梅干しおにぎり 東横イン 水戸南口店

東横イン_水戸南口店_085

梅干しおにぎり 東横イン 水戸南口店

東横インは、好んで利用するビジネスホテルのひとつです。
仕事で使っても良し。遊びで使っても良し。水戸で宿泊するときには当然、東横インは宿泊候補になります。

東横インの宿泊料は低価格。
インバウンド需要で他のホテルが宿泊を値上げする中でも、東横インは「いつもの価格」を貫いてくれました。

インバウンド需要のときも、特別な値上げはしませんでした。

インバウンド需要のときも、特別な値上げはしませんでした。

「朝食込みの宿泊費」も魅力的です。
最近では「無料朝食」をデフォルトとするホテルも多くなりました。私がビジホをよく利用するようになった2000年前半ころは、東横インが行なっていた「無料朝食」は稀少であり、優れたサービスでした。
東横インの「無料朝食」は当初、「おにぎり、漬物、味噌汁」の提供のみが標準でした。

他のホテルも「無料朝食」を打ち出すようになってからは、東横インもおかずを提供するようになりました。

 

規格化された施設・設備《東横イン》

全国どこの東横インに宿泊しても、同じサービスを受けられるのは安心です

ベッドはシングル、ダブルあれど、意匠は一緒。

ベッドはシングル、ダブルあれど、意匠は一緒。

テーブルやモニター、鏡もほぼ統一規格。

テーブルやモニター、鏡もほぼ統一規格。

ユニットバスの規格は更新が早い。

ユニットバスの規格は更新が早い。

洗濯機(有料)、乾燥機も用意されている。

洗濯機(有料)、乾燥機も用意されている。

洗濯物が干せるバー(棒)も、当初は画期的でした。

洗濯物が干せるバー(棒)も、当初は画期的でした。

シャワーカーテンが水圧で巻き込まれないよう、調整。

シャワーカーテンが水圧で巻き込まれないよう、調整。

ほかのホテルでシャワーを使うと、シャワーの風圧でカーテンが体にひっつく現象がありました。東横インでは、カーテンレールの位置を浴槽の外側に設計し、風圧でカーテンが巻き込まれないように工夫されています。

 

逐次更新される宿泊設備

部屋のテレビが、ブラウン管時代もあった。(2006年ころ)

部屋のテレビが、ブラウン管時代もあった。(2006年ころ)

蛇口周りは常に更新されている。(写真は2006年)

蛇口周りは常に更新されている。(写真は2006年)

東横インの蛇口は、古いタイプから新しいタイプまで、5種類くらい確認しています。この蛇口デザインだけで論文が書けます。(今は書かない)

 

ユニットバスは一部、天井シャワーが採用されている

高萩紅葉の旅17と東横インを点検する / 茨城県高萩市、日立市 平成29年11月25日

動画に出てくる「天井シャワー」は、神戸の東横インにて確認しました。導入されている店舗は、まだ少ないものと思われます。(2020年現在)

 

東横イン 水戸南口店の店舗番号は『085』

東横インでは各店舗に、3桁のホテル番号を割り振っています。
水戸駅南口店は、「085」。

水戸の郵便番号は「310」で、「みと」と読ませることで有名です。
東横イン水戸南口店のホテル番号が「085」なのは、1985年(昭和60年)に今のつくば市で開催された『国際技術博覧会 科学万博-つくば’85 / EXPO’85』の『85』を割り振ったのだと、勝手に思っています。

 

東横イン 水戸南口店だけで提供される(?)『梅干しおにぎり』

私は出張や旅行などの旅先で、全国の東横インをよく利用します。無料朝食のとき、提供されるおにぎりは、ある程度パターンが決まっています。

「のりたま」がかかったおにぎり。「おかか」がかかったおにぎり。昆布が混ぜ込まれたおにぎりなど。

2005年01月の朝食。

2005年01月の朝食。

2006年10月の朝食。

2006年10月の朝食。

東横イン水戸南口店だけで見かけるのが、「梅干し、ごま塩」おにぎりです。このフレーバー?、トッピングのおにぎりは、他店舗では見たことがありません。「水戸の梅」と言うコンセプトで作られたおにぎりなのではないか!?とワタクシは見ています。

ゴマ塩+梅干しのおにぎり:北は旭川、南は沖縄石垣島の東横インに宿泊したことがありますが、「うめぼし+ゴマ塩」は、水戸駅南口店(085)のオリジナルおにぎりではないかと推測しています。※写真のピントが合っていなくてすみません。

ゴマ塩+梅干しのおにぎり:北は旭川、南は沖縄石垣島の東横インに宿泊したことがありますが、「うめぼし+ゴマ塩」は、水戸駅南口店(085)のオリジナルおにぎりではないかと推測しています。※写真のピントが合っていなくてすみません。

 

朝食の「おかず提供」が標準になってきている

冒頭のとおり、東横イン以外の各ホテルも「無料朝食」を謳うことが多くなりました。東横インもおにぎりだけではユーザーの満足を得られなくなってきたため、「おかず」が提供されるようになりました。

東横イン水戸南口無料朝食のおかず。(例)

東横イン水戸南口無料朝食のおかず。(例)

ご飯(混ぜご飯)を提供する東横インもあります。

ご飯(混ぜご飯)を提供する東横インもあります。

 

桜川のアオコ問題

これは、東横インが悪いわけではありませんが、水戸南口店前に流れる桜川〔茨城県水戸市桜川〕は、水質汚染のため、アオコ状態のときがあります。。

千波湖とつながる桜川。アオコの時期があります。

千波湖とつながる桜川。アオコの時期があります。

 

 

2005年秋口まで存在した「無料夕食 カレーライス」

一部の東横インでは夕方の時間帯、「無料夕食」を提供している店舗がありました。

東横イン水戸南口店の無料カレーライス。

東横イン水戸南口店の無料カレーライス。

なかなか美味しいカレーライスでした。

なかなか美味しいカレーライスでした。

2005年10月くらいから「無料カレーライス」サービスが縮小し、翌年くらいにカレーライスの提供は終了していきました。

 

水戸プリンスホテル と仲良し

桜川沿いに、東横イン水戸南口店と並ぶようにして存在する、「水戸プリンスホテル」〔茨城県水戸市桜川〕。

水戸プリンスホテルと東横イン水戸南口店

水戸プリンスホテルと東横イン水戸南口店

 

ふたつのホテルは普通に考えると他企業同士だし、ライバルな訳で、「仲が悪いのかなぁ~?」と勘ぐりたくなります。ところが、両ホテルに長いこと通い詰めていますと、彼らは自分たちのホテル側に空き部屋がないとき、お互いのホテル同士で連絡を取り合って、お客を相手方ホテルに誘導する光景をワタクシは何度となく見ています。

ライバル同士であっても、時にお客をアシストするなんて、なんかほっこり(死語)します。

 

東横イン 水戸南口店 場所 地図

住所:茨城県水戸市桜川2-3-40

 

 

 

「泊まる茨城」とは・・・
茨城県内を旅するにあたり、宿泊したときの模様を実体験を通して、感じたことをレポートします。
レポートは「愛情」を持って接し、宿泊先を陥れるようなことがないよう、配慮します。
レポート内容は、取材時においての内容になります。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です