まつりつくば2002

茨城県牛久市(県南)、つくば市(県南)
2002年09月01日(土)取材

 

本日(2002年09月07日)、つくば市街地(茨城県つくば市)にてまつりつくばが催される日です。天気は曇り空。ネットの天気予報では降水確率40%と出ています。

まつりつくばは雨天中止なんだろうか。。。
まつりつくば実行委員会に電話してみても、誰も出てくれません。。

ホテルの予約も入れていません。どうしましょう。
宿泊する予定だったホテルに電話をしてみました。まつりつくばが開催されようと、開催されまいと、ホテルの予約が取れたなら、つくばに行く事にします。

で、電話してみると、シングルルームの予約を取る事ができました~♪ 早速荷をまとめ、家を出ました。

輪行で まつりつくば に向かう

今回の旅はまつりつくば(茨城県つくば市)に訪れる事の他に、もうひとつ目的があります。それは、輪行をするということ。
つくば(茨城)という土地は、地方都市にありがちな車社会でして、ちょっとした移動にもが必須となってきます。車の運転のできない私にとって、つくばはちょっと不便な土地なのです・・・。

【輪行袋に入れられた折りたたみ自転車】<br>ひたち野うしく駅に到着。ここから自転車が本領発揮です♪。

【輪行袋に入れられた折りたたみ自転車】
ひたち野うしく駅に到着。ここから自転車が本領発揮です♪。

この折りたたみ自転車輪行用とは言っても13kgもあり、やっぱり重いです・・・。JR線の乗り換え時は結構しんどいです。

幸いなことに、天気が悪いためか電車乗車率が少なく、自転車車内で邪魔になりませんでした。

人に気を使う私にとって、これは助かりました。

15時に常磐線 ひたち野うしく駅(茨城県牛久市)に到着。いつもなら、ここからバスに乗り、つくばセンター(茨城県つくば市)に向かいますが、今日は自転車つくばに向かいます!

 

ひたち野うしく駅と科学万博の遺構

【常磐線 ひたち野うしく駅 西口】<br>駅前は整備が始まろうとしています。こういう風に見えるひたち野うしく駅も、そう長くはないでしょう。

【常磐線 ひたち野うしく駅 西口】
駅前は整備が始まろうとしています。こういう風に見えるひたち野うしく駅も、そう長くはないでしょう。

【科学万博の遺構現場】<br>ひたち野うしく駅から徒歩で5分程度の場所。整備された土地に道路ができはじめ、その道路を走ってみましたが、科学万博の遺構はありませんでした。

【科学万博の遺構現場】
ひたち野うしく駅から徒歩で5分程度の場所。整備された土地に道路ができはじめ、その道路を走ってみましたが、科学万博の遺構はありませんでした。

例の科学万博-つくば’85の遺構があった場所にも寄ります。今日は自転車での訪問なので、普段行くことの無いようなところまで行ってみましたが、やはり遺構はどこにもありませんでした・・・。

 

【ひたち野うしく駅近くの科学万博の遺構現場を眺める】<br>完全に更地にされてしまいました。遺構はどこへ行ってしまったのか!?

【ひたち野うしく駅近くの科学万博の遺構現場を眺める】
完全に更地にされてしまいました。遺構はどこへ行ってしまったのか!?

 

つくばセンターに向かう

【筑波研究学園都市のモニュメント】<br>学園都市エリアに入る時に見かける縦長の銀色のモニュメント。これを見ると、「つくばに来たな~」って感じます。

【筑波研究学園都市のモニュメント】
学園都市エリアに入る時に見かける縦長の銀色のモニュメント。これを見ると、「つくばに来たな~」って感じます。

【独立行政法人 国立環境研究所】<br>「入構規制中」とのこと。

【独立行政法人 国立環境研究所】
「入構規制中」とのこと。

【右折禁止の看板】<br>つくば市街地ではまつりつくばのパレードが行なわれるため、車の規制が行なわれています。

【右折禁止の看板】
つくば市街地ではまつりつくばのパレードが行なわれるため、車の規制が行なわれています。

 

オークラフロンティアホテルつくば に泊まる

ふらふら写真撮影をしながらひたち野うしく駅からつくばセンターに着いたのは、16時15分。すでにつくばセンターではまつりつくばが始まっていまして、人人人。良いことですなー。

