《計画編》筑波連峰を縦走する「関東ふれあいの道」

《計画編》筑波連峰を縦走する「関東ふれあいの道」

《計画編》筑波連峰を縦走する「関東ふれあいの道」

関東圏の田舎道(?)を歩いているとたまに遭遇する、「関東ふれあいの道」

この道は別名を「首都圏自然歩道」と呼び、東京都八王子高尾山麓の「梅の木平」を起終点に東京都、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、千葉県、神奈川県の順に一周するらしい。また、起点の「梅の木平」に戻ってくるようです。

我が茨城県18ルートの「関東ふれあいの道」が用意されています。

「関東ふれあいの道」のボードって、更新されてなくなくない? 201011

https://ibaraki-daisuki.com/2020/10/11/%e3%80%8c%e9%96%a2%e6%9d%b1%e3%81%b5%e3%82%8c%e3%81%82%e3%81%84%e3%81%ae%e9%81%93%e3%80%8d%e3%81%ae%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%80%81%e6%9b%b4%e6%96%b0%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%a6/

 

その茨城県の「関東ふれあいの道」のうち、水戸線JR岩瀬駅から南に進むルートがあります。

このルートはいくつかの山々がつながり、筑波山へと続いています。

水戸線JR岩瀬駅から椎尾方面

椎尾方面に下りず、筑波山近くまで行く

上記既出ルートで一本杉峠で椎尾方面に下りず、さらに南下して筑波山近くまで行き、椎尾薬師院付近で筑波鉄道跡地のバス停酒寄まで行くのも面白そうです。

概算で、岩瀬駅から酒寄バス停まで全長7,8時間掛かる計算。
もし実行するとするならば、入念に準備して取りかかる必要があります。

雰囲気的には三年前に行なった、吾国山愛宕山ハイキングコースのボリューム感に似ています。

 

水戸線JR福原駅から吾国山愛宕山ハイキングコースを縦走

 

いばらきだいすき セカンドシーズン

Powered by Studio Ibaraki Daisuki co.Ltd,
… #桜川市ID

 

 

《訂正》初稿時に「筑波連峰」(正)を「筑波連邦」(誤)と記載しておりました。訂正いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です