筑波山大御堂が新しくなった~明治維新の廃仏毀釈

筑波山大御堂が新しくなった~明治維新の廃仏毀釈

筑波山大御堂が新しくなった~明治維新の廃仏毀釈

筑波山神社に参詣すると、筑波山神社本殿の南西側に「筑波山 大御堂」があります。

筑波山神社 拝殿男体山側の中腹にある筑波山神社拝殿。

筑波山神社 拝殿
男体山側の中腹にある筑波山神社拝殿。

 

筑波山 大御堂

藤田小四郎 像

藤田小四郎 像

かつて大御堂は、現在の筑波山神社の位置にありました。
水戸藩による「尊王攘夷」の運動から、時代が明治維新を迎えると、廃仏毀釈により筑波山の大御堂は破壊されました。仏像、仏具などは大半が破棄されました。その中で楼門や御神橋、境内社などは残りました。破壊された大御堂の跡地には、筑波山神社が再興されます。

 

 

大御堂 / 中禅寺

延暦年間(782-806)、法相宗 徳一が筑波山寺を開山。寺名を「中禅寺」と称するようになったとされています。筑波山は古くより、山岳修行の場とされ、本尊は千手観音。板東三十三箇所第25番札所でした。

 

筑波山大御堂 昭和35年Ver.

筑波山 大御堂 本堂(2007年撮影)

筑波山 大御堂 本堂(2007年撮影)

筑波山 大御堂(2007年撮影)

筑波山 大御堂 鐘楼(2007年撮影)

知足院中禅寺の名跡を継いだ大御堂(真言宗)は、昭和35年(1960)筑波山神社の南西側に再建されます。

平成13年(2001)年には、鐘楼も復元されました。
千寿観世音を本尊とし、坂東三十三観音の25番札所となっています。

 

大御堂 本堂・客殿 新築工事 / 2018年

2018年(平成30年)訪問時、大御堂は、本堂と客殿の新築工事を行っていました。

大御堂 本殿 新築工事中(2018年撮影)

大御堂 本殿 新築工事中(2018年撮影)

大本山護国寺別院 筑波山大御堂本堂・客殿新築工事(2018年撮影)

大本山護国寺別院 筑波山大御堂本堂・客殿新築工事(2018年撮影)

 

完成した 筑波山 大御堂 本殿 / 2020年

新しく建てられた筑波山 大御堂 本堂。

新しく建てられた筑波山 大御堂 本堂。

大御堂 枯山水。

大御堂 枯山水。

筑波山 大御堂 鐘楼。

筑波山 大御堂 鐘楼。

 

 

アクセス 筑波山大御堂

名称:大御堂 (真言宗)
住所:茨城県つくば市筑波748
※便宜上、筑波山口駅(旧筑波駅)からのアクセスを掲載しています

 

 

いばらきだいすき セカンドシーズン

Powered by Studio Ibaraki Daisuki co.Ltd,
… #つくば市ID

〔 この項おしまい 〕

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です