03 何故、こんなに写真を撮るのか

常磐線_ひたち野うしく駅_2001年

ホームを登り、改札を出るまでに約20枚の写真を撮りました。(つくば訪問道中記
肝心の科学万博-つくば’85にたどり着くまでに、まだたくさんの写真があります。(笑)

なかなかたどり着かないことに、しびれを切らす方もいらっしゃるかもしれませんが、私はあえてたくさんの写真を公開していきます。
なぜこんなに「経過」をあらわすのか。

それは、単純な風景にこそ、歴史があるからだと考えるからです。
15年前の「科学万博-つくば’85」のときの何でもない風景写真が、15年たった今、役に立つ資料となっています。
私が今撮影している写真も、15年後に「資料」になるのではないか?と考えています。

何気ない風景写真が、何年後かにひたち野うしく駅を振りかえるとき、歴史になるはずです。(確信)

 

ここに書かれている内容は、2000年7月30日現在での内容です。
現状とは環境が異なる点がございます。ご了承ください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です