01 今も残る万博記念公園(筑波西部工業団地)その1 — 〔科学の門〕

緑色の部分が現在、万博記念公園として残されています。万博時にDブロックと呼ばれていました。
科学万博-つくば’85(EXPO’85)のDブロックにあたる場所に、今でも残されているのが、万博記念公園です。科学万博-つくば’85で利用された会場のほとんどは現在、「筑波西部工業団地」として利用されています。そのなかで万博記念公園だけが、当時の面影を残しています。

つくばセンターから筑波西部工業団地に行く

JRひたち野うしく駅からバスでつくばセンターに向かいます。500円。
つくばセンターから万博記念公園までは、かなりの距離があるようです。ここは普段使わないタクシーを利用することにしました。バスも出ているようですが、本数があまりにも少ないからです。
行き先は「筑波西部工業団地」。
つくばセンターからタクシーで5~10分程度の距離。あっという間に着きます。

「筑波西部工業団地」からさらに奥にある、万博記念公園まで行っても良かったのですが、少し歩いて当時の面影をたどってみたいこともあり、工業団地入り口近くで降ろしてもらいました。1300円。

 

【筑波西部工業団地 案内板 】

【案内板拡大】

科学万博-つくば’85当時の区画のまま、現在でも利用されております。 緑色の部分が現在、万博記念公園として残されています。万博時にDブロックと呼ばれていました。

万博記念公園まで歩く

科学万博開催からすでに16年もの歳月が過ぎようとしています。
当然のごとく、辺りは科学万博の雰囲気は感じられず、整然と企業の建物が並ぶ「工業団地」と化していました。

歩くこと10分。
十字路に出まして右手を見ると、(TVとか雑誌とかで)見覚えのある銀色のモニュメントが見えました。
科学の門です。

【あれに見えるは「科学の門」】

【夕焼けの「シンボル広場」】

科学万博-つくば’85閉幕後、記念として立てられたモニュメントです。 くりぬかれたような広場は、万博当時、エキスポプラザがあった場所です。

 

「科学の門」-4人の科学者たち

【南面・ニュートン】 「私は仮説を作らない。」

 

【西面・アルキメデス】 「私に棒と支点を与えよ。そうすれば地球を動かしてみせる。」

 

【北面・ガリレイ】 「それでも、地球は動いている。」

 

【南面・ニュートン】 「私は仮説を作らない。」

 

「科学の門」-足元には「会場MAP」と「コスモ星丸」が

【会場MAP】 【シンボルマークとコスモ星丸君】
科学の門の真下が、このようになっています。 これだけはっきりとコスモ星丸君を確認できるところはないはず。

 

 

このページについて
このページは、2001年02月21日に取材した内容に基づいて書かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です