TX車両、小網屋、土浦第一高校、真鍋機関区_040421

TX車両_小網屋_土浦第一高等学校_真鍋機関区

茨城県土浦市県南):2004年04月21日(水)取材

09時30分頃起床。
今日は平日水曜日。平日の休みなんて、久しぶりだにゃ~(´-ω-`)♪。

朝食とも昼食ともつかない、食事を近所の安楽亭で食します。
そのまま最寄り駅へ向かい、Suicaを自動改札機に通して電車に飛び乗りました。

柏駅から白電の常磐線に乗ります。幸いなことに、トイレ前のボックス席が空いていましたので、陣取ります(^^)。やっぱり旅はボックス席ですね~。

常磐線 白電のボックス席車両<br>旅はやはり、ボックスシートを独占して、車窓を眺めるのが一番です(^^)。

常磐線 白電のボックス席車両
旅はやはり、ボックスシートを独占して、車窓を眺めるのが一番です(^^)。

 

常磐線 土浦駅:つくばエクスプレスの車両

下り常磐線、進行方向右手の席。
このまま土浦駅まで入っていくと、まもなく右手にJR貨物の保留線が見えます。もしかしたら、つくばエクスプレス(TX)の車両が入っているかもしれないと、ドキドキしながら土浦駅を待ちます。桜川に掛かる「第一桜川橋梁」にはつくばエクスプレスの車両はありませんでした・・・(´・ω・`)。

そうそう車両がいるわけない~と思いましたが、油断せずに見ていると、土浦駅の敷地内の退避線路に、つくばエクスプレスの車両がありました!!(@@)。おおー、こりゃついているワイ!と、ちょっとだけいい気分。Suicaを改札に通し、東口への高架橋(自由通路)を歩きます。

土浦駅 貨物敷地につくばエクスプレスの車両が見える<br>土浦駅貨物の引込線に、つくばエクスプレスの車両が待機しているのが見えます。

土浦駅 貨物敷地につくばエクスプレスの車両が見える
土浦駅貨物の引込線に、つくばエクスプレスの車両が待機しているのが見えます。

 

土浦駅東口の階段を下り、JR貨物の敷地を目指します。
敷地内にはつくばエクスプレスの車両。警備員の方もいらっしゃいます。こういうときはきちんと挨拶をすれば見せていただけるものです。実際、きちんと挨拶をして、カラーコーンの外から撮影をさせていただけましたし、「見ているから(カラーコーンの)中に入って撮影して良いですよ」みたいな感じになって、かなり近くに寄ってまで撮影することができました(^^)v。

一両ごとに区分されている<br>車両は一般道を使って移動させるため、一両ごとに切り離されています。

一両ごとに区分されている
車両は一般道を使って移動させるため、一両ごとに切り離されています。

正面から<br>先頭車両は納品時に傷などがつかないよう、青いビニルでコーティングされています。

正面から撮影
先頭車両は納品時に傷などがつかないよう、青いビニルでコーティングされています。

つくばエクスプレス タイヤバージョン<br>一般車堂を牽引して移動させるため、車両にはタイヤが装備されています。

つくばエクスプレス タイヤバージョン
一般車堂を牽引して移動させるため、車両にはタイヤが装備されています。

警備の方にお話を伺うと、「今週の金曜(2004年04月23日)までに、ここにある車両をTXつくば駅に納品する」と言うことと、「今回の納品を持って車両の納品はひと段落つき、当分こういった納品作業はありません」とのこと。
一般道を使用しての納品は日中は行わず、深夜に行ないます。夜まで車両の移動は無いようです。

牽引用のベルト<br>車両には青色の牽引用のベルトが装着されています。その先には・・・(→)

牽引用のベルト
車両には青色の牽引用のベルトが装着されています。その先には・・・(→)

牽引車<br>大型トレーラーを牽引する、牽引車両がスタンバイしています。

牽引車
大型トレーラーを牽引する、牽引車両がスタンバイしています。

つくばエクスプレス車両の納品<br>もともと、土浦駅にTX車両がいて見学できたのも偶然だし、もう二度とお目にかかれないであろう。

つくばエクスプレス車両の納品
もともと、土浦駅にTX車両がいて見学できたのも偶然だし、もう二度とこういう風景にはお目にかかれないであろう。

たっぷり撮影できたので、場を去ることにします。
警備員の方に挨拶をして、霞ヶ浦(土浦港)に向かうことにしました。

 

