龍ケ崎祇園祭_撞舞の旅19_190728

龍ケ崎祇園祭_撞舞の旅19

龍ケ崎祇園祭_撞舞の旅19

土浦の祇園祭の後は、茨城県龍ケ崎市で催されている、「龍ケ崎祇園祭」に参戦です。

今年令和元年の「龍ケ崎祇園祭」の開催期間は、07月26日(金)から28日(日)です。最終日の今日、28日は龍ケ崎市根町で『撞舞(つくまい)』が催されます。

『撞舞(つくまい)』とは
『撞舞』は、「国選択・県指定無形民俗文化財」です。
2人の舞男がアマガエルの姿に扮し、17メートルの高さの柱上で舞を演じます。
4方に矢を放ち、豊作、雨ごい、疫病除けを祈願。
斜めに張ったロープを滑り降り、また昇っていきます。
「関東の三大奇祭」のひとつとして知られています。

 

常磐線 佐貫駅から関東鉄道竜ヶ崎線で竜ヶ崎駅へ

本日の天気は、昨日まで名古屋、岐阜の方で台風が発生し、強風が吹く可能性がありました。台風は温帯低気圧になりましたが、ここ龍ケ崎市内では、ときおり風が吹きます。

常磐線で土浦駅から佐貫駅に移動。

常磐線で土浦駅から佐貫駅に移動。

関東鉄道竜ヶ崎線へ乗り換え。

関東鉄道竜ヶ崎線へ乗り換え。

竜ヶ崎線佐貫駅ホーム。乗り換え時間がありません。

竜ヶ崎線佐貫駅ホーム。乗り換え時間がありません。

まいんコロッケをモチーフにした吊り手。

まいんコロッケをモチーフにした吊り手。

 

竜ヶ崎駅と龍ケ崎駅前商店街

16時30分過ぎ、常磐線佐貫駅を出発した関東鉄道龍ケ崎線の2両編成の車両は、竜ヶ崎駅ホームに入線します。

竜ヶ崎駅に到着。Suicaに対応しています。

竜ヶ崎駅に到着。Suicaに対応しています。

竜ヶ崎線 2両編成の車両。竜ヶ崎駅ホームにて。

竜ヶ崎線 2両編成の車両。竜ヶ崎駅ホームにて。

撞舞が始まるのは18時から。撞舞が始まる18時までは、まだ少し時間があります。龍ケ崎市街を散策しながら根町の撞舞会場に向かいます。

龍ケ崎祇園祭のメイン会場は、竜ヶ崎駅からのびる、駅前通りになります。
龍ケ崎市街地の主な商圏は、この駅前通りの一本北側の県道5号に移行しています。現在の竜ヶ崎駅前通りは、残念ながら「兵どもが夢のあと」の雰囲気を醸し出しています。

竜ヶ崎駅 駅前通り〔河内竜ヶ崎線〕<br>関東鉄道竜ヶ崎線竜ヶ崎駅から東へ延びる駅前通り。かつては商店街が栄えたようですが、市の中心部は北東側に移動しているようです。

竜ヶ崎駅 駅前通り〔河内竜ヶ崎線〕
関東鉄道竜ヶ崎線竜ヶ崎駅から東へ延びる駅前通り。かつては商店街が栄えたようですが、市の中心部は北東側に移動しているようです。

竹灯籠アート『籠KOMERU』会場

竹灯籠アート『籠KOMERU』会場

お祭り用にごみ箱が設置されている。

お祭り用にごみ箱が設置されている。

この駅前通り、夕刻から歩行者天国になり、お祭りのメインストリートになります。空き地を利用したアート会場や、出店などが準備を進めています。

龍ケ崎祇園祭の出店は誠意準備中!

龍ケ崎祇園祭の出店は誠意準備中!

また、飲食で出るゴミを捨てるためのごみ箱が設置されており、好感が持てます。たくさん食べたり飲んだりしたら、ゴミは絶対出てしまうもの。お祭り運営側がしっかりとごみ箱を準備することで、お祭りで発生するゴミに対するストレスが緩和されます。

その駅前通りを東に500メートルほど進むと、龍ケ崎の八坂神社があります。

龍ケ崎 八坂神社〔茨城県龍ケ崎市上町〕<br>竜ヶ崎駅から東へ500メートル。八坂祇園祭の「撞舞(つくまい)」で知られています。

龍ケ崎 八坂神社〔茨城県龍ケ崎市上町〕
竜ヶ崎駅から東へ500メートル。八坂祇園祭の「撞舞(つくまい)」で知られています。

龍ケ崎 八坂神社 拝殿

龍ケ崎 八坂神社 拝殿

龍ケ崎 八坂神社 神殿(さや堂)

龍ケ崎 八坂神社 神殿(さや堂)

神殿は鞘堂。
狛犬はちょっと独特な意匠。つるん、とした外観は、県北地域で見る意匠と似ています。降雨が原因で、石がなめらかになっただけだろうか?

