました。
これは平成25年に、稲田駅前に「石の百年館」を移設される際に、碑を移転したものです。

杉のそびえる山道を進むと、西念寺山門があります。
建保元年(1217)、越後への流罪を許された親鸞は、この地の領主稲田九郎頼重の招きで稲田を訪れ、草庵を結びました。以後20年間関東、東北にかけて布教につとめ、元仁元年(1224)、親鸞の思想のひとつである「教行信証」をこの地で完成させました。

 

板敷山大覚寺

親鸞法難の地 大覚寺

板敷山 大覚寺 本堂〔茨城県石岡市大増〕

板敷山 大覚寺 本堂〔茨城県石岡市大増〕

旧八郷町(現・石岡市)北側の恋瀬川源流である板敷山の麓に、浄土真宗 大覚寺〔茨城県石岡市大増〕があります。
浄土真宗の開祖「親鸞の法難の地」として知られています。鎌倉時代、親鸞の名声を妬んだ播磨房弁円が、三十数人の弟子を従えて待ち受け、稲田から府中(石岡市)へ通ずる道を往還する親鸞を殺害しようとして果たさなかった場所です。

裏見なしの庭

大覚寺 裏見なしの庭

大覚寺 裏見なしの庭

市指定の名称として知られる大覚寺の庭園は、回遊式庭園の様式をとり、京都にある「桂離宮」を模して造園したものです。どの角度から見ても裏がないことから「裏見なしの庭」と称されています。

 

 

茨城百景_石切山脈

茨城百景_石切山脈

茨城百景 名称 稲田御房西念寺
読み方 いなだごぼうさいねんじ
包括風景 板敷山大覚寺,石切山脈
地域 茨城県笠間市
碑の現存 現存する
実際の碑への記載 石切山脈
説明
関連リンク
注釈

 

石切山脈

石切山脈〔茨城県笠間市稲田〕

石切山脈〔茨城県笠間市稲田〕

水戸線稲田駅から北西に1キロ、花崗岩の採掘場「石切山脈」〔茨城県笠間市稲田〕があります。
明治以来、「稲田みかげ」と呼ばれ、東京を中心に建築材料として使われてきました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です