バイキングと大浴場で大人気! ホテル奥久慈館

バイキングと大浴場で大人気! ホテル奥久慈館_茨城県久慈郡大子町

バイキングと大浴場で大人気! ホテル奥久慈館

2015年(平成27年)11月 ――。
茨城県県北地方の紅葉を観に行くため企画した、『茨城紅葉の旅15』。本日(11月21日)から2泊3日の自転車旅。輪行で、JR勝田駅に降り立ちました。

輪行してきた自転車をセットし、北上します。

輪行でJR勝田駅。ここからスタートです。

輪行でJR勝田駅。ここからスタートです。

初日の宿泊地は大子町。ホテル奥久慈館〔茨城県久慈郡大子町大字池田〕の宿泊予約を取っています。

 

ロードバイクによるルート

今回の自転車旅では、JR勝田駅からスタートし、西金砂山(西金砂神社)、常陸大子駅→ホテル奥久慈館へとルートを取っています。

下記のルートは、実際にロードバイクで走行したデーターが反映されています。

 

ホテル奥久慈館 : JR常陸大子駅からのアクセス

名称:ホテル奥久慈館
住所:茨城県久慈郡大子町大字池田2369−3

ホテル奥久慈館の最寄り駅は水郡線 JR常陸大子駅。常陸大子駅から歩いてホテル奥久慈館へアクセスできなくはないが、微妙に遠いので、コストに余裕があればタクシーで訪問したいところです。

 

ホテル奥久慈館:入口とエントランス

入口:ホテル奥久慈館

入口:ホテル奥久慈館

入口:ホテル奥久慈館

入口:ホテル奥久慈館

エントランスを上から望む:ホテル奥久慈館

エントランスを上から望む:ホテル奥久慈館

自転車は風除室に置かせてもらった(写真右)

自転車は風除室に置かせてもらった(写真右)

ホテル奥久慈館を予約する際、自転車で訪問するとは伝えておりませんでした。受付の方に自転車で訪問した旨を伝えると、ワタクシのときは、ロードバイクを風除室に置かせてもらうことができました。(もちろん、自転車は施錠しております)

 

部屋設備:ホテル奥久慈館

部屋清潔で快適。ちょっと歴史のあるホテルなのかな?と感じる程度です。
この宿泊棟は構造が木造なのか、上の階で子どもが暴れているのがちょっとうるさい。今の時間帯だけだろうと思い、準備をして部屋を出ます。

シングルルーム:ホテル奥久慈館

シングルルーム:ホテル奥久慈館

室内と屋外がセパレートされている:ホテル奥久慈館

室内と屋外がセパレートされている:ホテル奥久慈館

ベッドとリクライニングチェア

ベッドとリクライニングチェア

お茶とお茶受けがあるのが旅館っぽい:ホテル奥久慈館

お茶とお茶受けがあるのが旅館っぽい:ホテル奥久慈館

ユニットバス:ホテル奥久慈館

ユニットバス:ホテル奥久慈館

 

館内設備:ホテル奥久慈館

宿泊階の廊下:ホテル奥久慈館

宿泊階の廊下:ホテル奥久慈館

浴衣は自分で持って行きます:ホテル奥久慈館

浴衣は自分で持って行きます:ホテル奥久慈館

娯楽ルーム / 無料カラオケ :ホテル奥久慈館

娯楽ルーム / 無料カラオケ :ホテル奥久慈館

コーヒーラウンジ(無料) :ホテル奥久慈館

コーヒーラウンジ(無料) :ホテル奥久慈館

館内は多くの宿泊者が泊まっている様子。

娯楽ルームがあり、宿泊者は自由に出入りできます。無料カラオケが用意されており、順番に歌うことができます。ただ、知らない人の前で歌うのは恥ずかしいなぁ~。

 

ゲームコーナーフロア:ホテル奥久慈館

ゲームコーナーフロア:ホテル奥久慈館

休憩処:ホテル奥久慈館

休憩処:ホテル奥久慈館

将棋や碁の貸し出し(無料)

将棋や碁の貸し出し(無料)

ミニマンガコーナー:ホテル奥久慈館

ミニマンガコーナー:ホテル奥久慈館

ホテル奥久慈館の館内では、多くの宿泊者に楽しんでもらおうと、遊びの場、憩いの場が用意されています。

掲載写真にまったく人が写っていないので、だれも宿泊していないように感じるかもしれませんが、人が居ない瞬間を狙って(時には長時間待って)撮影しております。館内は多くの宿泊者で賑わっています。

 

大浴場(温泉):ホテル奥久慈館

人が居ないタイミングを何度も何度も確認しに行き、ちょうどホテルの「夕食タイム」が始まったあたりでまったく人が居なくなりました。本当に他人がいないことを2048回確認の上、撮影しております。
大浴場:ホテル奥久慈館