霞ヶ浦 土浦入り

霞ヶ浦 土浦入り<br>休日ともなると、この土浦入り周辺では釣り糸をたらす人たちで賑わうことがあります。が、今日は平日。

霞ヶ浦 土浦入り
休日ともなると、この土浦入り周辺では釣り糸をたらす人たちで賑わうことがあります。が、今日は平日。

平日のためか、ヨットハーバーの辺りはぽつぽつと釣り人しかいません。気になったのが、敷地内に駐車している車が荒らされており、それがそのまま放置されていること。曲がりなりにもここは観光地なのですから、早く撤去したほうがよいと思うのですが・・・(´・ω・`)。

廃車両 その1<br>この日確認しただけで、三台もの不審車両が敷地内に放置されていました。

廃車両
この日確認しただけで、三台もの不審車両が敷地内に放置されていました。

いったい何が、(→)

いったい何が、(→)

(→)あったのでしょうか!?

(→)あったのでしょうか!?

フリッパー号やレストラン ランデブーの塗装がしっかりとメンテナンスされていて、大変気分がよかったです(^^)。

フリッパー号<br>きれいに塗装メンテナンスされています。京成マリーナさんのやる気?が感じられます。

フリッパー号
きれいに塗装メンテナンスされています。京成マリーナさんのやる気?が感じられます。

フリッパー号 「うがー」<br>こういう角度でフリッパー号が撮影されることってないかも(^m^)。

フリッパー号 「うがー」
こういう角度でフリッパー号が撮影されることってないかも(^m^)。

ランデブー<br>こちらも建物がきちんとメンテナンスされています。清々しいですね。

ランデブー
こちらも建物がきちんとメンテナンスされています。清々しいですね。

案内塔<br>色落ちもなく、お客様を迎え入れる準備が万端ですね!(^O^)v。

案内塔
色落ちもなく、お客様を迎え入れる準備が万端ですね!(^O^)v。

プロムナードの木漏れ日<br>川口運動公園を取り巻く、プロムナードの木々が緑いっぱい。まさに“春!”って感じです。

プロムナードの木漏れ日
川口運動公園を取り巻く、プロムナードの木々が緑いっぱい。まさに“春!”って感じです。

 

土浦ニューウェイからモール505

土浦高架橋(土浦ニューウェイ)下の「川口川閘門」をくぐり、モール505前にたどり着きます。

川口川閘門<br>土浦駅の東口から西口に行く近道。昔はここと霞ヶ浦がくっついていました。

川口川閘門
土浦駅の東口から西口に行く近道。昔はここと霞ヶ浦がくっついていました。

 

モール505を歩きますが、今日が水曜ということもあってか、“定休日”の店が多い感じ。「休むな」とは言いたくありませんが、客商売たるもの、このご時世、店を休まずに営業をする店舗が多いわけですから、ちょっとは努力してほしいですね~(--;)。この辺が、土浦スタイルなのかしら?。

定休日だった?モール505<br>水曜日を定休日にしているお店が多いのかしら??

定休日だった?モール505
水曜日を定休日にしているお店が多いのかしら??

 

小網屋

モール505を抜けると、そこは小網屋でした。

小網屋 解体中<br>モール505を通り抜けると、小網屋。解体工事は終盤を迎えています。

小網屋 解体中
モール505を通り抜けると、小網屋。解体工事は終盤を迎えています。

ちょっと来ないうちに小網屋は、すっかり解体作業が進んでいました。すでに小網屋の外壁は地上からは確認できず、高架橋に上がって上から見て確認できるほどでした。小網屋が解体されて感じたのは、すいぶんと辺りに日が差すようになり、明るくなったなーってことでした。これはこれでよかったのかもしれませんね~(^^)。

土浦駅方面を眺める<br>左店が土浦東武ホテル(閉鎖)。奥にそびえるのがウララビル。右手の防音、防護壁に囲まれ、解体作業中なのが小網屋本店です。高架橋バス停から撮影。

土浦駅方面を眺める
左店が土浦東武ホテル(閉鎖)。奥にそびえるのがウララビル。右手の防音、防護壁に囲まれ、解体作業中なのが小網屋本店です。高架橋バス停から撮影。

亀城公園方面を眺める<br>土浦名店街などがあります。土浦ニューウェイは左に折れ、筑波方面へと続きます。

亀城公園方面を眺める
土浦名店街などがあります。土浦ニューウェイは左に折れ、筑波方面へと続きます。

小網屋解体中の警備員の方にお話を伺うと、「今月中に解体作業を終える予定だったが、来月までずれ込みそう」、「地下の基礎部分の撤去までは指示されていないので、その作業が入った場合、さらに工事が遅れる」というものでした。
跡地が何になるかも知らされていないようです。更地になるのかな~って思ってましたが、そうでもないのかしら?(??)。

