つくば100本のクリスマスツリー前夜祭 2001

つくば100本のクリスマスツリー2001_前夜祭

茨城県牛久市(県南)/ つくば市(県南)
2001年12月08日(土)取材

昨晩もまた、テレビとパソコンとストーブを点けっぱなしにして寝てしまいました・・・。いけませんなー。
しかし起床は10時半と、休みにしては早起きができました。

時間もあるし、久方ぶりにいばらきに行きますかー。
最寄り駅で「ホリデーパス」を購入し、電車に乗り込みました。柏駅で乗り換え待ちの間にベッカーズホットコーヒーを購入。電車の中で飲もうと思っていました。ところが、電車は適度に混んでいまして、ボックス席が空いていません。立ったままコーヒーを飲むのも気が引けますので、結局 常磐線 ひたち野うしく駅(茨城県牛久市)までがまんして手をつけずにいました。

 

開発が始まっている ひたち野うしく駅 西口

ひたち野うしく駅にてコーヒーを飲みつつ、駅の西口に出ました。
西口の開発は遅れているものの、始まっています。ついにひたち野うしくも東西ともに開発がはじまりました。

【開発の始まる常磐線 ひたち野うしく駅・西口】<br>ひたち野うしく駅 西口の開発が着手されていました。

【開発の始まる常磐線 ひたち野うしく駅・西口】
ひたち野うしく駅 西口の開発が着手されていました。

【道路工事中】 <br>牛久北部地区西口駅前広場整備工事。平成13年03月31日~平成14年01月19日。株式会社折本工業。

【道路工事中】
牛久北部地区西口駅前広場整備工事。平成13年03月31日~平成14年01月19日。株式会社折本工業。

 

ひたち野うしく駅 近くの科学万博の遺構

【科学万博-つくば'85のテントの遺構】<br>常磐線 ひたち野うしく駅から歩いて5分程度の場所にあります。

【科学万博-つくば’85のテントの遺構】
常磐線 ひたち野うしく駅から歩いて5分程度の場所にあります。

ひたち野うしく駅 西口から歩いて5分程度の場所に、科学万博-つくば’85遺構があります。この夏(9月)訪れたときは草が生い茂り、中まで確認できませんでしたが、今回は草が刈り取られ、例のテントのフレームは立派に?存在し、確認できました

当面、これら遺構は無くなる心配は無いでしょうが、一日も早く、保存されることを願うばかりです。牛久市でもつくば市でも構いませんから、この遺構を保存してください!。とても重要な遺構ですよ!!。

 

バス停 牛久栄進高校前から乗車

【バス停 稲荷中央】<br>学校が休みなのに、高校前からバスに乗るなんて怪しまれないでしょうか?

【バス停 稲荷中央】
学校が休みなのでさらに歩いて稲荷中央。脈絡無く、このバス亭からバスに乗るなんて怪しまれないでしょうか?

科学万博の遺構も確認できたし、ここから最寄りのバス停に行くことにしました。
再び、ひたち野うしく駅まで戻るのは何だかかったるいので、次のバス停である「牛久栄進高校前」まで歩いていくことにしました。ところが、土曜日の運行ということもあり、バスの時間が合いません。待つのも時間がもったいないし、ここはさらに歩くことにしました。

結局20分くらい歩いてしまい、バスの到着と折り合いがついたのが写真にもあるバス停「稲荷中央」です。
こんな何も無いところから乗って、バス運転手さんに変な目で見られないか心配になります(笑)。

バスは数分後にやってきて、無事に乗車。つくばセンターに向かいます。

 

筑波学園郵便局のポストカプセルのモニュメント

つくばセンター(茨城県つくば市)に着くと早速、筑波学園郵便局に向かうことにします。
と言うのも、先日『いばらき■だいすき つくば科学万博』掲示板にて『「記念碑」が新しく設置された』との報告があり、それを確認するために向かうのでした。

【ポストカプセルのモニュメント】<br>つくば学園郵便局の前にある、ポストカプセル2001のモニュメント。

【ポストカプセルのモニュメント】
つくば学園郵便局の前にある、ポストカプセル2001のモニュメント。

筑波学園郵便局の位置はあらかじめ調査してあったこともあり、すんなりとたどり着きました。私自身、このポストカプセルモニュメントそのものを見るもの初めてでして、ちょっと感慨深いものがあります。写真も撮りましたし、「攻略」させていただきました。

 