大浴場:ホテル奥久慈館

洗い場:ホテル奥久慈館

洗い場:ホテル奥久慈館

風呂:ホテル奥久慈館

風呂:ホテル奥久慈館

脱衣所 / 洗面 :ホテル奥久慈館

脱衣所 / 洗面 :ホテル奥久慈館

脱衣所:ホテル奥久慈館

脱衣所:ホテル奥久慈館

 

ランドリー:ホテル奥久慈館

ランドリー(有料):ホテル奥久慈館

ランドリー(有料):ホテル奥久慈館

各種 自動販売機:ホテル奥久慈館

各種 自動販売機:ホテル奥久慈館

給水器:無料で冷たいお水がいただけます。

給水器:無料で冷たいお水がいただけます。

この手のホテル(旅館)では、洗濯機(ランドリー)施設が用意されていないケースがママあります。ホテル奥久慈館ではランドリーが用意されており、洗濯することができて助かりました。

 

夕食(バイキング/ビュッフェ):ホテル奥久慈館

「ご夕食券」:ホテル奥久慈館

「ご夕食券」:ホテル奥久慈館

消毒液も用意されている:ホテル奥久慈館

消毒液も用意されている:ホテル奥久慈館

ビュッフェ方式:ホテル奥久慈館

ビュッフェ方式:ホテル奥久慈館

ビュッフェ方式:ホテル奥久慈館

ビュッフェ方式:ホテル奥久慈館

夕食:ホテル奥久慈館

夕食:ホテル奥久慈館

夕食:ホテル奥久慈館

夕食:ホテル奥久慈館

食事は各自でよそう、バイキング(ビュッフェ)方式です。
ソフトドリンクの他、アルコール関連も自由に飲むことができます。
※宿泊プランにより、異なるかもしれないので、確認してください!

アルコールドリンクバー:ホテル奥久慈館

アルコールドリンクバー:ホテル奥久慈館

ビールサーバーとグラス:ホテル奥久慈館

ビールサーバーとグラス:ホテル奥久慈館

夕食をがっつり食べても良し!お酒をがっつり飲んでも良し!
食べ物も肉、揚げ物、お寿司、おそば、サラダ等々、各人の好みに合わせられるので、老若男女問わず楽しめます。

 

朝食(バイキング/ビュッフェ):ホテル奥久慈館

「ご朝食券」:ホテル奥久慈館

「ご朝食券」:ホテル奥久慈館

朝食:ホテル奥久慈館

朝食:ホテル奥久慈館

朝から盛りだくさんなおかず:ホテル奥久慈館

朝から盛りだくさんなおかず:ホテル奥久慈館

朝から盛りだくさんなおかず:ホテル奥久慈館

朝から盛りだくさんなおかず:ホテル奥久慈館

 

お世話になりました!

ホテル奥久慈館を背景に撮影。

ホテル奥久慈館を背景に撮影。

ホテル奥久慈館

ホテル奥久慈館

と言うわけで、ホテル奥久慈館を堪能させていただきました。この旅では、2015年に宿泊しました。

幸甚
このあと、何度か常陸大子駅、大子町に訪れることがあり、ホテル奥久慈館に宿泊したかったのですが、予約を取ることができず、二度目の訪問に至っていません。

他の旅館の担当者にお聞きしたのは、このホテル奥久慈館の施設そのものは「どこかの会社の保養施設だったものを、“居抜き”で使用している」とのこと。大子町界隈の宿泊運営者さんも、ホテル奥久慈館は気になっているようで、「こんど一度、泊まりに行ってみようかな」とおっしゃっていました。

 

伊藤園ホテルズ グループの運営

ホテル奥久慈館は、国内各所にある「伊藤園ホテルズ」が運営するホテルのひとつになります。後から知りました。

以下の写真は、JR熱海駅から徒歩で訪問できる、伊藤園ホテル熱海館〔静岡県熱海市田原本町〕です。

全国どこでも「7980円~」というのをウリにしています。

※消費増税などのときに「税込」が「税抜」に変更されたりしております。宿泊費などの詳細は、公式サイトで確認されることをお勧めいたします。
伊藤園ホテル 熱海館

伊藤園ホテル 熱海館

伊藤園ホテル 熱海館

伊藤園ホテル 熱海館

 

「泊まる茨城」とは・・・
茨城県内を旅するにあたり、宿泊したときの模様を実体験を通して、感じたことをレポートします。
レポートは「愛情」を持って接し、宿泊先を陥れるようなことがないよう、配慮します。
レポート内容は、取材時においての内容になります。

 

関連サイト

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です