第53回 水郷潮来あやめまつり 2004 040619

第53回須郷潮来あやめまつり

茨城県土浦市県南)、潮来市鹿行):2004年06月19日(土)取材

 

水郷潮来あやめ祭り

霞ヶ浦の南側にある、潮来市。
JR鹿島線 潮来駅から歩いて5分のところに、「前川あやめ園」があります。
ここ前川あやめ園では、6月の季節に “あやめ” が咲き乱れ、観光客の目を楽しませてくれます。
宿泊施設もあやめ園周辺に多いのですが、ここ数年は日帰り客の比率が高まり、観光地としてはそろそろ調整が必要な時期になりつつあるようです。
「十二橋廻り」や「嫁入り舟」など、観光地としてりっぱに“何か”をやろうとしているところに、好感が持てます。

 

茨城県の6月の定番観光と言えば、潮来(いたこ)でのあやめ祭り。
06月01日から30日までの1ヶ月間、水郷潮来にて「あやめ祭り」が行なわれるのです。
現在、茨城県には大型の台風が近づいているそうですが、今日明日と天候に大きな崩れはなさそうです。

今回のあやめ祭りの目標は下記の通りです。

あやめ祭りでの目標
・ジェットホイルつくばで土浦港から潮来港を目指す
・昨年(2003)見逃した「嫁入り舟」、「あやめ踊り」を観る
・帰りは大洗鹿島線経由で水戸を目指し、水戸から常磐線で帰ってくる
・水戸にて保和苑(ほわえん)に寄り、アジサイを観る

去年2003年のあやめ祭り訪問は日帰りでしたが、今年は潮来市内で1泊します。
時間的に余裕があるし、なんとなく“目標”を攻略できそうな気がします(^^)。

取手駅で電車の乗り継ぎ。取手駅向こうのホームの関東鉄道常総線の出発を見送り、常磐線の下りを待ちます。今日は土曜日なので電車はがらがらかと思いきや、学生さんたちで車内はほどほどに賑わっています。それも牛久駅あたりを過ぎると落ち着いてきます。

関東鉄道常総線<br>ここ取手駅から水海道、下館方面に行く気動車です。2両編成。いつか乗ってみたい。

関東鉄道常総線
ここ取手駅から水海道、下館方面に行く気動車です。2両編成。いつか乗ってみたい。

ジェットホイルつくばで土浦港を発つ!(目標1)

電車は08時10分くらいに土浦駅に到着です。
わたしの乗っていた常磐線前側4両は、ここ土浦駅が終点扱いで切り離し作業を行ないます。そのため少しの間、電車は土浦駅に停車します。

土浦駅に到着<br>上野方面から来る下り常磐線は、ここ土浦駅で車両切り離し作業が行なわれます。

土浦駅に到着
上野方面から来る下り常磐線は、ここ土浦駅で車両切り離し作業が行なわれます。

常磐線 切り離し作業<br> この常磐線は、土浦駅から先は先頭の4両が終点扱い。切り離し、車庫に入ります。

常磐線 切り離し作業

この常磐線は、土浦駅から先は先頭の4両が終点扱い。切り離し、車庫に入ります。

土浦駅のコンビニでSuica君仕様のミネラルウォーター(バッチ付)と、見慣れないジョージアを購入。改札を抜け、霞ヶ浦方面に当たる東口へ向かいます。
残念ながらJR貨物の土地には、つくばエクスプレス(TX)の車両はありません。

ペンギン Suica君のキャンペーン中<br>JRの駅コンビニに貼ってある、Suica君の顔百変化。かわいいにゃ~♪(´-ω-`)ゴロゴロ。

ペンギン Suica君のキャンペーン中
JRの駅コンビニに貼ってある、Suica君の顔百変化。かわいいにゃ~♪(´-ω-`)ゴロゴロ。

変わったデザインのジョージア<br>缶コーヒータイプではなく、缶ボトルタイプ?です。クリアビター。

変わったデザインのジョージア
缶コーヒータイプではなく、缶ボトルタイプ?です。クリアビター。

土浦駅 JR貨物の敷地<br /> 来年2005年の開業に向け、ここ土浦駅からTX車両の納品がありました。<br> 【 過去二度ほど、土浦駅にてつくばエクスプレス車両と出会ってます 】<br> ・常磐線土浦駅の旧線跡と土浦の町並み〔丸井土浦店跡、小網屋解体〕 040131<br> ・TX車両、小網屋、土浦第一高校、真鍋機関区_040421

