共楽館(日立武道館)~日立鉱山労働者の娯楽施設

共楽館(日立武道館)~日立鉱山労働者の娯楽施設

共楽館(日立武道館)~日立鉱山労働者の娯楽施設

 

旧 共楽館(日立武道館)

日立市指定有形文化財 (建造物第三号) 平成21年09月30日指定
国登録有形文化財 (建造物 登録番号08-0006) 平成11年07月08日登録

管理者 日立市教育委員会

大正06年(1917)に竣工した共楽館は、日立鉱山の従業員とその家族のための福利厚生施設である。鉱山従業員による設計で、西洋の建築技術を取り入れつつ日本の伝統的な建築意匠を配した、和洋折衷の大型木造建築物である。歌舞伎の上演を想定して建設されたため、館内には回り舞台と格納型の花道があった。

大きさは、建坪約338坪、間口16間、奥行き21.5間、高さ約9.2間、建設費は35,000円という。一階は土間に長椅子がおかれ、不要なときは片付けられた。二階は桟敷。定員は合計で980人であった。

周辺住民にも開放され、地域の文化振興に寄与した。現在は武道館として改造されたが、建設当時の外観をよく残しており、日立鉱山発展を示す産業遺産として貴重な施設である。

 

共楽館で「日立鉱山」に興味を持った

俺っちが、『日立鉱山』関連に興味を持ったきっかけは、イトーヨーカドー日立店で開催された展示展『ふるさと日立と共に』です。

展示展「ふるさと日立と共に」(期間:2017年11月21日~26日)日立駅前のイトーヨーカドーで開催された共楽館創建100周年記念パネル展。NPO法人 共楽館を考える集い 主催。

展示展「ふるさと日立と共に」(期間:2017年11月21日~26日)
日立駅前のイトーヨーカドーで開催された共楽館創建100周年記念パネル展。NPO法人 共楽館を考える集い 主催。

2017年(平成29年)11月21日~26日の期間、イトーヨーカドー日立店〔茨城県日立市〕で、NPO法人 共楽館を考える集い主催による『 共楽館創建100周年記念パネル展』が開催されました。
同展示展は、映画「ある町の高い煙突」の映画化を記念した側面もあり、最終日26日は松村克弥監督も来場され、トークショーが行なわれました。

 

共楽館(日立武道館)を見学する

今回の登山旅( #袋田の山の旅20 )初日は、日立市にやってきました。
最初は、日鉱記念館〔茨城県日立市宮田町〕を見学。

日鉱記念館を見学。入館したのは、二度目です。

日鉱記念館を見学。入館したのは、二度目です。

 

帰りのバスで、日立武道館前で下車しました。

共楽館(日立武道館)を側面から。

共楽館(日立武道館)を側面から。

コロナウイルス対策をしています。

コロナウイルス対策をしています。

共楽館(日立武道館)〔茨城県日立市白銀町〕へは16時過ぎの訪問。入館するのは初めてです。係の方に館内を一緒に回っていただき、順を追って説明していただけました。

1階 回り廊下部分。

1階 回り廊下部分。

水道回りは当時のまま残る。

水道回りは当時のまま残る。

サッシ(建具)も当時のまま。

サッシ(建具)も当時のまま。

2階回り廊下。当時の床板。

2階回り廊下。当時の床板。

2階、出演者控え室。

2階、出演者控え室。

当時貼られた「千社札」は、プラ板で保護されている。

当時貼られた「千社札」は、プラ板で保護されている。

2階から館内を見渡す。改修される前は、旗のある部分に舞台がありました。回り舞台だったそうで、今でも回り舞台の装置は床下に眠っているそうです。時折、風の影響などで回転し、音が聞こえるとか。

2階から館内を見渡す。改修される前は、旗のある部分に舞台がありました。回り舞台だったそうで、今でも回り舞台の装置は床下に眠っているそうです。時折、風の影響などで回転し、音が聞こえるとか。

ビロードガラス製法で作られたガラス。

ビロードガラス製法で作られたガラス。

床板の一部は雨漏りで腐食したため修繕。

床板の一部は雨漏りで腐食したため修繕。

観客の待合場。今で言うホワイエ。

観客の待合場。今で言うホワイエ。

格天井は創建当時のものと、S42年に追加されたものが混在。

格天井は創建当時のものと、S42年に追加されたものが混在。

急な訪問(予約もしていない)にも関わらず、丁寧に説明、ご案内をいただきました。
現地でもお礼を言いましたが、改めて御礼申し上げます。

 

酒吞みが禁酒したため、生まれた娯楽施設だった

日立鉱山で働く者たち(鉱夫)は飲酒賭博を娯楽としていました。
飲酒により、けんかをしたり、翌日の仕事を休んだり、二日酔いで仕事をするためけがをしたり、様々な弊害が見られました。

昭和05年(1930)からはじまった『禁酒会』の活動により、会員数は4500人にも達しました。禁酒は当然とする代わりに、娯楽として映画・演劇・講演会などの開催のため共楽館が誕生しました。

また、禁酒会貯金や会報の発行、ポスター・チラシの配布活動なども行ないます。

禁酒貯金表彰旗:禁酒により貯蓄運動へ協力し、大蔵大臣表彰を受けました。〔引用:日鉱記念館〕

禁酒貯金表彰旗:禁酒により貯蓄運動へ協力し、大蔵大臣表彰を受けました。〔引用:日鉱記念館〕

 

アクセス:共楽館 / 日立武道館

住所:茨城県日立市白銀町2丁目21−15
JR日立駅 中央口から東河内行きのバスに乗車し、バス停「武道館前」で下車。

 

いばらきだいすき セカンドシーズン

Powered by Studio Ibaraki Daisuki co.Ltd,
… #日立市ID

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です