【オークラフロンティアホテルつくば】<br>つくばセンターに来ると目につく建物。それがオークラフロンティアホテルです。今回なぜか写真を撮らなかったので、以前撮影した写真(2000年07月28日撮影)をUP。

【オークラフロンティアホテルつくば】
つくばセンターに来ると目につく建物。それがオークラフロンティアホテルです。今回なぜか写真を撮らなかったので、以前撮影した写真(2000年07月28日撮影)をUP。

今回お世話になるホテルは、オークラフロンティアホテルつくば(茨城県つくば市)です。

つくばセンターに来たことのある方なら、誰もが一度は目にしたことがあるはずです。

つくばセンターににょきっとそびえているホテルです。

 

自転車をホテル入口に停めておいて、チェックインします。すでに自転車で汗びっしょりなので風呂に入りたい気持ちを抑え、好例のルームチェックを行ないます(笑)。やっぱり宿泊料が高いだけあって、部屋は広いし、アメニティーグッズはしっかりしているし、なかなかのものです。

【シングルベッド】<br>大きくてきれい。枕のところには鶴の折り紙。「世界のお客さんに日本の鶴の折り紙をプレゼントする」、というワールドな視野ですな。漫画「HOTEL」でも同様のくだりがありました。

【シングルベッド】
大きくてきれい。枕のところには鶴の折り紙。「世界のお客さんに日本の鶴の折り紙をプレゼントする」、というワールドな視野ですな。漫画「HOTEL」でも同様のくだりがありました。

【サイドテーブルとチェア】<br>シングルルームにサイドテーブルが逢ったりするのは、ワンランク上な感じ。

【サイドテーブルとチェア】
シングルルームにサイドテーブルが逢ったりするのは、ワンランク上な感じ。

【デスク】<br>こういう机といすが設置されていると、ビジネスホテルっぽくて落ち着きます。

【デスク】
こういう机といすが設置されていると、ビジネスホテルっぽくて落ち着きます。

【アメニティーグッズ】<br>バスユニットに置かれています。用意されている物が豊富で、つくば市街地ならでは、って感じです。この種のアメニティグッズは持ち帰りOKです。

【アメニティーグッズ】
バスユニットに置かれています。用意されている物が豊富で、つくば市街地ならでは、って感じです。この種のアメニティグッズは持ち帰りOKです。

【パジャマもおしゃれ】<br>つくば市内のビジネスホテルでは寝間着に浴衣を常備しているところも多いですが、こういうパジャマを用意しているのはおしゃれです。

【パジャマもおしゃれ】
つくば市内のビジネスホテルでは寝間着に浴衣を常備しているところも多いですが、こういうパジャマを用意しているのはおしゃれです。

 

机周りコンセントが設置されていないのと、TVのリモコンが正常に動かないのが気になりました。が、点数的には90点くらいですかねー。満足度があると思います。

シャワーを浴びてから、外に出ます。

 

万博記念公園に向かい、科学万博の遺構を探す

祭り会場で少しだけお祭り気分を楽しみ、万博記念公園(筑波西部工業団地)へ向かいました。半年近く訪れていなかったし、適度にチェックしておかないと、何があるか分かりませんからね。

【筑波西部工業団地 入口】<br>にある、モニュメント。万博終了後に作られた、と何かの書籍に書いてありました。

【筑波西部工業団地 入口】
にある、モニュメント。万博終了後に作られた、と何かの書籍に書いてありました。

【筑波西部工業団地 の文字】<br>ここから科学万博が開催されたゾーンに入っていきます。

【筑波西部工業団地 の文字】
ここから科学万博が開催されたゾーンに入っていきます。

自転車を転がし、敷地内の万博記念公園に到着。岡本太郎の像だとか、今まで写真に撮っていなかった科学万博変電所を撮影。

【岡本太郎 作 「未来を視る」】<br>大阪万博の太陽の塔に比べ、いまいち知られていません。スケールが小さいから?

【岡本太郎 作 「未来を視る」】
大阪万博の太陽の塔に比べ、いまいち知られていません。スケールが小さいから?