土浦駅 JR貨物の敷地
来年2005年の開業に向け、ここ土浦駅からTX車両の納品がありました。

土浦港のジェットホイル乗り場に行く<br>土浦駅前の通りを歩き、乗り場に行きます。目の前は「霞ヶ浦グランドパレス」。

土浦港のジェットホイル乗り場に行く
土浦駅前の通りを歩き、乗り場に行きます。目の前は「霞ヶ浦グランドパレス」。

08時30分くらいに、霞ヶ浦土浦港のジェットホイル乗り場に着きました。
窓口で片道(土浦→潮来)の「乗船券」を購入します。今回もVIP席を確保しようか迷ったところですが、目的である、船の最後尾の席を確保できたのでVIP席はパスすることにしました。

ジェットホイルつくば号の案内<br>このような看板が、6月の潮来あやめまつりの時期のみ出ています。

ジェットホイルつくば号の案内
このような看板が、6月の潮来あやめまつりの時期のみ出ています。

第53回あやめまつりのポスター<br>ポスターは少し色落ちしていますが、あやめまつりの様子が感じ取れます。

第53回あやめまつりのポスター
ポスターは少し色落ちしていますが、あやめまつりの様子が感じ取れます。

ジェットホイルつくば 窓口と待合室<br>ごちゃごちゃした感じがしますが、これも土浦流なのかしら。。。

ジェットホイルつくば 窓口と待合室
ごちゃごちゃした感じがしますが、これも土浦流なのかしら。。。

乗船券(片道)<br>土浦港から潮来港までは、大人2000円です。

乗船券(片道)
土浦港から潮来港までは、大人2000円です。

待合室にて<br>ポリタンクやドラム缶などが放置。こういうのは片付けた方が良いと思います。。

待合室にて
ポリタンクやドラム缶などが放置。こういうのは片付けた方が良いと思います。。

色落ちしたポスターやサイン色紙<br>こういうのも、汚れてきたら取り替えるなどした方が良いと思います。。

色落ちしたポスターやサイン色紙
こういうのも、汚れてきたら取り替えるなどした方が良いと思います。。

楽しい「ジェットホイルつくば」での船旅

09時、出航。
ジェットホイルつくば号は、ズバーっと土浦港を離れていきます。
エンジンと波しぶきの爆音で、最後尾の席では船長さんのアナウンスがかき消されてしまいます。船長さんが何を言っているのかまったく分かりません。

ジェットホイルつくば号、土浦港を出港!<br>ドドドド!!!と、あっという間に土浦港から離れていきます。

ジェットホイルつくば号、土浦港を出港!
ドドドド!!!と、あっという間に土浦港から離れていきます。

このジェットホイルつくばの最大の特徴は、観光用のテープをだらだら流すのではなく、船長さんが目に付いたことや気がついたことを、その場でリアルタイムに解説してくれるのがウリなのです。その解説が聞けないなんて、納得がいきません!
出航して数分後には、「VIP席」券を購入し、運転席階のVIP席に座っている自分がいました・・・(ーー*)センチョウサン、ヨロシク・・・。