防護シート隙間から撮影<br>風で防護シートがひらひらしていたその隙間から、解体現場内を撮影します。

防護シート隙間から撮影
風で防護シートがひらひらしていたその隙間から、解体現場内を撮影します。

小網屋の裏手<br>機材搬入出口として利用。こちら側からは、小網屋の建築部分は確認できず。

小網屋の裏手
機材搬入出口として利用。こちら側からは、小網屋の建築部分は確認できず。

 

土浦名店街

小網屋の裏口も確認し、その足で『土浦名店街』を通り抜けます。もう、ここも“役割”が終わったような感がありますね~(TT)。

土浦名店街<br>この通りを通り抜ける必然性(導線)がなくなってしまった今、再考をするときです。

土浦名店街
この通りを通り抜ける必然性(導線)がなくなってしまった今、再考をするときです。

 

中央通商店街

中央通商店街を歩きます。水曜日ということもあって、ほとんどのお店が定休日。ぽつぽつとしか営業しているお店がありません・・・。

亀城公園

亀城公園。
公園では子供たちが野球をやっています。その近くでは酔っ払いがベンチを陣取って何か大きい声を発しています(==)コマッタモンダ。

土浦城 東櫓<br>木々の間から見えるお城が土浦城(東櫓)です。

土浦城 東櫓
木々の間から見えるお城が土浦城(東櫓)です。

亀城公園の藤<br>ベンチ上の格子から、垂れ下がる藤の花が満開を迎えています。

亀城公園の藤
ベンチ上の格子から、垂れ下がる藤の花が満開を迎えています。

亀城公園の池<br>今でこそ池ですが、かつては桜川とつながり、霞ヶ浦へと繋がっていました。

亀城公園の池
今でこそ池ですが、かつては桜川とつながり、霞ヶ浦へと繋がっていました。

 

土浦第一高校旧校舎

国道125号を歩いて上っていきます。
今まで気になっていて一度も行っていない土浦の観光名所がありました。

「土浦第一高校旧校舎」です。

てくてくと歩いていきます。天気もよく、だんだんと汗が噴き出してきます。3~40分歩いたところで、土浦第一高校に着きました。旧校舎の位置がわからず、辺りをうろうろしてしまいます。近くにいた警備の方に伺ったところ、旧校舎は高校の敷地内にあるそうです。

「ゆうもあ村」の看板<br>ゆうもあ村は、すでに閉鎖されていますが、土浦市内の至るところで看板などを目にします。

「ゆうもあ村」の看板
ゆうもあ村は、すでに閉鎖されていますが、土浦市内の至るところで看板などを目にします。

いろいろな事件が起きているこのご時世ですし、勝手に敷地内に入って撮影するのも大人として問題があります。事務所に行って、撮影の許可をいただきました。その後、たんまりと撮影。幸いなことに、敷地内は私服の方が多数いらっしゃったので、私服で撮影している私はそれほど浮いた存在ではありません(^^;)。それでも、周りでは放課後の部活動の学生が練習をしたりしているので、それなりに気を使います(^^;)。

尖塔アーチ<br>ゴシック建築を取り入れた、木造建築。直線的な意匠が重みを感じさせてくれます。

尖塔アーチ
ゴシック建築を取り入れた、木造建築。直線的な意匠が重みを感じさせてくれます。

イオニア式<br>意匠はイオニア式。石造りの構造が、そのまま意匠として採用されたのを再現。

イオニア式
意匠はイオニア式。石造りの構造が、そのまま意匠として採用されたのを再現。

土浦第一高等学校 旧校舎<br>左右対称(シンメトリー)なつくりは、重厚感と神々しさを兼ね備えます。駒杵勤治設計、石井権蔵施工。国指定重要文化財です。

土浦第一高等学校 旧校舎
左右対称(シンメトリー)なつくりは、重厚感と神々しさを兼ね備えます。駒杵勤治設計、石井権蔵施工。国指定重要文化財です。

屋根頂上にもデザイン<br>東西南北(NEWS)を示すイニシャル表記。避雷針機能もあるのかしら?

屋根頂上にもデザイン
東西南北(NEWS)を示すイニシャル表記。避雷針機能もあるのかしら?

床下通気口<br>湿気のある日本では、床下通気口は常識。鉄柵パネルのデザインに注目です!

床下通気口
湿気のある日本では、床下通気口は常識。鉄柵パネルのデザインに注目です!