つくば100本のクリスマスツリー 会場

つくばセンターの中央広場にて、「つくば100本のクリスマスツリー」前夜祭イベントが行なわれるそうです。
時間は夜の6時から。

【会場案内のポスター】<br> お手製の「つくば100本のクリスマスツリー」を案内するポスター。

【会場案内のポスター】
 お手製の「つくば100本のクリスマスツリー」を案内するポスター。

【つくば100本のクリスマスツリー 前夜祭】<br>今日18日は前夜祭とのこと。明日からが本番だそうです。

【つくば100本のクリスマスツリー 前夜祭】
今日18日は前夜祭とのこと。明日からが本番だそうです。

【つくばセンター 中央広場】<br> つくば100本のクリスマスツリーの会場となる、つくばセンター広場には、 お手製のクリスマスツリーが飾られています。

【つくばセンター 中央広場】
 つくば100本のクリスマスツリーの会場となる、つくばセンター広場には、お手製のクリスマスツリーが飾られています。

【会場本部】<br>前夜祭開始にはまだ時間が早いようで、人もまばらです。

【会場本部】
前夜祭開始にはまだ時間が早いようで、人もまばらです。

【イルミネーションテスト中】<br>ツリーの点火をテストしております。順調に点滅しています。

【イルミネーションテスト中】
ツリーの点火をテストしております。順調に点滅しています。

 

つくば名物 香辛飯屋 でカレーを食べる

【香辛飯屋 つくば店 店内】<br>時間も早く、まだお客さんがおられません。

【香辛飯屋 つくば店 店内】
時間も早く、まだお客さんがおられません。

時間がまだありますし、近くのカレー屋さん「香辛飯屋」(こうしんはんや)に食事に行くことにしました。

今夏に一度来たきりで、今回が2回目。味は私のお気に入りのお店です。
「竜田揚げカレー」の500gを注文。なんでも500gは2人前の量だそうです。それでも今日はかなり歩いたのでお腹が空いています。店員さんの心配そうな目をよそに、ぺろりと平らげました(笑)。

食事をし終わり、食休みすると時刻は18時10分前。
そろそろ「前夜祭」が始まる時刻です。店を後にし、再びつくばセンターに向かいました。

 

つくば100本のクリスマスツリー 前夜祭

【サンタがお出迎え】<br>つくばクレオ入り口に、サンタクロースがお出迎えです。

【サンタがお出迎え】
つくばクレオ入り口に、サンタクロースがお出迎えです。

【ステージ準備中】<br>まもなく始まるはずですが、まだ調整している様子。

【ステージ準備中】
まもなく始まるはずですが、まだ調整している様子。

【100本のクリスマスツリー】<br>つくばはこういうイベントを定期的に行なっていけば心配ありません。

【100本のクリスマスツリー】
つくばはこういうイベントを定期的に行なっていけば心配ありません。

夜の6時を回ったところ。開会式がとり行なわれ、点火式となりました。
中庭に置かれたクリスマスツリーに灯が入ります。鮮やかな光のパラダイスに見学者からため息が出ます。

つくば市長の挨拶とか、製作者へのインタビュー聖歌の合唱がとり行なわれます。

良い街だ、つくば

飽きさせない街づくり。内容も大事だけど、何かを市民とともに行なうことも大事。

【つくば市長の挨拶】<br>これからも民と、官が一緒になって街づくりを行なって欲しいです。

【つくば市長の挨拶】
これからも民と、官が一緒になって街づくりを行なって欲しいです。

【ツリー製作者へのインタビュー】<br>おふざけなインタビューがちょっと寒かったりします。

【ツリー製作者へのインタビュー】
おふざけなインタビューがちょっと寒かったりします。

【聖歌の合唱】<br>聖歌がクリスマスのムードを高めてくれます。

【聖歌の合唱】
聖歌がクリスマスのムードを高めてくれます。

【ポストカプセル2001】ツリーの飾りの中に、ポストカプセル2001を見つけました。

ポストカプセル2001】ツリーの飾りの中に、ポストカプセル2001を見つけました。

しばらくつくばセンターで時間をつぶし、バス土浦駅に行きました。
土浦駅前でもクリスマスのライトアップがされていました。一応はクリスマスの雰囲気を演出しています。後、もう一歩といった感もありますが、少しずつです。少しずつ。

20時を回ったところで電車に乗り、帰宅しました。事故でちょっと電車が遅れていました。

 


Re:ぶらり茨城(2018年10月01日記載)

【夜の撮影が難しい時代だった】

つくば市街地の年末恒例イベントだった「つくば100本のクリスマスツリー」は、数年前に役割を終えた?としてイベントは終了してしまいました。
また、取材中訪問しているカレー屋さん「香辛飯屋」も現在では無くなってしまいました。

クリスマスツリーの撮影なので、夜の撮影がメインとなります。
この当時、カメラの性能があまり良くなく、手持ちで撮影するとぶれぶれになってしまう時代でした。今はスマホでも手持ちでパシャパシャきれいに撮影できますが、この時代は薄暗い中できれいな写真を撮ろうとすると三脚が必要でした。。

このページについて

このページは、2001年12月08日に取材した内容に基づき、2002年08月15日に書かれています。本文は当時の原稿を加筆修正している関係で、初出典時と写真や表現が異なる場合がございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です