黒田船長さん<br>今年もよろしくお願いします。2階の操縦室兼VIPルームにて。

黒田船長さん
今年もよろしくお願いします。2階の操縦室兼VIPルームにて。

VIPルーム券<br>乗船券とは別に500円を追加するだけで、眺めの良いシートに座ることができるのです。

VIPルーム券
乗船券とは別に500円を追加するだけで、眺めの良いシートに座ることができるのです。

やっぱりVIP席にして良かったです。
黒田船長さんの解説は大変おもしろい!
以下、黒田船長コメントの抜粋。

・竹ノ塚には横穴式古墳がある
・阿見には競馬馬のトレーニングセンターがある
・コイの養殖場はコイヘルペスが原因で、3分の2の業者が廃業に追い込まれている
・横引き船は手長海老を捕っているが、通常はもっと早い時間帯に行なう
・遠くに見える煙突は旧医科歯科大学で、現在は利用されていない
・桜川村には6つのゴルフ場がある
・土浦港周りの水は汚いが、この辺り(霞ヶ浦の真ん中)だときれいだ
・霞ヶ浦のところどころに刺さっている竹は信号で、漁師さんが目印として利用している
・浮島は萱の名産地。萱葺き屋根など現在では少なくなったが日本一だ
・霞ヶ浦は水門により“ダム”として利用されるようになったが、その結果水質が悪化した
・国民宿舎白帆荘は、風呂を大きくした
・たくさんの竹ざおが刺さっているのは、定置網漁だ
・「十二橋めぐり」の舟があの水門(横利根川水門)から出てくる
・水上交通で栄えたが、車社会化で水上交通が衰えた
・水上交通の内陸通運は自分の父、黒田氏が興した
・黒田氏は今生きていると、110歳くらい。98歳まで生きた

などなど、時間があればまだまだネタが出てくるトーク。
もっともっと聞きたいのに、無常にも(?)ジェットホイルは潮来港に到着してしまいました。

船内に流れた放送のいくつかは、わたしが直接船長に質問をし、その都度、回答していただいたものです。それにしても、わたしは大満足(*^O^*)。降りるときに感謝のお礼を言いました。

「あの水門(横利根川水門)」<br>十二橋巡りの舟は、まもなく潮来港に着く前の、あの水門(横利根川水門)に入っていき、観光巡りをするそうです。

「あの水門(横利根川水門)」
十二橋巡りの舟は、まもなく潮来港に着く前の、あの水門(横利根川水門)に入っていき、観光巡りをするそうです。

ジェットホイルつくば号<br>土浦港では後方側面から乗船しましたが、ここ潮来港では前面のハッチが開き、ここから下船します。

ジェットホイルつくば号
土浦港では後方側面から乗船しましたが、ここ潮来港では前面のハッチが開き、ここから下船します。

記念撮影<br>十二橋巡りをした他の団体さんの記念撮影を撮影。

記念撮影
十二橋巡りをした他の団体さんの記念撮影を撮影。

超高速船ジェットホイルつくば 時刻表<br>あやめまつりの期間中、平日は2往復、土日祝日は3往復する模様。

超高速船ジェットホイルつくば 時刻表
あやめまつりの期間中、平日は2往復、土日祝日は3往復する模様。

 

第53回 水郷潮来あやめまつり

さあ、あやめ祭りは、ここからが本番です!

早速、前川あやめ園の中をぐるぐる歩き回ります。
ただいまの時刻は、10時30分を過ぎたところです。
11時から「嫁入り舟」のイベントが始まる予定です。
じりじりと強い太陽が照りつける中、嫁入り舟の様子を撮影すべく、場所取りを行ないます。

前川あやめ園<br>まだ午前中ですが、日差しが強く、あやめがしおれてしまわないか心配です。

前川あやめ園
まだ午前中ですが、日差しが強く、あやめがしおれてしまわないか心配です。

あやめ祭りなので(→)

あやめ祭りなので(→)

あやめをしっかりと撮影しておきます。

あやめをしっかりと撮影しておきます。

あやめが一円に広がります<br>あやめを鑑賞するのは、午前中に限りますね~。

あやめが一円に広がります
あやめを鑑賞するのは、午前中に限りますね~。

嫁入り舟(目標2)

11時、嫁入り舟のイベントが始まりました。

お嫁さんがゆっくりとした足取りで、あやめ園内を歩きます。
仲人さんもいます。
といっても、このイベントでの花嫁は、「あやめ娘」が演じているとのことです。当然のごとく、仲人役の方も演じ人です。このイベント自体が「演技」なのです。
毎回毎回本物のお嫁さんを用意するわけにも行きませんし、当然と言ってしまえば当然ですね(^^;)。