龍ケ崎八坂神社 狛犬 阿形

龍ケ崎八坂神社 狛犬 阿形

龍ケ崎 八坂神社 狛犬 吽形

龍ケ崎 八坂神社 狛犬 吽形

 

大統寺と土岐胤倫の墓

この龍ケ崎八坂神社から300メートル北上したところに、曹洞宗 大統寺〔茨城県龍ケ崎市横町〕があります。
天正13年(16世紀後半)、龍ケ崎城主土岐胤倫(ときたねとも)が、根町大文字台地のふもとにあった臨済宗大雲寺を現在地に移し、叔父の天岩梵宿を招き、初代住職としました。その時に寺名を大統寺、宗派を曹洞宗に改めました。

大統寺 本堂〔茨城県龍ケ崎市横町〕

大統寺 本堂〔茨城県龍ケ崎市横町〕

墓地内は区画が入り組んでいる。

墓地内は区画が入り組んでいる。

この大統寺に、胤倫のお墓がある、と確認しており、探してみます。敷地内は墓石、お墓の敷地が入り組んでいます。さらに墓地内では「土岐胤倫の墓」を案内する看板や旗が立っていません。ヤブ蚊と格闘しながら、20分ほど墓石をぐるぐる探し、ようやく土岐胤倫のお墓を見つけることができました。

土岐胤倫(とき たねとも)の墓

土岐胤倫(とき たねとも)の墓

塔婆には「土岐胤倫公」の文字が読める。

塔婆には「土岐胤倫公」の文字が読める。

 

『撞舞』会場に到着

17:30に、根町の撞舞会場に到着。

標識には「竜ヶ崎市 根町」の文字。

標識には「竜ヶ崎市 根町」の文字。

『撞舞』の柱がそびえ立つ。

『撞舞』の柱がそびえ立つ。

根町の撞舞会場は、龍ケ崎、および近隣の住人で賑わいます。脇の広場ではコロッケ等の販売が行われています。コロッケを買ったりして場所を離れてしまうと撮影のベストポジションをキープできません。

『撞舞』の舞台。

『撞舞』の舞台。

舞台前では太鼓が披露されています。

舞台前では太鼓が披露されています。

撞舞はなるべく希望する(角度)場所で観たいので、しかるべく場所をキープします。龍ケ崎の撞舞は過去に、右手正面、真下から撮影しているので、今回は正面左手辺りの場所を確保します。

竜ヶ崎市のゆるキャラ「まいりゅう」くん。

竜ヶ崎市のゆるキャラ「まいりゅう」くん。

「御祭禮」の提灯。

「御祭禮」の提灯。

ゆるキャラの「まいりゅう」くん。龍ケ崎市のマスコットキャラクターです。今日はやたら動きが良く、小刻みに子ども達に駆け寄り、楽しませています。

各お宅には「獅子頭」が掲げられています。

各お宅には「獅子頭」が掲げられています。

龍ケ崎八坂神社の御仮屋。根町の提灯。

龍ケ崎八坂神社の御仮屋。根町の提灯。

龍ケ崎の獅子頭。根町の撞舞の通り沿いに建つお宅の中には、獅子頭を展示(奉納?)されているところが何軒があります。

八坂神社の御仮屋(屋台)には、根町の提灯が取り付けられています。

柱からは斜めに綱が張られています。

柱からは斜めに綱が張られています。

マンホールの杭で綱を固定。

マンホールの杭で綱を固定。

撞舞の柱からは、斜めに綱(ロープ)が張られています。この綱は、撞舞の舞台のひとつでもあります。
道路のマンホールの蓋を取ると、そこには杭を固体するための穴があり、杭を差し込み、先ほどの綱を固定しています。

いよいよ撞舞が始まります。

 

国選択・県指定無形民俗文化財『撞舞』

【動画】撞舞(Fill ver.)/令和元年 龍ケ崎祇園祭 撞舞

唐草模様で深緑色の筒袖の服と、たっつけ袴を着け、雨蛙の面をかぶった舞男二人。3人のお囃子の楽人が御仮屋でお祓いを受けます。楽人や舞男は御神酒を頂戴したあと、御仮屋から柱のある台に上がります。役員が口に酒を含み、舞男の足に酒を吹きかけます。

舞台の四柱に塩を盛ります。

舞台の四柱に塩を盛ります。

お囃子の楽人(3人)が登場。

お囃子の楽人(3人)が登場。

舞男二人が登場。

舞男二人が登場。

台上に各役員も上がります。

台上に各役員も上がります。

役員が舞男たちの足に酒を吹きかけます。

役員が舞男たちの足に酒を吹きかけます。

お囃子が始まり、舞男が柱を上ります。

お囃子が始まり、舞男が柱を上ります。

台上には氏子総代、市町はじめ来賓、当番長役員、根町役員が上がって見守る中、舞男二人は柱をのぼり始めます。柱頂上には白いさらしで覆われた大福状の舞台があります。その舞台の上に立ち、四方に弓矢を放ちます。

