科学万博会場で走った、21世紀の新しい乗り物 HSST / 岡崎南公園

科学万博会場で走った、21世紀の新しい乗り物 HSST / 岡崎南公園

科学万博会場で走った、21世紀の新しい乗り物 HSST / 岡崎南公園

 

万博会場で「未来の乗り物」として、展示されたのが「HSST(常電導磁気浮上システム)」でした。万博会場のAブロックで展示され、AブロックとDブロックが接するところまでの間で展示、運用されました。

万博終了後は岡崎南公園〔愛知県岡崎市若松町萱林〕にて静態展示されています。

ワタクシ幸甚が訪問したのは、今(2020年/令和02年)から17年前の、2003年(平成15年)となります。

 

岡崎南公園 へのアクセス

名称:岡崎市南公園
住所:愛知県岡崎市若松町萱林1−1

最寄り駅は東海道本線岡崎駅。
駅から岡崎南公園までは、徒歩で20分強。

岡崎市南公園 案内図(2003年Ver.)

岡崎市南公園 案内図(2003年Ver.)

HSSTは南公園交通広場にあります。

HSSTは南公園交通広場にあります。

 

HSST / 岡崎南公園 静態展示

【静態展示】HSST / 岡崎市南公園

【静態展示】HSST / 岡崎市南公園

 

【静態展示】HSST / 岡崎市南公園

【静態展示】HSST / 岡崎市南公園

【静態展示】HSST / 岡崎市南公園

【静態展示】HSST / 岡崎市南公園

岡崎市南公園に展示されている「HSST」は3号機。

1号機、2号機は、国立科学博物館〔東京都台東区上野公園〕の、国立科学博物館筑波地区〔茨城県つくば市天久保〕に保管されているそうです。

 

「リニアモーターカー HSST-03」 の案内板による説明

HSST-03 の説明板

HSST-03 の説明板

 

高速地表輸送機
リニアモーターカー HSST-03

HSSTは、新交通システムの交通機関として車両を用いず、騒音や振動のない未来の乗物をめざして開発され、電磁石の吸引力によって浮上し、リニアモーターで走行するものです。
このHSST-03号機は試作機で、これまでに筑波国際科学技術博覧会、カナダ国際交通博覧会に走行展示されました。

その後、昭和62年葵博岡崎’87にあわせて岡崎市に寄贈され、岡崎公園にて、平成2年8月まで走行展示され、この間、通算すると世界各国の145万人を超える人々が体験試乗されました。

諸元

開発:日本航空株式会社と住友電気工業株式会社の共同開発

製造:昭和59年6月

車体:
アルミ合金製
全長13.8m 全幅2.95m
全高3.0m 重量12トン
座席40席(最大50席)

浮上:
吸引式電磁石(常電導)
浮上高さ1cm

推進:
リニア・インダクション・モーター

01号・02号機は上野国立科学博物館に寄贈、展示されています。

岡崎市

 

いばらきだいすき セカンドシーズン

Powered by Studio Ibaraki Daisuki co.Ltd,

 

 

関連サイト

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です