嫁入り舟<br>昔、潮来地方ではお嫁さんが嫁ぐとき、舟に乗って出向いたそうです。舟はここ前川から常陸利根川まで出てイベントは終了します。

嫁入り舟
昔、潮来地方ではお嫁さんが嫁ぐとき、舟に乗って出向いたそうです。舟はここ前川から常陸利根川まで出てイベントは終了します。

花嫁が舟に乗り込み、手漕ぎで船頭さんが舟を出します。
舟はゆっくりと前川を進み、常陸利根川に出ます。そして、くるりと回って岸に舟をつけて、このイベントは終了します。およそ30分くらいかかってのイベントです。

舟は常陸利根川まで出る<br>この後、舟はUターンしてこちらの岸に接岸します。

舟は常陸利根川まで出る
この後、舟はUターンしてこちらの岸に接岸します。

接岸<br>荷を下ろし、お嫁さん(あやめ娘)も下ります。

接岸
荷を下ろし、お嫁さん(あやめ娘)も下ります。

お嫁さん(あやめ娘)<br>この後、お嫁さんは潮来市の車に乗り、移動してしまいました。

お嫁さん(あやめ娘)
この後、お嫁さんは潮来市の車に乗り、移動してしまいました。

潮来ホテルで昼食

12時過ぎ。
そろそろお昼時。常陸利根川付近の食事屋さんはどこも混んでいます。ふらふら歩き回って見つけたのが、「潮来ホテル」のレストラン。ランチもやっているようですし、今日のお昼はここにしますか~(^^)。
2階がレストランになっており、席に案内されます。

潮来ホテル<br>潮来市街地の中でも大きめのホテル。入口には「あやめ祭り」の提灯がぶらさがり、良い感じにお祭りを盛り上げています。

潮来ホテル
潮来市街地の中でも大きめのホテル。入口には「あやめ祭り」の提灯がぶらさがり、良い感じにお祭りを盛り上げています。

食べたかったのが、一番安い「白身魚のフライ」(1050円)。これだけだと悪いので、アイスコーヒーも注文しました。アイスコーヒーは570円もします(TT)。高いな~(´・ω・`)。

白身魚のフライ 定食<br>潮来ホテル レストランのランチ。若干お値段が高い気もしますが、ホテルの食事ならこのくらいかも。トマトが混ざったタルタルソースが、白身魚のフライの食欲を盛り立ててくれます。おいしかったですよー。

白身魚のフライ 定食
潮来ホテル レストランのランチ。若干お値段が高い気もしますが、ホテルの食事ならこのくらいかも。トマトが混ざったタルタルソースが、白身魚のフライの食欲を盛り立ててくれます。おいしかったですよー。

コールドスープ<br>ランチに着いてくる、コールドスープ。食前に提供されます。

コールドスープ
ランチに着いてくる、コールドスープ。食前に提供されます。

アイスコーヒー<br>食事のドリンクは、割引して欲しいです。。。

アイスコーヒー
食事のドリンクは、割引して欲しいです。。。

日が上って暑くなってきました

食事をし終わり、やることがなくなってしまいました・・・。
少し早いですが、本日お世話になる「潮来ステーションホテル」に行ってみることにします。しかし、「チェックインは15時から」とのことで、チェックインできませんでした・・・(´・ω・`)。

前川橋のモニュメント<br>歓迎 ようこそ水郷潮来へ

前川橋のモニュメント
歓迎 ようこそ水郷潮来へ

鹿島線 潮来駅前のモニュメント<br>歓迎 ようこそ水の郷 潮来へ

鹿島線 潮来駅前のモニュメント
歓迎 ようこそ水の郷 潮来へ

仕方なく、常陸利根川の日陰で時間をつぶすことに・・・。
買いだめしてあった、茨城新聞や常陽新聞、日経MJ、家から持ってきていた読売新聞を読破します・・・。さすがに4誌も読んで、疲れでウトウトしていると、チェックイン時刻である15時を迎えることができます(^^;)。

