旧筑波鉄道 雨引駅のコスモ星丸

継続する科学万博

旧筑波鉄道雨引駅(茨城県桜川市/旧真壁郡大和村)の跡地に日清フーズコンテナが置かれています。
そのコンテナに怪しいコスモ星丸が描かれています。こういったイラストが描かれた時代、昭和60年頃だとデザインは手仕事で行なわれており、いかにも“人が描きました”みたいなものが多い時代でした。

筑波鉄道とは
国鉄常磐線土浦駅(茨城県土浦市)と、国鉄水戸線岩瀬駅(茨城県桜川市/旧 岩瀬町)を結んでいた鉄道。最寄り駅に筑波山の麓、筑波駅(現在は筑波山口駅と改称)(茨城県つくば市/旧 筑波町)がある。筑波鉄道廃線後は、路線跡地を活用したサイクリングロード「つくばりんりんロード」として整備されている。
旧筑波鉄道_雨引駅_日新フーズのコンテナ

旧筑波鉄道_雨引駅_日新フーズのコンテナ

旧筑波鉄道雨引駅があった跡地付近に、車のコンテナ部分だけが残されています。

 

日新フーズのコンテナ_右下にコスモ星丸の手書きのイラスト

日新フーズのコンテナ_下にコスモ星丸の手書きのイラスト

コンテナの下部分にはコスモ星丸のイラストが描かれており、科学万博つくば’85 が開催された昭和60年代の代物であることが伺え知れます。

 

怪しいコスモ星丸君の手描きイラスト

怪しいコスモ星丸君の手描きイラスト

それにしても怪しい星丸君です(^^;)。コスモ星丸デザイン規定があるはずなのに、まったく似ていない星丸君・・・。

 

このページについて

このページは、2003年03月22日時点の情報に基づいて、2005年02月21日に書かれています。
また、本文は当時の原稿を加筆修正している関係で、初出典時と写真や表現が異なる場合がございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です