茨城百景「釣の十六島と横利根の閘門」 碑の行方

茨城百景「釣の十六島と横利根の閘門」 碑の行方_茨城県稲敷市西代

茨城百景「釣の十六島と横利根の閘門」 碑の行方

昭和25年。茨城観光審議会が、茨城県内の100の景勝地を決めたのが茨城百景です。
100に該当する景勝地には、茨城百景の碑が設置されました。

昭和25年に茨城百景の碑が設置されて、およそ70年の年月が経過します。
その70年もの間、開発の名のもとに景観が変わってしまったり、碑が撤去される事例を確認しています。

今回、現稲敷市の茨城百景071 新利根川の釣場070 釣の十六島と横利根の閘門の包含風景を探る自転車旅( 新利根川の茨城百景20~佐原の町並み 200712 )の中で、ひとつの新しい発見がありました。

「茨城百景 070 釣の十六島と横利根の閘門」の茨城百景碑は、室伏勇著の『茨城百景巡歴』の中で、碑の存在を認められています(P180)。

茨城百景巡歴 (室伏勇 著)

茨城百景巡歴 (室伏勇 著)

 

2017年06月17日 #ロード潮来17 での探索 → 失敗

2017年の #ロード潮来17 の自転車旅の中で、「070 釣の十六島と横利根の閘門」碑を探索しました。

この訪問時、「釣の十六島と横利根の閘門の碑は、異なる場所に移設されているか、開発の名のもとに破棄された」のではないか?と推測しました。

「移設」の場合、

・セブンイレブン 茨城東西代店( 茨城県稲敷市西代1581-1)
・西代のお堂()
・調法寺(茨城県稲敷市西代1691)
・西代水神社(稲敷市西代1677番地)

あたりに碑はあるのではないだろうか?と考えました。

セブンイレブン、西代のお堂、調法寺を調査しましたが、見つけることはできませんでした。

 

セブンイレブン 茨城東西代店

「茨城百景巡歴」(P180)では、国道125号線と交わる、この辺りに茨城百景の碑があることになっています。

セブンイレブン 茨城東西代店

セブンイレブン 茨城東西代店

セブンイレブン茨城東西代店前の国道51号線「茨城百景巡歴」(P20)では、国道125号線と交わる、この辺りに茨城百景の碑があることになっています。

セブンイレブン茨城東西代店前の国道51号線

 

西代のお堂

横利根川沿いを走る県道2号の4分岐点。

こういう分岐点に、茨城百景碑が存在する場合があります。が、見当たりません。

左手奥が水戸方面。バス停西代があります。

左手奥が水戸方面。バス停西代があります。

正面が「西代のお堂」。

正面が「西代のお堂」。

調法寺

お寺や神社の入口、境内に茨城百景碑が設置、移転される事例があります。が、こちら調法寺でも茨城百景碑は見つかりません。

国道51号から調法寺方面を望む。

国道51号から調法寺方面を望む。

調法寺:入口、境内も探索します。

調法寺:入口、境内も探索します。

 

2020年07月12日 #新利根川の茨城百景20 での探索

そして今回、2020年07月12日の自転車旅にて、稲敷市立歴史民俗資料館に立ち寄ります。

展示物を見学後、資料館で発行する出版物を購入する際、何げなく茨城百景碑の話題になりました。
すると、以前探索しても見つけることができなかった、茨城百景碑「070 釣の十六島と横利根の閘門」が「事故で破損し、撤去された」ことが判明しました!

また、その事実を証明する”写真”が存在することが分かりました!

稲敷市立歴史民俗資料館で購入した資料。

稲敷市立歴史民俗資料館で購入した資料。

 

1992年(平成04年)12月以前に車の事故で破損

交通事故で破損した石碑基部 / 平成04年12月06日、米谷博氏撮影・提供

交通事故で破損した石碑基部 / 平成04年12月06日、米谷博氏撮影・提供

 

折れた茨城百景碑は、撤去処理

折れた石碑 米谷博氏撮影・提供 / 破損後、石碑は撤去され現在では行方不明

折れた石碑 米谷博氏撮影・提供 / 破損後、石碑は撤去され現在では行方不明

 

茨城百景 070釣の十六島と横利根の閘門 の石碑の写真は、稲敷市立歴史民俗資料館の所蔵物であり、米谷博氏撮影のものになります。掲載に当たっては、当サイトが掲載依頼許可を得ております。本サイトからの複写、二次利用などは禁止させていただきます。

 

茨城百景 釣の十六島と横利根閘門 の碑があった場所

GoogleMAPの仕様上、「西代のお堂」の位置で表記してありますが、実際は三角州の北側部分に茨城百景碑は設置されていたようです。

 

茨城百景 070 釣の十六島と横利根の閘門 の碑が撤去されたことが分かりました。
残念ではありますが、事実が判明できたので「070 釣の十六島と横利根の閘門」碑の探索自体は終了となります。

協力
稲敷市立歴史民俗資料館

 

 

いばらきだいすき セカンドシーズン

Powered by Studio Ibaraki Daisuki co.Ltd,
… #稲敷市ID

 

〔 この項、おしまい 〕

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です