 

旧・筑波鉄道 真鍋機関区

土浦第一高等学校を後に、土浦駅方面に戻ります。

真鍋街道を歩きます。しばらく進むと、土浦ケーブルテレビの社屋が見えてきました。隣には筑波鉄道の新土浦駅跡があります。

筑波鉄道 新土浦駅 跡<br>左手のビルに土浦ケーブルテレビが入っています。下の道路(つくばりんりんロード)が筑波鉄道の廃線線路跡です。

筑波鉄道 新土浦駅 跡
左手のビルに土浦ケーブルテレビが入っています。下の道路(つくばりんりんロード)が筑波鉄道の廃線線路跡です。

筑波鉄道 新土浦駅 ホームへの階段

筑波鉄道 新土浦駅 ホームへの階段

筑波鉄道 新土浦駅 レール断面

筑波鉄道 新土浦駅 レール断面

ついでに真鍋機関区の社屋も撮影しておきましょう!って、行ってみると、真鍋機関区の建物がきれいさっぱりなくなっていました(TT)。去年(2003)まであった木造の真鍋機関区の社屋が更地になって、駐車場になっていました~(TT)。

筑波鉄道 真鍋機関区 跡地<br>駐車場のところに、大きな木造建築の真鍋機関区がありました。建物だけは残っていたのに、完全に更地になってしまいました・・・(´TωT`)。

筑波鉄道 真鍋機関区 跡地
駐車場のところに、大きな木造建築の真鍋機関区がありました。建物だけは残っていたのに、完全に更地になってしまいました・・・(´TωT`)。

筑波鉄道 真鍋機関区 跡(2002年10月12日撮影)<br>今日(2004年04月21日)に掲載した写真とは撮影角度が正反対ですが、これが真鍋機関区跡。この当時からすでに駐車場として利用されていました。

筑波鉄道 真鍋機関区 跡(2002年10月12日撮影)
今日(2004年04月21日)に掲載した写真とは撮影角度が正反対ですが、これが真鍋機関区跡。この当時からすでに駐車場として利用されていました。

つくばりんりんロードを歩いて、土浦駅方面に行きます。

 

土浦駅

土浦駅前まで戻ってきました。イトーヨーカドーの書籍売り場で本を2冊購入。ドトール隣の携帯ショップ前の新聞販売機で茨城新聞と常陽新聞を購入します。いい時間ですし、夕食でもとりますか。円喜門にて夕食。

明日も休みなので、泊まっていって深夜のつくばエクスプレス車両の納品を見ていこうかと思いましたが、いろいろ考え、帰ることにしました。
土浦駅から出る上り常磐線の車窓から、つくばエクスプレスの車両を眺めます。

常磐線 土浦駅(西口)<br>土浦駅周辺を堪能した一日でした。

常磐線 土浦駅(西口)
土浦駅周辺を堪能した一日でした。

 

 


Re:ぶらり茨城(2019年01月30日記載)

【 たまに散策したくなる、土浦駅周辺 】

じわりじわりと変化していく土浦駅周辺。その中で、2005年に開業を控えたつくばエクスプレスの納品車両に出会えたりするのは、運命のような気がします。

この2004年頃からすでに、土浦駅周辺は経済的によろしくない時期を迎えていまして、訪れるたびに「何か記録を残しておかなければならない」気持ちが芽生え、撮影しながら旅をしています。

今回、リメイク版を作成するに辺り、写真を追加しています。
「筑波鉄道 真鍋機関区」の写真もかなりあることが分かり、近く公開したいと思っています。

筑波鉄道 真鍋機関区 遠景<br>常磐線土浦駅方面から、筑波山方面を眺める。

筑波鉄道 真鍋機関区 遠景
常磐線土浦駅方面から、筑波山方面を眺める。(2002年10月12日撮影)

真鍋機関区 建物全景(2002年10月12日撮影)

真鍋機関区 建物全景(2002年10月12日撮影)

真鍋機関区 建物屋根内側(2002年10月12日撮影)

真鍋機関区 建物屋根内側(2002年10月12日撮影)

真鍋機関区 建物内時計(2002年10月12日撮影)

真鍋機関区 建物内時計(2002年10月12日撮影)

真鍋機関区 レール痕(2002年10月12日撮影)

真鍋機関区 レール痕(2002年10月12日撮影)

 

このページについて

このページは、2004年04月21日に取材した内容に基づき、2005年04月21日に書かれています。本文は当時の原稿を加筆修正している関係で、初出典時と写真や表現が異なる場合がございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です