柱途中、上半身だけで体を浮かせます。

柱途中、上半身だけで体を浮かせます。

柱頂上の“舞台”に上がります。

柱頂上の“舞台”に上がります。

舞男は2方ずつ弓矢を放ちます。

舞男は2方ずつ弓矢を放ちます。

東西南北に矢を放ちます。

東西南北に矢を放ちます。

舞台上で寝転び、扇子を開きます。

舞台上で寝転び、扇子を開きます。

舞台で交互に倒立をします。

舞台で交互に倒立をします。

 

斜めに張られた綱を体と股ではさんで途中まで滑り降ります。綱の上では鉄棒のように2,3回、逆上がりを行います。そして、綱を足で挟んで体を逆さまにし、扇子を取り出し仰ぎます。再び、綱を上っていきます。

舞台から張られた綱を、斜めに滑り降りてきます<br>印の所まで滑り降りてきて停まり、前回り、後ろ回りを披露します。

舞台から張られた綱を、斜めに滑り降りてきます
印の所まで滑り降りてきて停まり、逆上がりを数回披露します。

前回り、後ろ周りを披露。

数回逆上がりを披露。

ぶら下がって扇子で扇ぎます。

ぶら下がって扇子で扇ぎます。

舞台まで綱を上っていきます。

舞台まで綱を上っていきます。

舞男が上りやすいよう、綱を張ります。

舞男が上りやすいよう、綱を張ります。

去年(平成30年)は、舞男が斜めの綱のところで意図せず、扇子を落としてしまったけど、今年は上手でした。

二人目の舞男も綱を滑り降りてきます<br>去年(2018)は意図せず、扇子を落としてしまい、うちわで扇ぐことができませんでした。今年は完璧です!

二人目の舞男も綱を滑り降りてきます
去年(2018)は意図せず、扇子を落としてしまい、扇子で扇ぐことができませんでした。今年は完璧です!

前回り、後ろ回り。

前回り、後ろ回り。

逆さまになって扇子で扇ぐ。

逆さまになって扇子で扇ぐ。

再び綱をのぼり、舞台に戻っていきます。

再び綱をのぼり、舞台に戻っていきます。

綱をピンッと張って、上りやすくします。

とび職会の方達が綱をピンッと張って、上りやすくします。

斜めに張った綱は、舞男が滑り降りてくるときは緩めに、舞男が上るときは強めに張るよう調整しています。

柱をゆっくり下りてきます。

柱をゆっくり下りてきます。

くるくる柱を巻くように下りてきます。

くるくる柱を巻くように下りてきます。

舞台下で舞男達にお会いできます。

舞台下で舞男達にお会いできます。お疲れ様でした!

ベテランさんの方が、衣装がへたっています。

ベテランさん(手前)の方が、衣装がへたっています。

この神事のあと、根町の大通りを神馬と若者達が3回ほど全速力で往復します。昔はこの神馬の往復が、各町内で持ち回りの「当番制」だったそうです。

御仮屋で神馬がお祓いを受ける。

御仮屋で神馬がお祓いを受ける。

神馬とともに、根町通りを若人達が走り抜けます。

神馬とともに、根町通りを若人達が走り抜けます。

三往復ほど走り抜けます。

三往復ほど走り抜けます。

 

龍ケ崎駅前通りでは神輿の渡御

龍ケ崎駅前通はたいへん賑やか。各町の神輿も出ています。

竜ヶ崎駅駅前通りは、お祭りで賑やか。

竜ヶ崎駅駅前通りは、お祭りで賑やか。

焼き鳥5本500円をいただきます。

出店(個人店)の焼き鳥5本500円をいただきます。

龍ケ崎の神輿は、数え唄?みたいなものを歌いながら担いでいます。
茨城県内ではあまり、観たことがない「形態」です。

まだまだ熱気に包まれる龍ケ崎のお祭り会場を後にします。

関東鉄道 竜ヶ崎駅に戻ります。

関東鉄道 竜ヶ崎駅に戻ります。

車両が竜ヶ崎駅に入線。

車両が竜ヶ崎駅に入線。

竜ヶ崎線の電車に乗り、佐貫駅へ。

常磐線佐貫駅は来春(令和02年/2020)、『龍ケ崎市駅』に駅名を改称予定です。

佐貫駅で常磐線に乗り換えです<br>常磐線佐貫駅は、2020年に駅名を「龍ケ崎市駅」に改称予定です。

佐貫駅で常磐線に乗り換えです
常磐線佐貫駅は、2020年に駅名を「龍ケ崎市駅」に改称予定です。

..

《 この項おしまい 》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です