 

チェックイン (おまけ:潮来ステーションホテル)

コンビニで飲み物やおにぎりを買い、ホテルにチェックイン。

シャワーを浴びて、クーラーを入れた部屋で体調を整えることにしました・・・。ずーっとTVを観てました・・・。15時にチェックインして、24時までずっとホテルに缶詰・・・。これでいいのかしら?(´・ω・`)。

潮来ステーションホテル<br>JR鹿島線 潮来駅前にあるビジネスホテル。

潮来ステーションホテル
JR鹿島線 潮来駅前にあるビジネスホテル。

室内全景<br>窓際に机とイスがあり、なかなかの設備ですね。

室内全景
窓際に机とイスがあり、なかなかの設備ですね。

ベッドも広い<br>幅広のベッド。

ベッドも広い
幅広のベッド。

窓からは、潮来駅ホームが見える<br>本数は少ないものの、潮来駅を発着する電車が見えるので、鉄オタは感激でしょう。

窓からは、潮来駅ホームが見える
本数は少ないものの、潮来駅を発着する電車が見えるので、鉄オタは感激でしょう。

ユニットバス<br>固形石けんと、使い切りのリンスインシャンプーのパックがあります。

ユニットバス
固形石けんと、使い切りのリンスインシャンプーのパックがあります。

蛇口まわり<br>きれいに清掃されています。

蛇口まわり
きれいに清掃されています。

 

夜中にあやめ園を散策

(↓上から続く)と思ったので、24時過ぎにカメラを持って外出。

あやめは夜に観た方が良い<br>あやめに夜は似合うと思います。ぜひ潮来に宿泊して、夜のあやめ園を楽しんでいただきたいですね~。

あやめは夜に観た方が良い
あやめに夜は似合うと思います。ぜひ潮来に宿泊して、夜のあやめ園を楽しんでいただきたいですね~。

前川を照らすぼんぼり<br>ライトアップされた前川沿い。

前川を照らすぼんぼり
ライトアップされた前川沿い。

明るく輝く「ようこそ水の郷 潮来へ」<br>夜に観た方がきれいだ。

明るく輝く「ようこそ水の郷 潮来へ」
夜に観た方がきれいだ。

夜の前川あやめ園を撮影しました。
コンビニでお夜食の弁当などを買い込み、再びホテルに戻ります。
TVを観ながらウトウトです(==)。

潮来駅構内 改札<br>しずかなローカル線の改札です。

潮来駅構内 改札
しずかなローカル線の改札です。

コンビニで弁当を買ってくる<br>ホテルの室内でお夜食をいただきます。

コンビニで弁当を買ってくる
ホテルの室内でお夜食をいただきます。

明日は午前中、潮来あやめまつりを楽しみ、大洗鹿島線で水戸駅を経由して帰る予定です。

 

 


Re:ぶらり茨城(2019年02月03日記載)

【 現在の『潮来あやめまつり』の嫁入り舟は、本物のお嫁さんです 】

水郷潮来あやめまつりは、潮来市の重要な観光イベントです。
この作品の2004年に訪問した当時は「嫁入り舟」のイベントが始まったばかりの頃で、この頃はお嫁さんは“あやめ娘”が演じていました。

この年以降くらいから、“本物のお嫁さん”が一部参加する形となりました。現在では嫁入り舟に出演?したい本物のお嫁さんの応募は競争率がたいへん高いと伺っています。そのためか、最近では「夜の嫁入り舟」と称して、夜に嫁入り舟を行なう日程が組まれ、嫁入り舟“枠”が増やされています。

2018年06月16日 の 夜の嫁入り舟

2018年06月16日 の 夜の嫁入り舟

 

このページについて

このページは、2004年06月19日に取材した内容に基づき、2004年10月24日に書かれています。本文は当時の原稿を加筆修正している関係で、初出典時と写真や表現が異なる場合がございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です