【科学万博変電所】<br>科学万博当時から利用されているそうです。ある意味、この変電所を科学万博の遺構として見ても良いのかも。

【科学万博変電所】
科学万博当時から利用されているそうです。ある意味、この変電所を科学万博の遺構として見ても良いのかも。

【ぴょんぴょん峠】<br>科学万博当時から存在する峠。ただの道路といってしまえばそれまで(^^;。

【ぴょんぴょん峠】
科学万博当時から存在する峠。ただの道路といってしまえばそれまで(^^;。

 

ぴょんぴょん峠からテニスコート脇(SONYジャンボトロン跡)を通り抜け、シンボル広場(エキスポプラザ跡)の脇を通ります。特に以前訪問した時と変わったところも無かったし、いつもならこのまま戻るところですが、今日は自転車万博記念公園をさらに北上し、公園敷地から出て行きます。公園敷地外に何かしらの遺構を探そうと思ったわけです。成功させよう科学万博関連の遺構があれば、ラッキーです(笑)。

【SONYジャンボトロン 跡】<br>テニスコートのある場所に当時、SONYのジャンボトロンが設置されていました。

【SONYジャンボトロン 跡】
テニスコートのある場所に当時、SONYのジャンボトロンが設置されていました。

【エキスポプラザ 跡】<br>このくぼ地部分に座席が用意され、屋根が掲げられたイベントゾーンがありました。閉幕後、業者が撤去するものだと認識を誤り、柱を一本破壊してしまった結果、全撤去になってしまった経緯があります。

【エキスポプラザ 跡】
このくぼ地部分に座席が用意され、屋根が掲げられたイベントゾーンがありました。閉幕後、業者が撤去するものだと認識を誤り、柱を一本破壊してしまった結果、全撤去になってしまった経緯があります。

【科学万博記念公園の看板】<br>質感が歴史を感じ、一瞬遺構かと勘違いします。しかしこれは木が劣化しているだけであって、科学万博の遺構ではありません。

【科学万博記念公園の看板】
質感が歴史を感じ、一瞬遺構かと勘違いします。しかしこれは木が劣化しているだけであって、科学万博の遺構ではありません。

時間をかけて畑の中をさまよいましたが、遺構は見つからず。
遺構発見の道は険しいです・・・。

 

まつりつくば2002 開催

まつりつくば会場に戻りました。
雨がだんだんと強くなっていきます。ねぷたやら神輿やら山車やらに、ビニルのカバーをかけています。雨天対策でしょうか。なんだかみっともないなー。

【ねぷた(ビニル装備)】<br>雨対策はともかく、熱がこもって火災になったりしないか心配。

【ねぷた(ビニル装備)】
雨対策はともかく、熱がこもって火災になったりしないか心配。

パレードの流れを止めることなく、ねぷた神輿ビニルカバーをかける作業を行なっています。そのためパレードの流れのリズムが狂い、進行がおかしくなっています。

【はしゃぐ女の子ちゃん】<br>はしゃぐのが目的な女の子ちゃん3人組?。こういうノリも必要です。

【はしゃぐ女の子ちゃん】
はしゃぐのが目的な女の子ちゃん3人組?。こういうノリも必要です。

【山車の上で狐が舞う】<br>ゆっくりと進む山車の上で、狐が舞っています。お祭りっぽい~(*^^*。

【山車の上で狐が舞う】
ゆっくりと進む山車の上で、狐が舞っています。お祭りっぽい~(*^^*。

よくよく考えたら、まつりつくばって統一テーマやオリジナル要素が無いんですよねー。ねぷた神輿山車がいっしょくたになってパレードしています。よく言えば、有名なお祭りの良いところ取り

去年のほうがもっとまとまりがあったと感じるのは、私が歳を取ったからですか?(滅)。

【ねぶた小屋から巨大ねぷた、出陣】<br>巨大ねぷたがパレード会場に向けて出発です。やはりビニルがかけられています。

【ねぶた小屋から巨大ねぷた、出陣】
巨大ねぷたがパレード会場に向けて出発です。やはりビニルがかけられています。

 

批判ばかりしてもまつりが楽しくなる訳ではないので、出店で食事でもして気を紛らわせましょう。去年のまつりつくば2001でも購入して美味しかった、鳥の手羽先を食します。うーん、肉質といい、味といい、合格点です♪。焼き鳥とあわせて500円ってのも、激安すぎます♪。

【手羽先と焼き鳥】<br>去年(2001年)も食しましたが、今年も美味♪ このセットを2回食べました。

【手羽先と焼き鳥】
去年(2001年)も食しましたが、今年も美味♪ このセットを2回食べました。

【まつりつくばのうちわ】<br>お祭りといえばうちわ。去年2001年はオレンジ色でしたが、今年は水色。

【まつりつくばのうちわ】
お祭りといえばうちわ。去年2001年はオレンジ色でしたが、今年は水色。

 

気がついたらは止んできました。気になったので再びパレード会場に向かうと、特大ねぷたが行進していました。

【ねぷたが揺れる】<br>ねぷたが首を縦に振るように、力強く大きく揺れています。

【ねぷたが揺れる】
ねぷたが首を縦に振るように、力強く大きく揺れています。

 

ねぷたは力強く、いい感じ。
こうやって新しい街つくばの、新しいおまつりが作られていくのかもしれません。今は批判をすることなく、時間が作り出すまち作りを暖かく見守っていこうではありませんか。

【LEDによるライトアップが未来を感じさせる】<br>つくば市内のまち作りにおいて、建物のフレームをLEDで照らす方式が流行っています。写真はつくば西武。

【LEDによるライトアップが未来を感じさせる】
つくば市内のまち作りにおいて、建物のフレームをLEDで照らす方式が流行っています。写真はつくば西武。

 

まもなく本日の祭りの終了時間となるようです。アイアイモールをぶらつき、ホテルに戻りました。

 

ホテルに戻ります。明日は筑波山

筑波山神社や、宇宙の卵科学万博の看板を観てくるつもりです。旧 筑波鉄道 筑波駅から常磐線 土浦駅に戻るのは、つくばりんりんロード自転車で爆走するつもりです。

しかし、外を見ると、つくば
明日が晴れますように。

 

 

 


Re:ぶらり茨城(2018年10月08日記載)

【 輪行で訪れる、2回目のまつりつくば訪問 】

自転車を電車など許可された車両に持ち込み旅する方式を「輪行(りんこう)」と言います。

ここ最近、漫画「弱虫ペダル」(作者 渡辺航)や「ろんぐらいだぁす!」(作者 三宅大志)等の作品で自転車ブームが来ていますが、自分的にはもう一つ前の世代の「並木橋通りアオバ自転車店」(作者 宮尾岳)がスマッシュヒットしました。そして、折りたたみ自転車を購入しました。(もちろん、弱ペダもろんぐらいだぁすもはまりました)

【2002年07月に折りたたみ自転車を購入】<br>「並木通りアオバ自転車店」の影響を受け、当時OPENしたばかりの新宿タカシマヤ(東京都新宿区)の東急ハンズで購入しました。ブリジストンのミニベロで、私が今通っているロードバイクのお店 ハクセン(東京都台東区)の方も、「昔よく売った」っておっしゃってました。

【2002年07月に折りたたみ自転車を購入】
「並木通りアオバ自転車店」の影響を受け、当時OPENしたばかりの新宿タカシマヤ(東京都新宿区)の東急ハンズで購入しました。ブリジストンのミニベロで、私が今通っているロードバイクのお店 ハクセン(東京都台東区)の方も、「昔よく売った」っておっしゃってました。

 

当時購入した折りたたみ自転車を活用し、あちこちに輪行しています。この後更新される、「Re:ぶらり茨城」でもちょくちょく出てきます。
今もこの自転車は(タイヤ、チューブを交換メンテしながら)現役で活用しています。ブリジストンの当時の品質の高さを確認させてもらっています。

 

【輪行 常磐線 水戸駅にて】<br>最近はロードバイクによる輪行で、茨城県内各地を回っています。

【輪行 常磐線 水戸駅にて】
最近はロードバイクによる輪行で、茨城県内各地を回っています。

【ロードバイク】<br>ガンキャノンデール と命名しています。アビデュラ(APIDURA)のサドルバックがお気に入り。

【ロードバイク】
ガンキャノンデール と命名しています。アビデュラ(APIDURA)のサドルバックがお気に入り。

 

今現在、折りたたみ自転車はもっぱら近場での利用に限定しており、茨城県内の輪行ではロードバイク Cannondale CAAD10を使用しています。命名「ガンキャノンデール」です。
今後、このロードバイクを使用した旅も更新します。
2期目の作品として更新するので、メニューカテゴリーは「ぶらり茨城 2nd.」で更新します。

 

このページについて

このページは、2002年09月07日に取材した内容に基づき、2003年05月19日に書かれています。本文は当時の原稿を加筆修正している関係で、初出典時と写真や表現が異なる場合がございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です